株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

世界でも注目される乳がん予防の日本食

カテゴリー:

乳がん

乳がんは、日本でも女性に多い病気の一つです。しかし世界的にみると、日本をはじめとする東アジアの乳がん罹患率は,欧米諸国に比べて極めて低い割合です。日本でも年々上昇傾向はあるものの、欧米諸国ではそれをはるかに上回る割合です。そこでこの乳がんの少ない理由は食生活にあるのではないかと考えられ、日本食へのる関心が高まっています。

乳がんに良い日本の食品

欧米諸国の乳がんが多い理由

乳がんの原因の多くを占めるのは遺伝要因です。そもそも欧米諸国の人は遺伝子的に乳がんになりやすいのではないかと考えられます。二つ目は更年期障害などで頻繁に用いられるホルモン治療の影響です。特にイギリスでは更年期障害の治療法は半数以上の人がホルモン治療で行います。ホルモン治療と乳がんには関連性がないといくつかのエビデンスが出ていますが、それでもまだその疑いはぬぐいきれません。実際に、日本では更年期障害にホルモン治療が使われることはほとんどありません。そして、最近注目されているのが食べ物の影響です。日本人に乳がんが少ないのは、日本食が乳がんに良いからではないかと考えられ始めています。

乳がんによい日本食

日本食のなかで特に乳がんによいと考えられているのは大豆製品です。特に納豆、味噌、豆乳などの大豆食品が良いと言われます。歴史的にも、長い間大豆食品に親しんできた日本人は大豆イソフラボンをたくさん摂取しています。これが乳がんによい効果があると考えられています。国立がんセンター研究所(2003年)の調査によると、毎日少なくとも3杯の味噌汁を食べている女性は、1日1杯の味噌汁を飲んでいる人に比べて乳がんの発症率が低いことがわかっています。同じようにアメリの研究でも9,000人以上の食生活を分析したところ、米国の女性の1日平均大豆イソフラボン摂取量は3 mgでした。上海で行われた同調査によると平均46 mgも摂取していることがわかりました。そして大豆イソフラボンを10mg /日以上摂取している人は3.68mg /日以下の人と比べて乳がんの再発リスクが有意に低いことがわかりました。

大豆

二つ目は、マイタケキノコです。マイタケキノコにはがん細胞の増殖を抑制する働きがあると言われています。がん患者の生活の質を改善する免疫機能の改善やがん細胞を抑制するにも有効とされ、日本の研究では、マイタケとバイオMDファクターを含むマイタケを摂取した乳がん患者は、そのうち69%に改善傾向があったことが示されました。

三つめは緑茶です。緑茶に含まれるカテキンには抗炎症作用と抗酸化作用があると言われています。1996〜2005年に実施された上海の乳がん研究では、閉経後女性の緑茶消費量が乳がん発症リスクに有意な関連がありました。そしてロサンゼルス郡に住む中国人、日本人、フィリピン人の女性でも同じように緑茶摂取量と乳がんリスクに相関がありました。

四つ目はウコンです。ウコンにはダイエットに加えて、緑茶の8倍以上の効果があると言われます。ウコンにはビタミンEの300倍の抗酸化作用があり、強力な抗炎作用があります。これまで多くの研究でウコンに含まれるターメリックが血液で広かるがんの成長を阻止することがわかっています。肝臓の解毒作用もあり、タバコの煙やグリル肉を焼くときに使われる炭からでるベンゾピレンのような発がん物質を取り除くのに有効だといわれています。最近行われた研究でターメリックに含まれるクルクミノイド化合物が乳がんに良い効果があることが確認されました。

五つ目が海藻です。海藻にふくまれるはヨウ素には、抗酸化物質として乳房の健康に重要な役割があります。そしてがん細胞の抑制にも効果があると言われます。マレーシアの動物研究で熱帯食用赤藻(Eucheuma cottonii)とタモキシフェン(抗がん剤)をラットに与えた結果、熱帯食用赤藻が乳がんの発症を27%も抑制したことが示されました。肝臓や腎臓への毒性もほとんどありませんでした。

まとめ

このように日本食は乳がん予防で世界的に注目される素材がたくさん含まれています。毎日の食事で積極的にこれらを取り入れ乳がん予防をしていきましょう。

(文:宮本燈)

参考文献

1.J Natl Cancer Inst, 2003; 95: 906–13

2.Am J Clin Nutr, 2012; 96: 123–32

3.Int J Gen Med, 2009; 2: 91–108

4.Altern Med Rev, 2002; 7: 236–9

5.J Nutr, 2009; 139: 310–6

6.Int J Cancer, 2003; 106: 574–9

7.Curr Pharm Des, 2013; 19: 6218–25

8.J Mammary Gland Biol Neoplasia, 2005; 10: 189–96

9.Nutr Cancer, 2013; 65: 255–62

 

おすすめ成分:ウコン

 


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。