プラセンタ:サプリメントの効果・効能と栄養成分

この記事の所要時間: 57

suppliment

プラセンタ(胎盤エキス)と聞いたら女性の方は知っている人やサプリメント等で摂取してい

る人は多いかと思います。プラセンタは経口か注射か塗る方法で使われます。そんなプラセン

効果効能を纏めてみました。

プラセンタ

プラセンタとは、直訳すると”胎盤”を意味で、哺乳類の胎児を成長させるための胎盤のこと

で、人間では妊娠中の女性の子宮内にできる胎盤です。なぜプラセンタが人気があるかと言う

と栄養成分が豊富に含まれているからです。プラセンタの凄さは小さな一個の受精卵を、わず

か10ヶ月の間に人間に育て上げる驚異的な働きと栄養価を持っているからです。気になる栄養

成分は、アミノ酸、たんぱく質、糖質、ビタミン類、核酸、ペプチド、ムコ多糖類などの代謝

や肌質の改善に必要とされる成分が含まれており、特に多く含まれているのはアミノ酸です。

胎盤自体はもともと、胎児に充分に栄養を届けるための物なので、身体に良い成分が豊富な栄

養素が含まれているのは当たり前なのです。しかも一部の哺乳類では出産直後に自分の体力を

回復させるために胎盤を食べることも多いです。

人気のプラセンタは、大昔から注目されていました。ヨーロッパでは紀元前4世紀頃に古代ギ

リシャの医者ヒポクラテスによってプラセンタが治療に使われたり、中世ヨーロッパでは不妊

症、脳梗塞、てんかんなどの治療薬としても使われていました。美容目的には、クレオパトラ

やマリーアントワネットも使っていたそうです。アジアでは中国の秦の始皇帝が不老長寿の目

的でプラセンタを使っていたそうです。日本においては江戸時代に民間薬として使われていま

した。今ではアンチエイジングや肌を美しくする効果が高く認めれて人気があり、医療用とし

ても開発され、更年期障害や肝炎の治療薬として医療現場でも使われています。

プラセンタの主な栄養成分

プラセンタには母体と胎児をつなぐ重要な役割を果たす器官であるため、生命を維持するため

の豊富な栄養因子、五大栄養素やその他栄養素などが含まれています。

  • アミノ酸

ロイシンリジンバリンスレオニンイソロイシングリシンアラニンアルギニンなどのアミノ酸を含みその他数多くのアミノ酸が含まれています。

  • 成長因子

成長因子とは、特定の細胞の増殖を促す物質のことで、皮膚の細胞を増殖させて新陳代謝を促す上皮細胞増殖因子や、コラーゲンを生産する線維芽細胞を活性化する線維芽細胞増殖因子などが、プラセンタには豊富に含まれています。

HGF(肝細胞増殖因子)、EGF(上皮細胞増殖因子)、NGF(神経細胞成長因子)、FGF(線維芽細胞増殖因子)、IGF(インシュリン様成長因子)、IL‐1、IL‐2、IL‐3、IL‐4など

  • タンパク質

タンパク質は人間の身体の原料です。人間の身体は約6割が水分で、その次に多いのがタンパク質です。その為、人間の身体をつくる重要な栄養素です。 プラセンタのタンパク質は20種類のアミノ酸が結合して構成されます。

  • 脂肪酸

脂質は、細胞膜、角膜、ホルモンなど、身体の細胞を作る栄養素となります。

コレステロール、ホスファチジン酸、ラウリン酸、バルミチン酸など

  • 糖質

細胞の構造を維持し、身体のエネルギー源になるための重要な栄養素です。

グルコース、ガラクトース、ショ糖など

  • ビタミン

身体の様々な生理機能を調節し、代謝をスムーズにする働きがあります。 生活習慣病を予防する働きがあります。

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12ビタミンCビタミンD、ビタミンEナイアシンなど

  • ミネラル

血液・体液の調整などさまざまな働きをします。

カルシウムナトリウムカリウムリン、マグネシウム亜鉛、鉄など

  • 核酸

遺伝子の修復や、新陳代謝の調整に働く栄養素です。

  • 酵素

酵素は、主に食べ物を消化や分解してくれる消化酵素と、血液を作る・心臓を動かす・体を動かすエネルギー源となる・皮膚や筋肉、骨などを作る生命活動に密接に関与している代謝酵素の2種類があります。

アルカリホスファターゼ、酸性ホスファターゼ、ヒアルロニターゼ、アデノシン三リン酸などその他100種類ほどあります。

プラセンタの効果・効能

  • 美肌・美白効果

プラセンタに豊富に含まれるアミノ酸は、角質層の中にある天然の保湿因子として重要な働きをしており、乾燥によってできるしわを防ぐ効果があります。他にも加齢などで減少する線維芽細胞を増殖させる因子を持っているため、肌の細胞レベルから働きかけ、肌の環境を整える働きがあります。またシミやそばかすの原因であるメラニンの生成を防ぐことに加え、活性酸素を除去する働きがある為、過剰に発生したメラニンの排出を促すため、美白効果もあります。

  • アトピー性皮膚炎改善

プラセンタには炎症作用があります。その炎症作用はアトピー性皮膚炎で細胞が壊れることにより炎症原因のヒスタミンが発生しますが、ヒスタミンに効果的に働きかけて炎症を抑えます。

  • 更年期障害の改善

更年期障害とは、女性ホルモンの減少によって自律神経のバランスが崩れるのが原因です。プラセンタにはホルモンのバランスを整え、自律神経の働きを正常にし、体調不良を改善する効果があり、治療にも使われています。

  • 疲労回復
  • 自律神経、ホルモンバランス調整
  • 抗炎症作用
  • 活性酸素除去
  • 新陳代謝を活発にする
まとめ

プラセンタは医学が発達する前の大昔から治療やアンチエイジングに使われてきた成分です。

女性には嬉しい効果・効能があるので積極的に摂取したいサプリメントの1つではないかと思

います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)