βグルカンを含む食材

この記事の所要時間: 39

βグルカン

体内の免疫機能の向上効果があり、コレステロール値を下げることで血流を良くし、腸内環境の改善で便秘解消にも効果的な、まさに現代人にとってはぜひとも積極的に摂っていきたい「βグルカン」サプリメントで手軽に摂取することもできますが、やはりできれば食材を食べて摂取するのが自然でもありので、食べることで摂取するにあたって、どのような食材にβグルカンが含まれているのかを紹介していきたいと思います。

βグルカンとは

そもそもβグルカンとは、聞きなれていないかもしれませんが、多糖類(単糖が、多数結合したもの)の一種で食物繊維の仲間です。キノコ類やパン酵母の細胞壁に含まれています。1940年代に発見されて以来、様々な研究が勧められており免疫力を高めるほか、ガンに対しても予防改善効果があると言われ注目を浴びています。βグルカンの他にもαグルカンがありまして、こちらは元は同じなのですがブドウ糖分子の結合の形で変わってきて、また働きも違います。でんぷんやトレハロースなどがαグルカンにあたります。また多くのグルカンはαグルカンに分類されます。αグルカンは体内に取り込むと唾液に含まれるアミラーゼという酵素に分解され、ブドウ糖として体に吸収され人間のエネルギー源として使われ、βグルカンとαグルカンは全く違う働きをしております。

・特に多いのがキノコ類

漢方薬である「冬虫夏草」や「霊芝」もキノコの仲間なので実は豊富なβグルカンが含まれており、またそれ以外にもさまざまな薬効成分があるので、おすすめです。
また普段から家庭でもよく使われているような、しいたけ、まいたけ、エリンギ、ひらたけ、しめじ、なめこにもβグルカンが含まれていますので、これらは毎日の食事に1品加えたりするだけで日常的に摂ることができそうですね。

きのこ

・酵母類にも多く含まれている。

キノコ類以外ですと、パンの酵母、大麦、オーツ麦や味噌に使われている麹菌にも含まれています。
特に大麦は、ヘルシーで食物繊維も多く健康食品として注目されているので積極的に摂っていくのも良いのではないでしょうか。

・海藻類にも含まれている。

また、昆布やめかぶなどの海藻のネバネバした物質はフコイダンと呼ばれており、ここにもβグルカンが豊富に含まれています。海藻類も昔からさまざまな体に良い成分が有ることが分かっておりβグルカンのみならず日常的に摂っていきたい食材のひとつですね。

また、冬虫夏草と同じく漢方薬として有名な「霊芝」や、ブームにもなった「アガリスク」にもβグルカンが豊富に含まれています。

このように、意外とさまざまな、そしてわりと日常的な食材にも含まれているβグルカンですが、食物繊維の仲間なので胃や腸で消化されないため、多量に摂取してもそのまま排出されてしまうばかりか、お腹を壊す原因にもなりかねないので一度に大量に摂取するのはおすすめしません。
むしろ、毎日しっかりと続けて摂ることがなによりもβグルカンの効果を受けるために最も大切なことになります。
また、冬虫夏草などの漢方薬や、サプリメントでβグルカンを摂取する際はできれば空腹時の方が吸収されやすくなります。これはβグルカンは腸内に留まって免疫細胞に刺激を与える働きをするので、腸に何も無い空腹時の方が良いという理由からです。

まとめ

βグルカンを積極的に摂っていく生活は明日からでも始められそうですが、途中で飽きてしまわないように食材を変えたり、またサプリメントで摂ることも補助的にしていったりと無理なく継続して摂ることができるように工夫することも大切だと思います。
そして効果的にβグルカンを摂ることで免疫力を向上させ、健康的な生活を送っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加