夏バテの解消方法と対策

この記事の所要時間: 334

夏バテ

日本の夏は湿度が高くてジメジメして、体力も消耗しやすく夏バテもしやすい時期です。夏バテにかかってしまった時の解消方法や対策について纏めてみました。

夏バテ防止予防の食事はこちらから

夏バテの症状と原因

夏バテの解消方法と対策

夏バテの主な原因は栄養不足と温度差と言われています。主な原因点を抑えておけば夏バテ解消や予防へとつながります。

しっかり食べてコマめに水分補給

暑さで汗をたくさんかきます。その汗によって、多くのビタミンやミネラルが体から失われます。ビタミンやミネラルをきっちり補給しないと、ますます体力が落ち夏バテになってしまいさらに食欲が落ちてしまいますので日頃からしっかり食べるように心がけてください。

水分補給に関しては冷たいお水は避けてください冷たい物ですと胃腸の働きを悪くしてしまってかえって悪循環です。またお水に関してもミネラルを含む(特に塩分)飲み物を飲むようにしてください。お水ばかり飲んでしまうと今度は汗で塩分が排出され脱水症状等になる危険性がありますので注意してください。またジュースやアルコールも控えた方が良いです。ジュースは甘いため、喉がまた渇き、また飲んでしまい…冷たい物を過剰摂取になり、また糖分の過剰摂取へと繋がります。アルコールを飲んでしまうと脱水症状の原因ともなります。アルコールを分解するときに水分を摂りこんでアルコールを排出する時に水分も一緒に排出されてしまうのでアルコールの飲み過ぎには注意してください。

夏バテ防止予防の食事

冷房の効き過ぎに注意

外は30度超える暑さで室内はクーラーが効き過ぎの部屋の出入りが多い人は注意が必要です。外と室内の温度差が大きいと夏バテの原因の1つです。

暑い外にいる時は、人間の体は体温を一定に保つために、血管を開き、汗をいっぱいかいています、この状態で急に涼しい室内に入った場合、体は”涼しいモード”に変わります。そのときに自律神経が働くのですが、 これが何度も繰り返し続くと、自律神経も疲れてきて、やがては正常に機能しなくなります。

近年、猛暑日(35度)が続く日もありますが室内と外との温度差は5度が良いと言われていますのであまり温度差が無いようにエアコン設定をするのが夏バテ対策になります。また湿度にも注意してください。日本の夏は湿度が高い事も夏バテになりやすい原因でもあります。暑さで汗をかくと皮膚がベタつき、この不快さが自律神経に影響するといわれています。湿度が40から50%程度にすれば快適に過ごせます。逆に乾燥し過ぎたら喉を傷めてしまうので注してください。アメリカ西海岸やハワイは高温でも乾燥しているので夏バテになる人も少ないのです。

エアコンを控えて扇風機をと言う人も多いかといますが、扇風機の風を直に身体にあたるようにするとかえって身体が怠くなってしまいますので、扇風機を利用する際は直接、身体にあたらない様に使用してください。

十分な睡眠

しっかり睡眠をとるのも夏バテ解消・防止の1つです。冷房を付けないと中々寝つけなく逆に寝不足で夏バテにもなりますし、冷房の温度を下げ過ぎて寝ると起きると体が怠いってこともあります。自分に合った適温で冷房の設定をするなりして快適に寝れるようにしたり、氷まくらや、最近良く売られている、ヒンヤリさせるマット等で色々と工夫して寝る必要があります。

適度な汗をかく

汗をかくと体内と塩分が排出されるかと思いますが、必要最低限の汗は対応調節に必要です。汗をかくにおいても良い汗をかくのが重要です。良い汗とは、無色・無臭・無菌で蒸発しやすい汗で、良い汗をかくには皮膚を弱酸性に保つことです。逆に悪い汗はダラダラと流れ出る汗で身体のミネラルも一緒に大量に流れてしまします。悪い汗は汗の臭いがキツく体臭の原因にもなります。良い汗をかくには適度な運動や有酸素運動を行ったりすることです。悪い汗の原因は冷房生活に頼ったり、油っこい物の食べ過ぎなどです。

まとめ

夏バテ解消方法は、夏バテ防止対策と似たところが多いです。夏バテの重要なところはしっかりと栄養補給とエアコンの使い過ぎに注意としっかりと休息をとる事がポイントとも言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)