ピロリ菌治療にマヌカハニーが効果的

この記事の所要時間: 341

ピロリ菌

約日本人の5割が感染していると言われているピロリ菌ピロリ菌の除菌には検査と強い薬の投与が必要ですが、薬は避けたいかたに効果的に除菌殺菌するにはマヌカハニー効果的です。

マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)と効果、効能について

ピロリ菌とは

300x266

ピロリ菌とは、ヘリコバクター・ピロリが正式名で、(以下ピロリ菌)ピロリ菌は胃の粘膜に生息する悪い菌で、胃の中は強い酸性(pH1~2)で「細菌が住めない」と思われていたため、1983年に発見されるまでに長い時間を要しました。本体の長さは4ミクロンで、2,3回ゆるやかに右巻きにねじれていて、片方の端には、べん毛と呼ばれる細長いものが4~8本ついていて、くるくるまわしながら活発に動きまわります。しかしピロリ菌が活動するのに最適なpHは6~7で、4以下では、ピロリ菌は生きられませんが、ピロリ菌が出している”ウレアーゼ”という酵素が胃の中の尿素を分解してアンモニアを作りだし。アンモニアはアルカリ性なので、ピロリ菌のまわりが中和され、胃の中でも生き延びることができるのです。と言うことからピロリ菌に一度感染すると多くの場合、除菌しない限り胃の中に棲みつづけます。ピロリ菌に感染してしまった胃は粘膜を傷つけれれて、胃の病気にかかりやすく、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を誘発し、また胃がんになる確率が20倍以上上がると言われております。近年ではトレスで胃が痛くなる原因、大腸がんを併発しやすい、胃ポリープもピロリ菌が原因と言われております。

残念ながらピロリ菌の感染経路は完全には特定されていませんが、ピロリ菌発見者のマーシャルの人体実験によれば、口から入れば感染することは間違いないようですので、大部分は飲み水や食べ物を通じて、人の口から体内に入ると考えられています。またピロリ菌は、ほとんどが5歳以下の幼児期に感染するようで、幼児期の胃の中は酸性が弱く、ピロリ菌が生きのびやすく、そのため最近では親から子供への家庭内感染が疑われているので、ピロリ菌に感染している大人から小さい子どもへの食べ物の口移しなどには注意が必要とです。なお、感染源が完全に特定されていないことから、予防方法もよくわかっておらず、感染率も年代ごとに異なっているのが現状です。しかし年代が高い世代に感染した人が多く(40代以上だと8割以上の感染率)のことから、衛生状態の悪い環境が影響していると考えられています。

マヌカハニーでピロリ菌を除去!

MGO1100

何かと話題のマヌカハニー、マヌカハニーがとくに有名なのは驚異的な殺菌力の強さで、ピロリ菌を除菌するのに効果的と知っている人にはよく知られております。元々ハチミツは殺菌効果の高い食べ物と知られておりますが、マヌカハニーは普通のハチミツの10倍ほどの強力な殺菌効果があるのです。このマヌカハニーにはMGO(メチルグリオキサール)と言う殺菌成分が含まれており、この数値が高いほど殺菌力も強い為、ピロリ菌を除菌したい方はMGO数値の高い物を摂取した方が効率よく除菌できるとされております。数値が高くなるほどお値段も高くなりますが、確実性があるので良いとされてます。

1994年イギリスの医療雑誌“Journal of the Royal Society of Medicine”1月号ではマヌカハニーのピロリ菌に対する繁殖の抑止や殺菌に効果的だという研究結果が掲載されました。このことから研究に結果においても実証されております。

医者で処方されるピロリ菌に対する抗生剤は、かなり強力な抗生物質で有用菌までも殺してしまうので腸内細菌バランスを崩し健康に大きく影響します、また一回目の除菌に失敗してしまったら更に強力な抗生剤を投与しなければならないというリスクがあります。その分、マヌカハニーには副作用やそのようなリスクも無いので安心して摂取することができます。

まとめ

ピロリ菌を薬を投与せず除菌するには、副作用のないマヌカハニーのMGO数値の高い物で効率よく除菌をした方が早くできるので、すぐストレスで胃が痛くなる方にはお勧めです。また薬で除菌してもまた再発する可能性もあるので、再発防止にマヌカハニーの摂取も有効的でしょう。

マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)と効果、効能について

ピロリ菌除菌の副作用と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)