レジスタントプロテイン含むそばの効果と効能

この記事の所要時間: 410

そば

そばは、長寿食とよくいわれますが、歴史のある食べ物には、続いているだけの理由があるも

のですよね?そばも日本人には、馴染み深い食べ物ですが、注目の成分のレジスタントプロテ

インが含まれているということもあり、話題の食材でもあります。そばにはどんな効果効能

があるのか?改めて見ていきましょう!

そばの成分

主な成分を以下にまとめてみました。

(※詳細は、こちらです。~レジスタントプロテインとは?話題の成分の効果~

レジスタントプロテイン(コレステロールの減少、体脂肪蓄積抑制、動脈硬化予防)

タンパク質(筋肉や臓器の構成、酵素、ホルモン、抗体の原料)

カリウム (細胞内の機能を高める、筋肉の伸縮、糖代謝)

マグネシウム(タンパク質の合成、エネルギー代謝、体温や血圧の調整)

リン(骨や歯を作る、糖質の代謝、ナイアシンの吸収)

(ヘモグロビンを作るのに必要、酵素成分として代謝)

 (造血作用、貧血防止、疲労回復)~ミネラル効果効能と役割③(鉄・銅・亜鉛)~

亜鉛 (免疫活性、味覚障害、精力増強)

マンガン (骨や皮膚の形成、インスリン合成、神経伝達のコントロール、体内の代謝)

ビタミンB1 (糖質をエネルギー変換、お米の6倍、小麦粉の4倍。)

ビタミンB2(脂質の代謝促進、皮膚、爪、髪の再生、お米の5倍)

ビタミンB6(タンパク質の代謝)

ナイアシン(糖質・脂質・タンパク質の代謝に不可欠)

葉酸 (赤血球や細胞の新生に必須、妊娠&授乳中に必須)

セレン(体内の抗酸化作用)

パントテン酸(脂質、糖質、タンパク質の代謝に関与、免疫アップ)

食物繊維(整腸作用、コレステロール値を下げる)

関連記事~レジスタントプロテインのダイエット効果~

そば

レジスタントプロテインの多いそばとは?

そば粉は、白米と比較すると、ビタミン・ミネラル・ルチン・タンパク質・食物繊維などが豊

富に含まれています。含有率も約4.3%と高く、白米の8.5倍であり健康食材として注目をされ

ています。

※そば100g中のレジスタントプロテインの量

一番粉:2.0g(白いそば粉・更科粉・内層粉)

二番粉:3.4g(うす緑黄色・多少色のついているそば粉・甘皮粉・中層粉)

三番粉:5.0g(黒めの外皮の部分のそば粉・下粉・表層粉)

※そばの栄養成分は実の中心部から外殻側につれ多くなっています。

そばの実の外側の胚芽や甘皮などは、少し硬いためにすぐには細かく挽けないらしいです。そ

の為に、先に出る粉ほど内層の粉になり、後に出る粉ほど表層の粉になるらしいです。

レジスタントプロテインを多く含んでいるそばかを見分けるポイントは、参考までに……

色が濃いそばは、レジスタントプロテインが多い三番粉の可能性が高いです。モチモチ食感の

そばほど小麦粉の多いそばになります。そば粉が多いそばというのは、少しモタッと重い感触

で歯切れがよい感じです。成分表示で小麦粉よりもそば粉が先に書かれている場合は、小麦粉

よりもそば粉の比率が多いそばになります。

ダッタンソバがすごい!

そばには、三種類あります。普通種の普通そば、ダッタン種のダッタンソバ、宿根種の宿根そ

ばです。ダッタンソバは、普通そばの100倍以上のルチンを含んでいるといわれます。ま

た、ダッタンそばには、別名がありニガソバといわれることもあります。独特でさわやかな苦

みがあるそうです。苦味の主な原因は、ポリフェノールの一種のルチンがルチナーゼという酵

素で分解されてできるケルセチンというフラボノイドです。ダッタンソバが独特な苦味をも

ち、黄色い粉になるのは、ルチンを多く含むからなのです。薬膳ソバと呼ばれる理由でもあり

ます。(ルチンとケルセチンは黄色)ルチンは、ビタミンPとも呼ばれるポリフェノールの一

種です。血管の弾力性を保つため、高血圧症や動脈硬化など生活習慣病の予防などの効果があ

るといわれています。ダッタンソバの黄色の色素がルチンです。また、ダッタンソバには、シ

ス・ウンベル酸という成分も含まれていることがわかったようです。シス・ウンベル酸には、

メラニン色素を抑制する作用があるといわれています。日焼けによるシミやソバカスの予防な

どに良さそうですね!

そば

まとめ

最近、食べることばかりを考えている気がするのですが、そばが無性に食べたいです。手打ち

の少し堅めのざるそばが食べたいですね!ダッタンソバも気になっております。食べ物の記事

を書くたびにこれでは、今以上に太りそうです。それにしてもレジスタントプロテインを含む

食品は、大好物ばかりで困ってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加