虫歯を予防するためにーキシリトールー

この記事の所要時間: 343

キシリトール虫歯予防になると言われていることは有名な話です。ガムは甘味料が多く使

われているため、虫歯の原因になると子を持つ親は敬遠されていましたが、キシリトールを含

むガムが手に入るようになってから虫歯予防に使われています。

 キシリトールとは?

キシリトールは白樺や樫の木に含まれるキシラン、ヘミセルロースという多糖類から作られる

「天然の」甘味料です。イチゴやカリフラワーなどの果物や野菜にも含まれる自然由来の甘味

料なので、人体に与える安全性の信頼は非常に高いものとされています。

5a658df8fcc70867595c96ea49386813_s

WHO(世界保健機関)を含む世界の諸機関もキシリトールを安全な食品添加物と認定してお

り、その流れを受けて輸液に含まれる炭水化物くらいとして使っていなかった日本も1997年に

厚生労働省が食品添加物として使用することを認めました。そして一昔前にCMで宣伝される

ようになってから、それまで全く無名だったキシリトールは爆発的に売れ始め、今では全国の

スーパーやコンビニで置かれるようになりました。

キシリトールの原産地であるフィンランドでは、虫歯になりやすい食後と就寝前にキシリトー

ルをとる習慣が一般的であり、虫歯になる人の数も少ないと報告されています。

 

キシリトールはなぜ虫歯の予防になるのか?

 

実は虫歯の原因とならない甘味料はキシリトール以外にも多く存在します。しかしそれらの甘

味料は歯垢(プラーク)や酸を生成せずにマイナスの効果を発しないだけであって、キシリト

ールは積極的に虫歯の発生を予防する効果があるのです。

8aa649f41de6b2a24d20516b669c81dc_s

キシリトールを口の中に入れると、虫歯の原因となる菌であるミュータンス菌の数が減少しま

す。ミュータンス菌は糖類を餌にして増殖していきますが、キシリトールはこの代謝を阻害す

る働きがあるのです。また特に虫歯になりやすいミュータンス菌を滅ぼす機能も有しており、

まさに虫歯菌にとって天敵と言えるわけです。

また歯の再石灰化を助ける働きがあります。人の口内では、唾液を分泌することで歯を蝕む酸

を中和させて歯の自己修復を促す働きがあり、これを再石灰化と言います。キシリトールはミ

ュータンス菌を駆逐させてかつガムとして噛むことで唾液の更なる分泌を助けますので、歯を

健康に保つことができるわけです。

 キシリトールの効率的な摂り方

現在ではキシリトールは全国で売られており、簡単に手に入れることができます。ですが、摂

ればとるほどいいわけでもありません。虫歯を予防するためには一日5gのキシリトールを摂

取するのが適切とされており、市販のガムですと一日におおよそ14粒食べることになります。

なるべくならキシリトールの含有率が高いものを選んだ方が、効率的かつ余分な成分が入って

いませんので効果があるでしょう。含有率はキシリトールの量÷炭水化物の量×100で計算出

来ます。歯科で売れているガムですと、100%キシリトールで構成されていますので4粒食べれ

ばいい計算になります。また市販品に比べて2倍程度の硬さになっており、咀嚼する力を高めて

虫歯を予防する効果もあります。

またキシリトールを選ぶ際には、糖類が含まれていないものを選ぶことが望ましいです。それ

は他の甘味料が含まれているとミュータンス菌の繁殖を助長してしまうからです。どうしても

糖類が含まれていないものがない場合は、ソルビトール・マルチトールのようなキシリトール

と同じ糖アルコール類が含まれているものを選ぶことをお勧めします。

 

キシリトールをとる際の注意

 虫歯の予防となるキシリトールですが、一日に10g以上摂取すると、おなかを下しやすくなる

ことがあります。それはキシリトールには吸湿性があり、腸までに吸収された水分がそこで分

解されるため起こります。

また毎日のブラッシングと併せてキシリトールを摂ることで相乗効果も見られます。唾液を分

泌する効果もありますのでブラッシングをすることでミュータンス菌を洗い流すこともできる

からです。

毎日のセルフケアを心掛け、キシリトールと併せて使うことで虫歯のない生活を送りましょ

う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)