冬虫夏草の摂り方

この記事の所要時間: 327

冬虫夏草

古来より高級漢方薬として、そのさまざまな薬効成分が注目されている「冬虫夏草」でも漢方

薬って、どのように摂ったら良いのかあまり知らないことも多いですよね。今回はそんな不老

長寿の薬とも言われている冬虫夏草の摂り方(摂取)を紹介していきたいと思います。

・そのまま食べてはダメ

まず最初に言っておきたいのは、そのまま食べるのはおすすめできないということです。

自然のものだから、生でシンプルにそのまま食べるのが良いような気もしますが、大切な薬効

成分が吸収されにくいばかりか、生の冬虫夏草にはさまざまな菌などが付着している場合があ

り、むしろ体にとって悪影響になりかねません。

では生や乾燥された冬虫夏草の摂り方で最も良いとされているのが「煎じて飲む」という方法

になります。

煎じて飲むことにより冬虫夏草のエキスのみを体に吸収させることができます。

方法としては、冬虫夏草をあらかじめ短く切る、もしくは細かくすりつぶします。またこの時

量は1日分で5グラムほどが良いとされています。

そして水を500mlほどと一緒に鍋で30分ほど煮詰めて、水が半分ほどになるまで煎じます。

またこのとき、鍋はガラス鍋や土鍋、ホウロウ鍋などの鉄やアルミ以外の鍋を使用します。鉄

アルミ製だと鍋の金属成分が溶け出して、冬虫夏草の有効成分に影響を与えてしまう場合が

あるためです。

そうして煎じた汁を1日に何回かに分けて飲むようにします。

また飲むときは温かくしてから飲むほうが飲みやすく、有効成分の吸収も良いようです。

そして煎じた汁はそのまま放置すると腐敗しますので、飲まない分は密閉容器に移し、冷蔵保

存するようにして、できるだけ1日に飲む量を煎じて、それを1日で飲み切ることが大切です。

また、生や乾燥の冬虫夏草は煎じた後はそのまま食べることもできます。

そのまま食べたり、みそ汁や炒め物の具としても良いようです。

・冬虫夏草を最も手軽に摂る方法

古来より一般的な漢方としての冬虫夏草の摂り方は煎じて飲む、でしたが

しかし実際のところ、生を乾燥させた冬虫夏草は中国原産の本来の冬虫夏草は大変貴重で高価

なため、まず手に入ることはなく、日本で人工培養されている冬虫夏草もまだ比較的高価で

す。

そこで最も手軽に冬虫夏草を摂る方法としては、サプリメントとしてが一般的です。

現在では錠剤タイプやカプセルタイプ、ドリンクタイプなどさまざまなものがあります。

これらは簡単に購入でき、手軽に摂ることができます。

しかし中には冬虫夏草がわずかしか入っていないものや薬効成分のない冬虫夏草が使われてい

るものなどもあるようです。

購入する際は、よく確認してから選ぶようにしましょう。

冬虫夏草の一般的な摂り方をご紹介してきましたが、大切なのは冬虫夏草の効果は1日や2日で

現れるものではない、ということです。

いずれの摂り方でも、最低1週間、できれば1カ月ほど摂り続けることで効果が出てくるもので

す。

上手に摂って、上手く冬虫夏草の成分を利用していきたいですね。

摂り方・摂取

注意

冬虫夏草を煎じて飲むにしても、サプリメントして飲むにしても、即効性のあるのでは、毎日

続けて飲んで効果が出るものです。最低でも1ヵ月は続けたいです。高価な物ですが、短期間

でやめてしまったら効果も得られず余計に無駄になってしまうので続けて飲むように心がけて

ください。

まとめ

冬虫夏草を本格的に摂りたい方は、高価な冬虫夏草を漢方薬局等で購入して煎じて飲むのが良

いでしょう。毎日が忙しく時間に追われている方は、サプリメント等で気軽に摂取するのが良

いでしょう、サプリメントなら外出先でも簡単に摂取することが出来ますし。お好みに合わせ

てあなたも冬虫夏草に挑戦してみてはどうでしょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加