プロポリス、喉の痛みへの効果的な摂取方法

この記事の所要時間: 336

プロポリス

プロポリス。天然の抗生物質と言われているプロポリスがが痛いときにどの様に効果があり、プロポリスが色々なタイプがある中でどれが効果的に摂取できるか説明していきます。

プロポリスの詳細はこちら

プロポリスのガンへの有効性はこちら

プロポリスの花粉症への効果、効能はこちら

プロポリスは喉の痛みにも効果的

1026053006

プロポリスとはもともと蜜蜂が巣を守るために、自然の植物や樹液を唾液と混ぜて作るもので、巣に塗ることによって大変な殺菌効果を誇り、ウィルスなども死滅させます。     そのため人間にとってもウィルスが原因の口内炎やのどの腫れ、インフルエンザなどにも、プロポリスは効果を発揮します。                            主な使い方で、液状のプロポリスを水で薄めてうがいをすると、口内炎やのどの痛み治まり、インフルエンザの予防にも効果があるとされており、実際、成人がプロポリスを使いうがいをした後に、口の中の細菌を調べてみると、その数が35~40%も減少していたという報告もあります。また風邪にかかったり喉が痛くなった時だけではなくずっとプロポリスを飲み続けることによってこれらの病気を予防する効果も持っています。実は蜜蜂自身もこのプロポリスのおかげで病気に強い体を持つことができているという調査もあり、プロポリスがオススメなのは、抗生物質等と比べて副作用が少ない点です。

プロポリスのど飴

images

のど飴での摂取のメリットの1番はやはり、簡単に摂取できるということでしょう。特に外出先にはのど飴がいいでしょう。とても効果があります。正直、匂いも味も個性的でちょっときついと感じる人もいるかもしれませんが、プロポリスは喉にいい自然食品です。

注意!                                       飴をすぐに噛み砕く人がいますが、のど飴の場合は意味がありません。喉にいきわたるように舐めてください。

プロポリスが入ったのど飴は冬の必須アイテムです。プロポリスの含有量は、製造メーカーによって様々ですので、選ぶ際に含有量をチェックした方がよいでしょう。

プロポリス、スプレータイプ

飴を舐めてる暇がないという人には喉スプレーがお勧めです。シュッと吹きかけるだけですので、いつまでも口の中に何か入っているわけでもないので、人にも会いやすいです。また口のにおいが気になるときにも効果的です、プロポリスには抗菌殺菌効果がありますので、においのもととなっている菌類を抑制してくれます。また、のどの痛みがあるという方は喉に向けてシュッとスプレーをひと吹きしてみてください。喉の奥にプロポリスが届くと、ピリッと辛いですが、プロポリス抗炎症作用が効果を発揮し、炎症を抑えるとともに炎症のもとになっている菌類を抑制し、のどの痛みや不快感、咳なども沈めてくれます。コンパクトな作りになっているのでバッグの中に密かに忍ばせておけば、のどの違和感がある時に即利用できます。また咳が止まらないというときなどにも効果が発揮されます。様々なシーンで活用できるスプレータイプのプロポリス、とても便利です。

プロポリス原液

プロポリスの原液というと、そのままでは飲みにくく、ちょっとべたつきがあり水に溶かして飲むといっても、水ではとけにくいため、お湯で溶かしてなどの面倒があります。また匂いもキツイですが、その方が効目が高い感じもしますね。

水や牛乳にたらして飲む方法や、ヨーグルトに混ぜて食べるなど方法は自由です。「ヨーグルト飲料にたらして飲む」方法が 好きという方は「長く違和感なく飲むにはこれが一番です」プロポリス独特の匂いも気にならないそうです。

まとめ

喉の痛みや風邪と感じたら、プロポリスのど飴や、スプレーでシュシュっと、家で時間があるときは原液をドリンクに垂らして飲むなり色々な摂取方法がありますので、皆さんの生活環境に合わせた使い方がベストでしょうか…お得感でしたら高いですけど原液を買って使うことですかね…

プロポリスとは?その効果、効能と飲み方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)