ハーブの種類

この記事の所要時間: 230

ローズマリー

自宅のお庭や、ベランダで簡単に育てることができるハーブ(herb)。アロマテラピーやオイ

ルや料理や飲みもにと様々な使い方があります。そんなハーブの種類は何千種類あるといわれ

ています。代表的なハーブを幾つか上げてみました。

ハーブとは

ハーブの語源はラテン語のHerba(ヘルバ)から来ています。意味は草を意味しています。日

本ではハーブを訳すと”薬草”や”香草”になり、”植物の中で、薬効がある成分を含んでいる草

や、生活に役立つ植物の総称”と定義されています。ハーブは古代から利用されており、種類に

よって香りや成分が違うため幅広く料理からオイル等と日常生活のさまざまな分野で活用され

ています。最近はメディカルハーブとも言われているハーブもあり、これらはハーブの中でも

薬効に注目した薬用植物のことを指しています。身近なハーブですとミント、ラベンダー、ロ

ーズマリーです。日本のハーブとされるもだとヨモギや南天が含まれます。

海外ですとメディカルハーブは医療でも使われている国などもあります。イギリスでは“ハーブ

医学校”があり、卒業した人は医療ハーバリスト、ドイツでは、効果が高いとされるメディカル

ハーブはサプリメントとして医薬品として扱われています。薬用効果が高いとされるメディカ

ルハーブは使い方や摂取についても注意事項があるのでメディカルハーブとして利用される方

は注意してください。

ハーブは庭やプランター等で素人でも簡単に栽培ができる種類も多いので自家栽培している方

も多いですので興味がある方は自家栽培してみるのもお勧めです。

ハーブの種類

ここでは代表的なハーブを幾つか上げてみました。

まとめ

代表的なハーブをいくつか挙げてみました。ハーブは幅広く我々の周りで使うとこができ、香

りも良いものなどもありますので家庭で栽培して使ってみるのはどうでしょうか。次回は1つ1

つの成分などを纏めていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)