株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

美容に良いビタミンEの欠乏症について

カテゴリー:

ビタミンといえばビタミンAやビタミンCなど実に多くの種類のものがありますが、美容を意識している方はビタミンEも気にされているのではないでしょうか。「若返りのビタミン」として有名なビタミンE、今回はその欠乏症によってどんな病気が引き起こされるのか紹介していきます。

ビタミンEとは

油に溶けやすい性質のビタミンの一種であるビタミンEは、トコフェロールという物質と同一視されています。このトコフェロールには様々な種類があり、最も作用が強くポピュラーなものがαトコフェロールです。トコフェロールによる働きにはどんなものがあるのかというと、一番有名なのは抗酸化作用です。

これは体の中のサビを掃除するような作用で、アンチエイジング効果があることでもとてもよく知られています。この掃除機能によって、細胞膜がさびてしまうことによって引き起こされる老化はもちろん、酸化によって血管が詰まって固まってしまう動脈硬化や生活習慣病まで予防する効果があると期待されています。

ビタミンEが欠乏すると、どういった事態が起きるのか

ビタミンCなど水溶性の栄養素は、身体に長く留まらないため比較的欠乏しやすいですが、脂溶性であるビタミンEはさほど不足しません。しかし、ダイエットなどで食事制限をされている場合は欠乏しやすい傾向にあります。特にるビタミンEは、主にコーンや大豆、サンフラワー油、小麦胚芽など高カロリー食品に多く含まれています。このようにビタミンEの多くは油に含まれているのがほとんどなので、ダイエットなどが原因で欠乏症になる人も少なくはありません。こうなると、身体が痩せづらい不健康な状態になってしまい、仮に体重が落ちたとしてもリバウンドしやすくなったりしますのでおすすめできません。

また頻繁にみられるものではありませんが、ビタミンEも腸で吸収されるため、腸をはじめとした消化器官が健康な状態でなければ、当然吸収される量も減少し、ビタミンEが以上に少なくなってしまうこともあり得ます。

このようにビタミンEが不足すると、過酸化脂質が赤血球膜に増えるために溶血性の貧血が現れます。また神経系にも影響を与え、筋力の低下や腱反射の消失なども見られます。

ビタミンEを含む低コレステロールの食べ物は?

いくらビタミンEが体に必要不可欠な栄養素だからといっても、油分の多い食べ物を摂取し続けるのは健康によくありません。

そんな方におススメするビタミンE豊富な食材には、モロヘイヤ、かぼちゃ、大根などがあります。他には抹茶(粉)、とうがらしなどがあり、これらはコレステロールの値が低い食材です。

またコレステロール値の改善が期待できる食材には、サンマやブリ、鰯などがあります。

コーン・大豆・サンフラワー油などの一般的な植物油に関しては、「亜麻仁油」や「えごま油」に置き換えることがおすすめです。この二つは特にビタミンEが豊富で、しかもコレステロールや中性脂肪を抑制してくれるα-リノレン酸を豊富に含んでいます。

ただし、ビタミンEは熱に弱いため、ドレッシングやグリーンスムージーのトッピングとして毎日の生活に取り入れるのがおすすめです。

上手な摂取の仕方

ビタミンの中でも抗酸化作用を持つビタミンA、C、Eは美容にいい成分だと言われています。

これら三つは抗酸化作用を持つ代表的な栄養成分で、細胞膜にはビタミンAとビタミンEが存在し、体液中にビタミンCが存在していて、各々の場所で活性酸素による攻撃から体を守っています。

これらの栄養素をバランス良く摂取することが健康にいいとされています。食事から摂るのが難しいのであれば、サプリメントなどの健康補助食品を合わせて使うのもいいでしょう。

参考記事:『ビタミンEの摂取量が過剰だったら?』


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。