霊芝も含む成分:ゲルマニウムの効果

この記事の所要時間: 340

霊芝

ゲルマニウムは、今人気のキノコの霊芝含むミネラル成分となります。ゲルマニウムの事をご存知の方は、多いと思います。色々な分野の製品もたくさん出回っています。しかし、どんな効果があるかまでは、意外と知らないという声が多かったので今回は、ゲルマニウムのことを簡単にまとめさせていただきました。

ゲルマニウムの効果

ゲルマニウムは、硫銀ゲルマニウム鉱(アージロード鉱)という銀鉱石からドイツのヴィンクラーという科学者により発見されました。ヴィンクラーは、自身の祖国であるドイツのゲルマニア (germania・ラテン語)からゲルマニウムと命名したしたそうです。炭素族の元素の一つで元素記号は Geです。銀白色の硬い金属で、半導体の一つでもあり、ダイヤモンド型構造をしています。ゲルマニウムは、銅や亜鉛を精錬する時の副産物として得られるそうです。半導体素子として用いられる元素で、半導体材料の原料の他にもガンマ線の放射線検出器、光検出器、赤外域用の光学部品、健康器具、健康食品など多彩な用途があります。

有機ゲルマニウムと無機ゲルマニウム

ゲルマニウムには、有機ゲルマニウムと無機ゲルマニウムとの二種類が存在します。有機ゲルマニウムは身体に無害で体内からの摂取が可能です。無機ゲルマニウムは、身体に有害な為に、摂取する事が出来ません。その為に、無機ゲルマニウムは、主に工業用として用いられています。

有機ゲルマニウムは、霊芝、朝鮮ニンジン、田七人参、サルノコシカケ、アロエ、菱の実、ニンニク、山豆根、柴根などの植物に微量ですが含まれています。有機ゲルマニウムの特徴は、鉱物由来の元素なのに水溶性という点になります。これら植物は、土の中に含まれている酸化した無機ゲルマニウムを、水に溶けやすい形で吸収しているのです。水溶性ですので身体の7割が水分の人間の体に取り込んでも問題なく吸収と排出が行われるという事になります。

無機ゲルマニウムは、炭素を含まないゲルマニウム化合物のことになります。鉱物が原料となっている無機ゲルマニウムは、皮膚から体内に吸収されることはありません。マイナスイオン効果が強いことから血流を良くすると言われています。この働きは、接触面の温度が32度以上になった場合にマイナス電子として外へ飛び出して、細胞内の生態電流の刺激をして血行を促進させる効果となります。

霊芝

有機ゲルマニウムの効果

血行促進の効果

体内の酸素は、病気やストレスが原因で欠乏していきます。体内で酸素を生成する力があることからゲルマニウムは、新陳代謝を活性化させることが出来ます。また、ゲルマニウムのマイナスイオンの働きから、血行を促進する効果がある為に冷え性や首・肩の凝りなどの症状を改善へと導きます。更に、血行か良くなれば新陳代謝も高まりますから、脂肪燃焼効果などのダイエット的な効果やさらに、デトックス的な効果にも期待がもてます。

免疫力のアップ(インターフェロン誘発)

体内でのインターフェロンの産生が減ってしまうと免疫力が低下し感染症など様々な病気にかかりやすくなります。ゲルマニウムには、このインターフェロンの産生を誘発する働きがあります。これにより免疫力が高められることになります。

肌

骨粗しょう症予防

ゲルマニウムは、骨代謝調整ホルモンのバランスを整えます。骨吸収ホルモンのPTHを低下させて骨吸収抑制ホルモンのカルシトニンの増加を促すことにより骨の強度を向上させます。また、骨を生成する細胞の活性化もさせます。

ガンの予防

ゲルマニウムは、免疫細胞を活性化させる効果があります。免疫細胞が弱まるとガン細胞が集まってしまいガンを発症してしまうそうです。ゲルマニウムには、ガン細胞を消滅させる働きはありませんが、免疫細胞を活性化させることにより、ガンを発生させないようにする予防効果があるそうです。

まとめ

ゲルマニウムは、美容関係でゲルマニウム配合のローラーや入浴剤を使用した事があります。体の内側からの摂取の経験は、ありませんでしたが免疫アップの効果もあったのですね!これからの季節は、インフルエンザなどが流行する季節ですので、そろそろ今年の予防対策として何を取り入れるのかを考えておかないといけませんね!色々な免疫アップの効果のあるものを組み合わせて健康に冬を乗り切りたいなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加