シトルリン:男性への効果

この記事の所要時間: 325

シトルリン

シトルリンに育毛効果があるとか?バイアグラと似た効果があるとか?この噂は本当なのでしょうか?今回は、男性への効果を中心に調べてみました。

シトルリンの男性への効果とは?

育毛効果

シトルリンの育毛効果とは、シトルリンの血管拡張機能作用や血流を促進する働きからの期待できる効果となります。

頭皮内の毛細血管の拡張をすることで、血行が良くなります。そのため、血液によって毛根までより多くの栄養分や酸素が支障なく届けられるようになります。栄養が毛根まで行き届くことになりますので髪の毛が伸びたり太くなったりと成長することに繋がります。結果的に抜け毛や薄毛の防止に繋がることになります。仮に栄養が不足している髪の毛というのは、細くこしのない痩せた髪の毛になってしまいます。また、血管の若返りにも期待できますので、消滅してしまうこともある頭皮の毛細血管の老化を阻止します。シトルリンによって生成されるアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促したりする効果もあるので、髪の毛の再生や細胞が老化するのを防ぐ効果があります。抜け毛

筋肉を増強する効果

シトルリンの摂取によって成長ホルモンの分泌が促されます。成長ホルモンには、筋肉を増加させる作用があり、筋肉をつくり、骨を伸ばすなどの体の成長を促すホルモンになります。筋力の増強ができ疲労回復を促す効果や筋肉痛を抑制する効果もあります。血管が強く丈夫になることで、筋肉繊維そのものが太くなるそうです。これは、筋肉増強にとても有効だといわれます。

精力増強効果

ペニスの血行を増大させる効果がシトルリンには、あります。シトルリンを飲むと、血液中の一酸化窒素が増えます。一酸化窒素は、血管拡張と血管をしなやかにする働きをします。この働きにより、血液の通りがよくなることにより血流は増大します。シトルリン効果により血管が広がり、血液量が増えることで、海綿体が充血しやすくなり増大しますので、精力増強の効果に期待ができるのです。また、ED (勃起不全)とは、男性の陰茎にある海綿体に血液が十分に回らなくなる事で起こる症状ですが、シトルリンの血流を促進する作用がEDの改善にも高い効果が期待できるのです。EDは、心理的な原因が多いのですが、老化現象としてもみられる症状です。

gahag-0098614184-1

シトルリンとアルギニン相乗効果

シトルリンとアルギニンは、共に血管拡張効果があります。シトルリンとアルギニンには相乗効果があることから、片方だけよりも両方を飲む方がより効果を感じられるようです。シトルリン1に対してアルギニン3という比率がもっともペニス増大効果を実感できるといわれます。なお、天然のバイアグラと呼ばれていてもバイアグラのような即効性はありません。最低3か月は継続して摂取したほうが良いらしいです。アルギニン、シトルリンは単体で摂るよりも一緒に摂ったほうが相乗効果で血流も良くなります。

筋肉

摂取量と副作用

●シトルリンの摂取量は、1日800mgが目安です。

●アルギニンの摂取量は、1日に1500mg程度が目安です。

●副作用は、特に無いとはいわれていますが過剰な摂取などはお避け下さい。過剰に摂取しても過剰分は排出されてしまいますし、効果が早まるということもありません。適正な摂取量での毎日の継続が大切となります。ただし、体調に異変を感じた場合は、速やかに摂取をお止め下さい。降圧剤を服用中の方は、血管が拡張する事にともない血圧が下がりすぎてしまう可能性もございますので必ず、医師か薬剤師等にご相談の上でお願いいたします。その他にも持病をお持ちの方は、影響がないかをご確認の上での摂取をお勧めいたします。

まとめ

それにしてもシトルリンがスイカに含まれている成分だったとは驚きました。今回シトルリンのことを調べて初めて知りました。(~シトルリンの効果と効能~)ボツワナ共和国のカラハリ砂漠に野生のスイカ(カラハリスイカ)が自生していてしかも原産地だったなんて、何だか意外でした。すっかり日本の夏の風物詩的な存在のスイカだけに……。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加