二日酔いの予防、対策、改善にプロポリス

この記事の所要時間: 250

propolis 100-1

お酒を飲む方だったら何度かは経験をしたことがある二日酔い、二度と経験したくなくてもお酒を飲んだら…色々な二日酔いの予防対策、改善がありますが、そんな一つにプロポリスも二日酔いに効果的です。そんな二日酔いについて。

二日酔いとは

二日酔いとは、飲み過ぎた翌朝の起きた時に、頭痛、吐き気、身体疲労などの不快な症状です。飲酒時にアルコールを大量に摂取したため肝細胞で有害物質アセトアルデヒドが十分に処理されないことと、お酒による胃・腸の障害や脱水などの様々な要因によって引き起こされる症状です。

酔いとは

アルコールは、胃で約20%が吸収され、残りの約80%が小腸で吸収されます。吸収されたアルコールは血液によって全身を巡り、大脳にも達します。大脳に達したアルコールは大脳新皮質から脳神経の働きを抑えてしまうことです。「酔う」ということはアルコールが血液にのって脳に達し、中枢神経を麻痺させている状態です。その為、気分がよくなったり、足元がふらついたり、ろれつが回らなくなったり記憶をなくしたりします。

二日酔いの原因

体内に入ったアルコールは上記の通り、肝臓に運ばれて分解されます。一般的に体重が60キロのひとの場合、瓶ビール1本のアルコールを分解するのに3時間かかります。単純計算でビール3本を深夜0時まで飲んでいれば、翌朝9時まで体内にアルコールが残っています。その時の体調や人によって違いますが、飲み過ぎや遅くまで飲んだ場合、分解しきれないアルコールが身体に起こす症状を二日酔いということです。主な二日酔いの原因となるアセトアルデヒドです、アルコールは肝臓にある”アルコール脱水素酵素(ADH)”によって分解され、アセトアルデヒドになります。さらにそれが”アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)”によって分解されて酢酸になり、最終的には炭酸ガスと水になります。アルコールの摂取量が肝臓での処理を超えなければ問題ありませんが、分解しきれない量のアルコールを摂取した場合、また血中に戻されて身体中を巡ることになり、まだ酢酸に分解されていないアセトアルデヒドもいっしょに血中に戻されるため、頭痛や吐き気などの症状を引き起こすのです。

二日酔いにプロポリス

二日酔いにプロポリス?と疑われる方が多いかと思われますが、二日酔いに改善にはアミノ酸が有効なので、プロポリスもお勧めなのです。上記でも述べましたが、アルコールは体内でアセトアルデヒドという物質に変化し、その後肝臓で分解されますが、肝臓の分解が処理しきれなかった分原因で二日酔いを引き起こします。分解しきれなかったアセトアルデヒドが血液と一緒に体中を巡るため、頭痛や吐き気など引き起こします。なぜ二日酔いにアミノ酸がいいのかというと、アミノ酸には肝臓の機能を高めアルコール分解を早める効果があります。肝臓の機能を高めることで、二日酔いからの回復が早くなり、事前にアミノ酸をとっておくと二日酔い防止にもつながります。そんなアミノ酸はプロポリスにも含まれており、他にも、天然由来のビタミンやミネラルも含まれており、カラダをより早く回復してくれます。プロポリスには利尿作用もありアルコールを排出しやすくなります。

まとめ

一番の二日酔いの予防は飲み過ぎない事ですが、飲む方は飲む前からのケアと、飲み終えて寝る前にもケアをすれば二日酔いの予防に繋がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加