βグルカンの効果・効能

この記事の所要時間: 232

βグルカン

漢方薬として有名な冬虫夏草霊芝さまざまなキノコ類の中に含まれる薬効成分の中に「βグ

ルカン」という成分があります。まだまだ聞きなれない成分ですが、実は最近の医療や健康食

品の研究ではかなり注目されている成分なのです。そこで今回はβグルカンの効果・効能につ

いてご紹介していきたいと思います。

・βグルカンとは

βグルカンとは食物繊維の仲間であり、細胞膜を構成している多糖体です。

主にキノコ類(冬虫夏草や霊芝)、パン酵母などの酵母類によく含まれ、冬虫夏草にも豊富に

含まれています。

βグルカンは体内に摂取されると胃腸ですぐに分解されることなく腸内で数カ月ほどしばらく

留まり続けます。

そこで腸内の免疫細胞であるマクロファージやナチュラルキラー細胞を刺激して、活性化させ

ることで体の免疫力が向上すると言われています。

・βグルカンの効果・効能とは

βグルカンによる免疫力が向上することで、さまざまなウイルスや細菌に対する抵抗力も向上

し、風邪やインフルエンザにかかりにくくする、といったことや、花粉症などのアレルギー症

状の緩和にも期待でき、また、がん細胞の増殖を抑える働きがあり、がんの発生を抑制する効

果や再発、転移の抑制にも効果が期待され、すでに医薬品への応用も始まっています。

また、βグルカンは水に溶けない性質をもつ不溶性食物繊維なので、体外に排出される際はコ

レステロールや水分や老廃物などと一緒になって排出されます。その結果として血中コレステ

ロール値を下げる働きもあり、コレステロール値が下がることで血栓のできにくい血流にし、

動脈硬化や脳卒中といった血液系の疾患の予防にも良いとされています。

さらには腸内を刺激することにより、便通を良くして便秘の解消にも役立ちます。

そしてβグルカンを摂取する際には、βグルカンは腸内の免疫細胞を刺激して活性化するので腸

内が空になっている空腹時の方がより効果が高くなると言われています。

効果

このようにβグルカンはさまざまな効果・効能があり、また副作用も基本的には無いというこ

とで、がんの抑制効果として医療現場で研究されていたり、免疫力の向上、コレステロールを

下げる働きなどで健康食品の分野でも急速に研究されています。

ただ、まだまだβグルカンは世界中で研究途中であり、分からないことも多いのも事実です。

これからの研究次第では、さらなる効果・効能が発見される可能性もあり、これからさらに注

目していきたい成分であることは間違いありません。

また、サプリメントなどで摂取する際は、中には金額ばかりが高く、βグルカンがほとんど含

まれていないといった悪質なものも確認されているので、しっかりと含有量等を確認して信頼

のできるメーカーを探して購入するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加