株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ビタミンDとビタミンEの摂取によるアトピー性皮膚炎への効果

カテゴリー:

ビタミン

アトピー性皮膚炎の患者は皮膚のバリア機能が弱く、慢性的に皮膚に炎症とかゆみを伴う皮膚疾患です。患者数はここ数十年で3倍に増えています。皮膚の乾燥を抑える為の保湿剤の継続使用と炎症やかゆみを抑える外用ステロイド薬での治療が一般的ですが、ステロイド薬は炎症を一時的に抑えるだけで、皮膚が赤くなり、薄くなる副作用も見られます。イランでは、アレルギー反応の抑制に関係するビタミンDビタミンEの特性に注目し、効果を調査する研究が行われました。

ビタミンDとビタミンEの効能

 

“カテリシジン”は、アトピーを悪化させる感染症の抑制に関係する物質ですが、アトピー性皮膚炎の患者はこの物質が不足しています。ビタミンDはこの”カテリシジン”の生成を促進し、免疫機能を改善すると言われています。また、アトピー患者はグロブリン(IgE)という抗体が多く、アレルギー反応が強く出ます。ビタミンDの外用は、この免疫グロブリン(IgE)を抑制する効果があります。

ビタミンEは、スキンケア産業が注目している人間の皮膚に必要な栄養素です。ビタミンEは人間の皮膚を保護する有力な抗酸化物質です。これまでの研究で、ビタミンEもまた、ビタミンDと同様に、免疫グロブリン(IgE)の濃度を下げることが分かっています。

 

ビタミンDとビタミンEのアトピー性皮膚炎への効果

 

イランのテヘラン大学で、ビタミンDとビタミンEの摂取がアトピー性皮膚炎への効果があるのかを調べる実験が行われました。実験には13~45歳までの45人のアトピー性皮膚炎の患者が参加し、偽薬のグループ、ビタミンDのグループ、ビタミンEのグループ、ビタミンD/Eどちらも摂取するグループに分かれて、60日間行われました。実験後に、アトピー性皮膚炎の重症度を分類するSCORADを使用し、症状を評価しました。

 

SCORADによるアトピー性皮膚炎の症状を評価の比較

偽薬 ビタミンD ビタミンE DE両方
実験前 31.7 36.0 33.3 35.6
実験後 22.3 23.3 20.4 12.5

 

ステロイド外用薬使用頻度の比較(回/日)

偽薬 ビタミンD ビタミンE DE両方
実験前 1.10 0.66 0.66 0.80
実験後 0.54 0.23 0.20 0.12

 

アトピー性皮膚炎の症状を評価するSCORADの結果は、実験前と比べて偽薬、ビタミンD、E、ED両方のグループそれぞれの症状のひどさが、28.9%、34.8%、35.7%、64.3%減ったことが分かりました。この結果から、ビタミンD、Eのどちらかを摂取するよりも両方摂取することでより効果的に症状が改善されることが分かりました。また、アトピー性皮膚炎の症状が改善されたことによりステロイド外用薬の使用頻度に関しても、偽薬、ビタミンD、E、ED両方のグループそれぞれ37.5%、66.8%、70.2% 、88.7%減らすことができました。

 

アトピー

 

浮腫、乾燥、苔癬化(たいせんか)などそれぞれの症状についても評価され、ビタミンDとEを摂取したグループの患者が実験前に比べてそれぞれの症状が改善されたことが分かりました。特に、痒みの症状が著しく減り、偽薬、ビタミンD、E、ED両方のグループそれぞれ42.9%、12.3%、45.2%、63.7%の減少率でした。苔癬化(たいせんか)の症状の減少率は、偽薬、ビタミンD、E、ED両方のグループそれぞれ18.2%、23.1%、62.5%、54.5%でした。この結果から、ビタミンEのグループと、ビタミンDとE両方摂取したグループで痒みや苔癬化(たいせんか)の症状が著しく改善されたことが分かりました。

 

苔癬化(たいせんか)の症状の比較

偽薬 ビタミンD ビタミンE DE両方
実験前 1.1 1.3 0.8 1.1
実験後 0.9 1.0 0.3 0.5

 

痒みの症状の比較

偽薬 ビタミンD ビタミンE DE両方
実験前 7.0 5.7 6.2 5.5
実験後 4.0 5.0 3.4 2.0

 

まとめ

 

ビタミンDとEは、それぞれを別に摂取するより、同時に摂取することで相乗作用が起こり、アトピー性皮膚炎の症状がかなり改善することが分かりました。従来の外用ステロイド治療薬は一時的に炎症を抑えるもので、副作用もあり、根本的な治療法ではありません。臨床研究の中で、ビタミンD、Eを摂取することで、ステロイド薬の使用頻度がかなり減ったことが分かりました。栄養療法は、患者の身体に優しく効果的な治療法です。今後も更なる研究が進むことが期待されています。


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

MENU