花粉症対策に効くプロポリス

この記事の所要時間: 310

28144065008

花粉症対策には様々な方法がありますが、プロポリスも花粉症対策に効果があるのです。花粉シーズンに入る前に花粉症対策をしておけば、花粉症の時期も安心して過ごすことができると思います。

花粉症とは

390

日本人の約20%~40%ぐらいは花粉症と言われている時代で誰もが知っていると思いますが、花粉症は花粉が原因として引きおこるアレルギー疾患の1つです、主な症状としてはくしゃみ・鼻みず・鼻づまりがあり、花粉症患者さんの約9割の方に鼻づまりの症状だと言われています。

花粉症の原因は、花粉なのですが、体内に花粉が侵入してきた際に体が花粉を敵と過敏に判断してしまうと、アレルギー反応が起こってしまうのです。

花粉が体内に侵入⇒体内の抗体が花粉をキャッチ⇒抗体がヒスタミンなどを放出⇒くしゃみ、鼻水、鼻づまりが起こる。

原因となる花粉は、有名なのがスギ、ヒノキ、イネ、ブタクサの花粉症にかかる人は多いと思いますが、その他約50種類近くが花粉症の原因となる植物があり、花粉症の症状の方は年々増える一方です、私は花粉症になったことが無い人でも突然なることもあるのです。増加している理由としては、

  • スギ花粉の増加…植林された杉の木が成熟される時期
  • 気密性の高い住宅…サッシの普及で住居の気密性が高まった結果、ダニやハウスダストが増加し、アレルギー体質の人が増加
  • 食生活の変化…高タンパクの食生活は正常な免疫反応に良いのですが、アレルギー反応も高めることに
  • 大気汚染…排気ガス中の微粒子が原因となって、アレルギーを起こしやすくしている
  • ストレス社会…アレルギー症状は自律神経と深く関わっているため、ストレスで自律神経の調節が乱れ花粉症になりやすく

花粉症対策にプロポリス

花粉症対策には多くの方が花粉症治療薬を摂取している方が多いのですが、そのうちの約6割近くの人が集中力や作業効率の低下や眠気などがあると訴えている。そのため副作用を心配して仕事や運転前には摂取するのを控えている方も多いです。

プロポリスだと薬のような副作用を出さず花粉症の症状を軽減したり改善することができます。ある会社の実験によるとブラジルのミナスジェライス州で採取したプロポリスが含まれている錠剤と含まれていない錠剤を、花粉飛散前から12週間摂取してもらったところ、花粉症が全く発症しなくなったわけではないですが、摂取した方は花粉症の程度が低かったり、発症が遅くなったり、薬の摂取を減らすことができたそうです。また摂取量としましては、300mgだと発症を軽減や発症が遅くなるデーターがとれたそうで、450mgを摂取した方は鼻詰まりの程度などがかなり軽くなったそうです。

他にもプロポリスを摂取するだけではなく、液状タイプのプロポリスなら鼻の周りに塗って予防することができます。原液ではきついので水10ccに対してプロポリス0.2cc程度で薄めて鼻の粘膜につければより効果的と言われています。

  • プロポリスの持つ抗炎症作用により、鼻の粘膜の炎症を抑える働き。
  • プロポリスの成分のフラボノイドが神経をリラックス効果があり、それにより、神経過敏になった粘膜の神経を緩和させる。
  • プロポリスに含まれる多くの多糖体による粘質により、鼻の粘膜に薄い膜を作る為、外の刺激から鼻の粘膜が守られる。
  • プロポリスの有効成分のジデルペンは細胞の働きを正常にする効果があり、炎症を起こして傷ついた細胞を正常に戻す働きがある。

まとめ

プロポリスには眠気などの副作用の心配もなく薬ではないので安心して摂取できるので、花粉症のシーズンが来る前に早目の対策で試してみると良いかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)