たんぱく質ダイエットの効果的方法と危険性

この記事の所要時間: 538

肉

たんぱく質ダイエット(プロティンダイエット)は人気のダイエット方法としてサプリメント

等も販売されています。ダイエット中に肉(たんぱく質)が食べれるのは嬉しい限りです。そ

んなタンパク質ダイエットの効果的な方法と危険性について纏めてみました。

たんぱく質(プロティン)

たんぱく質を知らない人はいないかと思いますが、脂質炭水化物を含めた3大栄養素の1つ

で、人間が生きていくうえで重要な栄養素とされています。さらにタンパク質の元になってい

るのは主に20種類のアミノ酸から成り立っています。アミノ酸やタンパク質らが身体の筋肉や

血液等を作っており、タンパク質は体重の1/5を占めていると言われています。そのタンパク

質は体内で約3~10万種類のタンパク質が存在していると言われており、それぞれ独自の働き

をして、筋肉や血液の他にも体の構造・機能の維持、体内で触媒や酵素になる等と様々な働き

をしています。たんぱく質の一部は、常に代謝や分解されエネルギー等に使われたりしており

ます、分解されたタンパク質を補うには、食べ物などでタンパク質やアミノ酸等で摂取して体

内で筋肉等に作り直されます。

そんなタンパク質を上手に使ってダイエットをすることが可能です。

たんぱく質ダイエット(プロティンダイエット)

ダイエットと聞くと、食事の制限や運動等を思い浮かべますが、ダイエット方法は色々とあり

ます。その内の1つとしてタンパク質ダイエット方法があります。タンパク質ダイエットは誰

もが好きなお肉を食べながらダイエットをしていくので比較的ハードルが低い為、実践しやす

いかもしれません。

たんぱく質は、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質とわけられます。

動物性たんぱく質は、肉や魚。植物性たんぱく質は、豆類、穀類に含まれています。

これらたんぱく質をメインの食事とすればダイエットの始まりです。

まずお肉は牛肉>豚肉>鶏肉の順にカロリーが低くなります。短期間で行いたいなら鶏肉の胸

肉やささみを中心にすれば脂身も少ないので効率よくできます。因みに牛や豚の部位の脂身の

多い順番は、バラ>サーロイン>ロース>もも>ヒレとなりますのでヒレ肉を選ぶと良いでし

ょう。魚の脂はお肉類と比べて良質の脂なため、お魚はお勧めです。流石にトロばかり食べる

のはダイエットにはNGですがね。また貝やタコ、イカは脂質が低くタンパク質が豊富です。

調理方法も重要で、揚げる>煮る>フライパンで焼く>網焼き>蒸す>ゆでるの順にカロリー

が低くなるので好みに合わせて調理すると良いでしょう。

このたんぱく質ダイエットは、他の食事制限をするダイエットと比べるとリバウンドしにくい

のが良いところです。他の食事制限ダイエットとですと、たんぱく質の摂取量も減ってしまっ

ているので、筋量も一緒に下がってしまって基礎代謝が落ちているのでリバウンドしやすいの

です。このたんぱく質ダイエットですと、筋量を落とすことなくダイエットができる為、リバ

ウンドがしにくいのです。

更に糖質を制限と運動をすればダイエットの効率は格段に上がります。

たんぱく質ダイエットの危険性と注意点

プロティンダイエットをする上での注意点と危険性として。タンパク質は動物性と植物性があ

る為、偏って動物性や植物性を摂ってしまうと、動物性タンパク質と植物性たんぱく質とで

は、含まれているアミノ酸が違うのでどちらかのアミノ酸が不足してしまいますので、どちら

かに偏らず、動物性タンパク質、植物性たんぱく質を1:1と上手に両方摂るのをお勧めいたし

ます。

比較的女性の場合は、大豆イソフラボン等が含まれている植物性たんぱく質に偏りがちです。

危険性

高たんぱく質ばかりの食生活をしていると心臓病や動脈硬化の危険性が高くなるといったリス

クが生じやすくなるため、野菜などの食物繊維も十分に摂取してください。

逆に低たんぱく質でダイエットする事も出来ますが、低たんぱく質過ぎると、筋肉量が減って

しまい基礎代謝も下がってしまい脂肪燃焼が効率が悪くなりますので逆効果です。最悪、下痢

や貧血、抜け毛などの原因に繋がります。

また、たんぱく質の過剰摂取は腎臓や肝臓や腸への負担も大きくなるので、自分の運動量にあ

った量を摂取するように心がけてください。タンパク質を1日に体重1kg当たり4g以上は過剰

摂取にあたります。

たんぱく質の摂取量と吸収について

お肉だったら何でも良いの?

まず居ないかと思いますが、たんぱく質ダイエットだからといってお肉は何でも食べて良い訳

でもありません、サシの入った脂身の多いお肉などは逆に脂質を摂り過ぎてしまうので注意し

てください。比較的、魚の脂は良質な脂なのでまだ身体に良いです。

まとめ

色々なダイエット方法がありますが、結局は継続をしなければ効果は出ません。幾つかあるダ

イエット方法の中から自分が継続できストレスを感じにくいと思うダイエット方法を見つけ無

いと身体への負担が大きくなりますので。また計画的に目標を立ててやるとやりやすいと思い

ます。最近はボディビル以外にも、仕上がった体を披露するコンテスト等も色々と増えている

のでそれを目標にするのも良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)