グルコン酸の効果・効能

この記事の所要時間: 148

images (4)

有機酸の1つグルコン酸は生はちみつや天然蜂蜜等に含まれている成分です。グルコン酸自体あまり聞きなれない成分で、効果や効能についても知らない方も多いかと思いますがグルコン酸には腸内環境を整えるには重要な役割がある成分です。そんなグルコン酸の効果効能を纏めてみました。

グルコン酸

グルコン酸とは、有機酸の1つで、グルコース(ブドウ糖)を酸化させるときに生成される成分で、主に生ハチミツや天然蜂蜜、ローヤルゼリー、ワイン、大豆、シイタケ、発酵食品などに含まれております。グルコン酸が注目されているのは胃で胃酸に耐えらることができるため、分解されることなく大腸まで届くことです。大腸まで届くとグルコン酸はビフィズス菌や腸内細菌を増やしたり活性化させため腸内環境を整える働きをしてれます、また腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進して便秘の改善効果があります。グルコン酸はカルシウムや鉄、アルミニウムなどの重金属イオンと繋がることで吸収しやすくなるため、一緒にミネラルが豊富なものと摂取すると吸収が高まります。

ビフィズス菌は、悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌を増やす働きがある為、腸内環境を良くしてれるので、グルコン酸を含むハチミツ等を摂るときは一緒にビフィズス菌を含んだヨーグルト等と混ぜて摂取すれば効率よくビフィズス菌を増やしたり活動的にすることができます。ビフィズス菌が増加することにより免疫力UPや美肌効果へと繋がります。

グルコン酸の効果・効能

グルコン酸はビフィズス菌の増加や整腸作用があることから様々な効果へと繋がります。

  • 下痢の予防
  • 便秘改善
  • 大腸がんの予防
  • 血流改善
  • 骨粗しょう症予防
  • 腸内の腐敗産物の生成を抑える
  • 免疫力UP
  • ビタミンB群の生成を促進

効果効能とは別に調味料や酸味料としても使われています。

まとめ

注意点として、グルコン酸を生成するグルコースの摂り過ぎには注意が必要です。グルコースを過剰摂取してしまうと、糖尿病や肥満の原因となってしまいます。その為、グルコースの摂取量目安としては1日120gです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)