ウコンの効果がもっとも出る時間

この記事の所要時間: 38

ウコン

飲み会の席に手放せないウコン。ただ飲むだけでなく、飲む時間によって効果が変わってくることをご存知でしたか?年末が近づいている今、ウコンを上手に使ってお酒に飲まれないようにしましょう。

ウコンはどうしてお酒を飲むときに使われるのか?

年末になると、忘年会といったお酒の席があってウコンを使うことも多いと思います。しかし、どうしてウコンがよくお酒を飲むときに使われているのでしょうか。それはウコンに含まれるクルクミンという特有成分が肝機能を高める役割を果たしているからです。肝臓はアルコールを分解することによって生じるアセトアルデヒドの代謝を促進する胆汁の分泌を促す作用があります。二日酔いなどはアセトアルデヒドが体内に残留していることによって引き起こされるものであり、アルコールが身体に残らないようにするためにウコンが使われているのです。

 またクルクミンには消化を助ける作用もあります。お酒の席ではついつい食べすぎてしまいがちなので、胃もたれの防止にもウコンは有用です。

 

ではウコンを飲む時間はいつがいい?

 

一般的にウコンはお酒を飲む前に使っておくのがベストだと言われています。それは、お酒を飲む一時間ほど前にウコンを飲んでおくと、ちょうどアルコールが身体にまわってきたときに有効成分がその効果を発揮しやすくなるからです。こうして悪酔いを防ぐことができるとされています。

しかし、これはウコンの製品のタイプによって微妙に異なってきます。病院に行って薬をもらったとき、錠剤や粉末などかたちによって使い方や飲むタイミングが違ってくるのは、それぞれの消化のされ方によって発揮する効果が異なるからです。もっとも、ウコンを使った製品は健康補助食品ですので、そこまで厳格に意識する必要はありません。あくまで参考程度にしてください。

例えば、ドリンクタイプのものであれば飲む時間の1時間前程度に使うのがベストだとされています。個人差はありますが、その時間に飲むと有効成分がちょうど浸透しているはずです。粉末タイプのものも漢方などでありますが、これも吸収しやすいのでドリンクタイプとほぼ同じ時間で大丈夫です。タブレットや錠剤タイプのものは吸収に時間がかかりますので、23時間ほど前に使うといいでしょう。

 サプリメント

お酒を飲んだ後では効果がない?

 ではお酒を飲んだ後にウコンを飲んでも意味はないのでしょうか?いえ、そんなことはありません。飲んだ後でもアルコールは体内に残っていますので、ウコンをとれば効果は現れます。酔った気分を楽しむためにあえて後の時間で使う方もいらっしゃいますが、なるべく早くアルコールを抜きたい方は早めにウコンを摂った方がいいでしょう。

使いすぎにはご注意を

ウコンは生薬にも使われているので基本的に摂取量の定めはありませんが、摂りすぎてしまうとお腹を下しやすくなってしまいます。またウコンには肝機能を強める作用がありますが、その反面肝臓自体にかかる負担が大きくなりますので、肝機能に心配のある方は使わないようにしてください。

ウコンがあるからといって飲みすぎるのもよくありません。あくまで健康補助食品であり、肝臓へのダメージがゼロになるわけではありませんので、適度に飲んでつい飲みすぎてしまうようなときにだけ使うようにしましょう。

お酒に飲まれないように

ついついお酒の場だと、飲みすぎたり食べすぎたりしてしまいますが、節制に気を付けましょう。アルコールの飲みすぎはもちろんですが、食べすぎも消化器官に負担を与えてしまいます。適度に飲んで適度に食べるのが一番楽しむことができる方法だと思います。

関連記事:『ウコンの効能と最適な飲み方』

ウコン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加