プロポリスで風邪やインフルエンザ予防

この記事の所要時間: 341

風邪

抗菌力や殺菌力の強い天然の抗生物質と言われているプロポリス風邪インフルエンザが流行る前の予防策の1つとして摂取してみるのどうでしょう!

プロポリスとは?その効果、効能と飲み方!

プロポリスの栄養成分

インフルエンザ

390

インフルエンザとは、“インフルエンザウイルス”によってのどや気管支、肺で感染・増殖する感染症です。主に3つの季節型インフルエンザ(香港A型とソ連A型とB型インフルエンザ)とここ最近、新型インフルエンザが流行っています。季節型のインフルエンザは11~12月頃に流行が始まり、1~3月にピークを迎えます。新型インフルエンザは夏場にも流行するのが特徴です。インフルエンザウイルスに感染すると、38℃以上の急な発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、倦怠感などの全身症状が強くあらわれ、あわせて鼻水、咳、のどの痛みなどの、風邪の症状を発症します。

感染経路

インフルエンザは主に、インフルエンザに感染した人の咳やくしゃみなどに含まれるインフルエンザウイルスを吸い込むことによって感染します。この事を飛沫感染といいます。インフルエンザウイルスは、呼吸とともに鼻やのどから体内に入り込み、気道の粘膜に吸着して細胞内に侵入します。感染したウイルスは、のどや気管支、さらには肺で急激に増殖していきます。感染2日後にはウイルスの増殖はピークに達し、その後減少していきます。

インフルエンザ予防にプロポリス

一般的に風邪やインフルエンザを引き起こすウイルスを直接死滅させる治療法などは存在せず、現代医学において風邪を直接治療する方法は未だ見いだせていない状況ですが、プロポリスで予防することは可能です。プロポリスは、ミツバチが菌やウイルスから巣を守るために作りだす稀少成分。強力な抗酸化作用や抗菌・殺菌・抗ウイルス作用をもち、天然の抗生物質として、古くから利用されてきました。そんなプロポリスの抗インフルエンザ機能は、国内外に研究成果がでており、最近の新型インフルエンザウイルスに対しても、抑制作用があることもわかっています。プロポリスには強力な免疫賦活作用があり、風邪やインフルエンザを引き起こすウイルスに対する免疫力を高め、完治へと至らしめる効能が至る所で認められています。また、日々プロポリスを摂取し続けることによって、免疫力を高め続ける事により、風邪やインフルエンザにかかりにくくする予防作用が認められています。

またある実験では、培養細胞に季節性または新型のインフルエンザウイルスを添加し、ブラジル産プロポリスの水抽出エキスを加えて3日間培養後、生き残った細胞の数を測定した結果、何も加えない場合には、3日後には細胞はほとんど死滅しますが、プロポリスの水抽出エキスを0.04%(w/v)以上加えた場合には、新型インフルエンザであっても細胞は100%生き残り、プロポリスがインフルエンザウイルスによる傷害から細胞を守ることが確認されました。

別の機関での実験においても、H1N1型インフルエンザAウイルスWSN/33株を使用し、グリーン・プロポリスの水抽出物を添加した場合は,細胞生存率の低下が抑えられました。グリーン・プロポリスの水抽出物の含有成分について検討したところ,3,4-ジカフェオイルキナ酸(3,4-diCQA)にもっとも強い作用がみられました。このとき細胞一個当たりのウイルスRNA量には変化がなかったことから,グリーン・プロポリスの水抽出物や3,4-diCQAはウイルスの増殖を直接阻害するのではなく,細胞の抵抗性を高めることにより抗インフルエンザウイルス作用を示すと考えられました。という結果もでています。

この2つの実験からも、プロポリスは予防+インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果もあることが伺えます。

まとめ

インフルエンザの予防接種する時間が無い人はプロポリスで予防するのも一つだと思いますし、予防接種は今年流行るだろうという型のワクチンを接種するので、違う型が流行してしまったら予防接種の意味はないので、プロポリスの方がインフルエンザ全般に対して予防ができるので良いかもしれません。

★Brix40度以上のブラジル・ミナスジェライス州産のユーカリ系プロポリスはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加