鉄分サプリメントと亜鉛サプリメントの使い方

この記事の所要時間: 335

貧血

女性の方は生理やダイエットで貧血にお悩みの方も多いかと思われます。そんな時に有用なの

鉄分を含んだサプリメントですが、実は貧血は亜鉛の不足によっても引き起こされているの

です。そんな時の鉄分や亜鉛のサプリメントの使い方について纏めてみました。

 

鉄分不足による貧血

貧血は血液中の赤血球が不足して、身体中に酸素を運搬する作用が低くなることによって起こ

ります。皆さんがよくイメージするのは鉄分不足による貧血ですが、これは「鉄欠乏性貧血」

と言われます。ヘモグロビンの原料となる鉄分が不足したことで血中のヘモグロビンが減少

し、めまいや立ちくらみなどの症状が現れます。

そんな時には鉄分が豊富な食事を摂るか、あるいは鉄分を含むサプリメントを飲めば回復しま

す。

関連記事:『鉄分サプリの適切な量

 鉄分

なかなか治らないときは

しかし、鉄分をとってもなかなか貧血が治らないといった経験はありませんか?それはもしか

したら亜鉛の不足が原因の貧血かもしれません。

血液中の赤血球の膜は主にタンパク質から形成されています。この膜が合成されるときに亜鉛

が必要となり、亜鉛の量が足りていないと未熟な赤血球が作られてしまい毛細血管を通る際に

壊れやすくなってしまうのです。

鉄分不足による貧血は鉄分を原料とするヘモグロビンが減少して起こるものですが、亜鉛は赤

血球膜がもろくなることで引き起こされ、同じように全身に酸素を運搬する作用が低くなって

しまうことで起こります。

 亜鉛は体内で合成することのできない重要な成分であり、人体の各器官の機能を健全に保持す

る大切な役割を果たしています。一日に摂取すべき量は成人男性で12mg、女性で9mgに対し

て、食事から摂っている平均量は78mg言われています。

女性はそれほど深刻といえるほど足りていないように思えますが、月経や妊娠、あるいは授乳

期間中は必要な量が23mg程度増えます。さらにダイエットに取り組んでいる方ももう少し摂

った方が望ましいです。

貧血対策には亜鉛も意識した方がいいでしょう。

 

うまくサプリメントを使うには

では鉄分サプリと亜鉛サプリを併用すれば、貧血は回復しやすいのでしょうか?

結論から申し上げると、鉄分サプリと亜鉛サプリを同時に飲むことはお勧めいたしません。

プリメントに含まれている成分には、ある成分と一緒に摂ることで吸収を阻害するものもある

からです。そして鉄分と亜鉛もこれに該当します。

しかし、タイミングをうまく見計らえば大丈夫です。鉄分サプリは食後1時間程度置いた後に飲

むのがいいと言われています。それは鉄分が食べたものの影響を比較的受けやすいからです。

対して亜鉛サプリは食事の成分に吸収が影響されることはあまりありませんので、同時に食べ

ても問題ありません。むしろビタミンCと一緒に摂れば吸収効率を高めてくれます。

これらを併用する場合は、食事中に亜鉛サプリを摂り、終わった後1時間ほど経ってから鉄分

サプリを飲むようにしましょう。

 サプリメント

貧血を起こさない身体を作るために

ただし、鉄分や亜鉛を含むサプリメントを飲めば貧血が必ず解消されるというわけではありま

せん。実際にサプリを服用しても症状が思ったように改善しないという方は大勢いらっしゃい

ます。それは何故かというと、摂取した成分が体内で吸収されないまま排出されているからで

す。偏った食生活やあまり運動しない環境で過ごしていると、体内で有効成分を吸収する仕組

みが鈍ってしまいます。

運動

すなわち、サプリメントをとるだけでなく、栄養バランスのとれた食事を続けて適度な運動を

する生活を送ることが貧血などの症状を回復させることにつながり、ひいては健康的な生活を

送る秘訣なのです。あくまでサプリメントは補助的な手段であり、もっとも大切なのは日ごろ

から身体を気づかって生活することです。

自らの身体を思いやり、健康的な時間を過ごしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加