冬虫夏草は精神安定にも効果

この記事の所要時間: 37

冬虫夏草

冬虫夏草には、睡眠や精神安定にも効果があるメラトニンなどの成分も含まれていますので冬

虫夏草にご興味を持たれている方の参考になれば良いなと思い調べてみました。

メラトニンとは?

メラトニンには、体内時計と深いかかわりがあり、眠りを誘う、睡眠ホルモンの一種です。メ

ラトニンの血中濃度は時間の経過とともに変化していき、昼には血中濃度は低く、夜になると

メラトニンの血中濃度は高くなります。夜にメラトニンが出ることによって睡眠のリズムが作

られていきます。メラトニンが分泌されると副交感神経系が優位になり、脈拍、体温、血圧な

どが低下し睡眠の準備が出来たと脳が認識することにより、自然と眠りにつくことができま

す。メラトニンが分泌される時間は体内時計と連動しています。日中は、ほとんど分泌されず

に夕方から夜にかけて多く分泌されるようになっています。体内時計のリズムが崩れるのは、

メラトニンの分泌が通常とは違う働きをしているからだといわれています。それが不眠症や睡

眠障害などの症状に影響しているのかもしれません。したがってメラトニンの分泌が通常通り

行われていれば、睡眠は通常通りに取れると思われます。

睡眠

冬虫夏草の精神への効果

冬虫夏草には、上記で説明したメラトニンが含まれています。メラトニンは人体にもともと存

在している成分で脳の松果体という部分から分泌される脳内ホルモンになります。

アメリカでは、メラトニンが時差ぼけや不眠を改善するサプリメントとして親しまれているそ

うです。睡眠は、ストレスと密接な関係にあります。ストレスを感じると、自律神経のバラン

スが崩れ、交感神経が優位になります。その為に眠れなくなったり、疲れやすくなったりする

のです。睡眠のリズムが乱れると脳は充分に休めなくなります。その上に身体的疲労からくる

ストレスなども重なるという悪循環におちいりますよね。そんな時に冬虫夏草を摂取すること

でストレスが緩和されるのは、体内にメラトニンが補給され、不眠が改善されるからだそうで

す。更に、冬虫夏草に含まれる必須アミノ酸の1つにトリプトファンという成分があります。

トリプトファンは、セロトニンという神経伝達物質の一つです。セロトニンは、人間の精神面

に大きな影響与え、心身の安定や心の安らぎなどにも関与することから幸せホルモンとも呼ば

れています。人間の精神状態や心の安らぎなどと深く関わっています。不足するとうつ病など

の精神疾患の原因になるそうです。また、トリプトファンの他にも、セロトニンの材料となる

チロシン、セロトニンの働きを助けるビタミンB1など、冬虫夏草にはセロトニンに関連する成

分が豊富に含まれているようです。さらに、脳神経伝達系であるアドレナリン系やドーパミン

系神経にはたらきかけ、抗うつ作用を示すことも報告されているそうです。冬虫夏草には、精

神面においても効果が期待出来るという事になりますね!

まとめ

こうして、すでに見てきた効果も併せて考えると本当に冬虫夏草って凄いですね!ただ冬虫夏

草の効果は文句なしなのですが……。価格の問題もありまして手が出しにくいというのが本音サプリ

なんですよね。あと、見た目も苦手かも?自然の冬虫夏草で

続けるのは、私には無理そうです。やはり、サプリメントに

頼るしかなさそうです……。

~関連リンク~

冬虫夏草の成分が凄い!

冬虫夏草の男性にうれしい効果

噂の成分βグルカンの効果は本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加