ビタミンB6が肌に与える効果

この記事の所要時間: 314

まぐろ

ビタミンB群には様々なものがありますが、なかなかその一つ一つについて耳にすることは多くありません。そこで、今回はに良い効果をもたらすビタミンB6についてお話いたします。

ビタミンB6とは

ビタミンB6とはピリドキシンとも呼ばれる重要な栄養素であり、健康な肌を維持する効果があります。タンパク質やアミノ酸の代謝をサポートして、皮膚をきれいに保つ役割を果たしています。

ビタミンB6が不足すると皮膚炎や神経炎などの症状が現れますので、こういった症状が見られたときはビタミンB6を摂取しましょう。逆にサプリメントから過剰に摂りすぎると、手足のしびれや神経障害が見られることがあります。その際にはサプリメントの使用を一度中止して、医師に相談しましょう。

 

ビタミンB6を摂取するには

ビタミンB6は体内で生成することができるビタミンですが、それだけだと必要な量に足りませんので食品からとらなければなりません。まぐろやかつおなどの魚類や、レバーをはじめとした肉類に多く含まれています。なので、魚や肉を普段の食事から取り入れておけば、十分必要な量を摂取することができます。 

食品以外からでもビタミンB6が摂取できる!?

通常あらゆる栄養素は食品やサプリメントから摂取されます。まれに体内で生成できる栄養素もありますが、ほとんどは必要な量を補え切れないので食事から摂取する必要が出てきます。

しかし、ビタミンB6には吸収を助けるトリスヘキシルデカン酸ピリドキシンといった誘導体が存在しており、経口摂取以外から身体に栄養を与えることができます。実際には、この成分を使った化粧品が存在しており、肌に塗布することで保湿力を高めるといった効果が見られます。このように優れた製品は、食べる以外にも皮膚などから栄養素を吸収できるように配慮されています。

マヌカハニーなどの健康食品も皮膚に塗るだけで免疫力の向上や健康な肌の維持、あるいはやけどや切り傷に塗ってきれいに傷を治すことのできる先鋭的な商品となっています。

 ストロングマヌカハニー

ビタミンb6の健康効果

 

健康な身体を作る

ビタミンB6は皮膚や粘膜などの健康を維持する作用がもっとも有名ですが、これはタンパク質やアミノ酸の代謝を促進、正常化する働きによるものです。そのため、全身に栄養素がきちんとめぐるようにする作用もあり、ビタミンB6を摂ることで健康な身体を作ることができます。またビタミンB6が豊富な食品は魚類や肉類など動物性タンパク質や栄養を多く含んでいますので、食品からビタミンB6を摂るようにすれば自ずと健康な身体が作られるようになります。

 

神経系組織を正常に保つ

ビタミンB6は神経の維持にも必要な栄養素であり、これが欠乏すると神経伝達物質の不足など神経系に影響を与えます。この状態が長期間続くと認知症やアルツハイマーの原因になると言われていますので、日頃からビタミンB6を摂るように心がけましょう。

 

つわり月経前症候群 (PMS)の症状を緩和する

妊娠や月経前になると、ホルモンバランスの崩れによって様々な変調が現れます。妊娠において特に顕著なものがつわりであり、その原因はアミノ酸の一種であるトリプトファンの代謝がうまくいかず、キサンツレン酸が増加して吐き気を引き起こすとされています。月経前においてもエストロゲンという物質の代謝がうまくいかず、不快症状の原因となります。

そこで役立つのがビタミンB6のもつ代謝正常化の作用です。ホルモンバランスが崩れているときにビタミンB6を摂ると、アミノ酸の代謝を正常にして症状を和らげることができます。特に妊娠の時期においては、胎児の神経系組織の発達にも必要ですので必ずとっておきましょう。

関連記事:『ビタミンB6の効果と効能』

効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加