センナ茎の成分

この記事の所要時間: 33

センナ茎

下剤に使用されることで有名なセンナですが、はたしてどのような成分が含まれているのでし

ょうか。センナは強力な効果がある植物です。正しく使用するためにも、正しい知識を手に入

れましょう。

・センナに含まれる成分

センナとはアフリカが原産のハーブの一種のマメ科カワラケツメイ属で黄色い花をつける背の

低い樹木のことです。センナの効果として有名なのが強力に排便を促す作用は昔から有名で、

古代エジプト時代から医者が使用していた痕跡が残されています。

センナに含まれている有効成分は主に二つです。
  • センノシド

センノシドは胃や腸では分解されず、そのままの形で大腸まで運ばれます。すると、そこにい

腸内細菌によって分解され、レインアンスロンという成分に変化します。生まれ変わったレ

インアンスロンは大腸内を刺激してぜんどう運動を活発化し、便意を発生しやすくします。ま

た分解前のセンノシドには腸内の水分量を増やす効果もあります。便秘の原因のひとつは水分

不足です。水分が不足して便がカチカチになると、すべりが悪くなり腸内で動きにくくなって

しまいます。センノシドは便をやわらかくするので、結果ますます排便しやすくなります。

  • アントラキノン誘導体

もう一つはアントラキノン誘導体です。こちらもセンノシドと効果は似ていて、腸のぜんどう

運動を活発にする作用があります。

とくにセンノシドは効果が強力なので、日本では薬事法で規制されています。センノシドをた

くさん含むセンナの果実や葉は、医薬品以外に使用できないと定められているのです。

医薬品ではないセンナ茶などには、センノシドの含有量が低いセンナ茎が使用されています。

センノシドとアントラキノン誘導体以外の成分としては、アロエエモジン、ケンフェロールな

どのフラボノイド成分を含んでおります。

効果

・アントラキノン誘導体には注意が必要

では、センナ茶を飲んでいれば安全というとそうではありません。お茶の濃さや飲む量によっ

ては、下剤と変わらない量のセンノシドを摂取してしまうからです。また、中には薬事法を破

って、果実や葉を入れてしまっているセンナ茶も複数確認されています。厚生労働省のサイト

には、薬事法を破っているそれらの商品を紹介しながらセンナ茶の危険性を喚起しているペー

ジがあるので、気になるならチェックしてみてください。

センナ茶の危険はそれだけではありません。下剤にも含まれているアントラキノン誘導体は、

常用すると大腸メラノーシスを引き起こすのです。大腸メラノーシスとは大腸内がまだらに黒

くなる状態のことで、こうなってしまうと大腸の機能は低下し、非常にガンになるリスクが高

くなります。

常用さえしなければ大腸メラノーシスにはならないのですが、下剤やセンナ茶は使用を続けて

いると徐々に効かなくなるのでどんどん量や回数を増やし、ついには依存症のようになってし

まう人が多いので気をつけてください。

まとめ

センナに含まれている成分は下剤の薬や健康食品として使われています。センナ茎は、果実や

葉の部分と比べるとセンノシドやアントラキノン誘導体の含まれている量が少ないのですが、

薬と違うからと言って常用してしまうと腸に負担をかけてしまうのは同じですので常用を避け

るようにしてください。注意書きなどがあれば注意書きを守って摂取するように心がけてくだ

さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加