青汁になる野菜の種類(原料)

この記事の所要時間: 511

青汁

青汁を飲んだことは無くても聞いたこと知っている人は多いと思います。青汁ですが実は色々な種類野菜を原料として作られているのです、その原料によって味や風味、効果や特徴が違ってきます。青汁に使われている原料の野菜の種類を纏めてみました。

青汁

青汁とは、ひと昔前、CMで”不味い”ってセリフで一気に有名になったので知っている方も多いかもしれませんが実際に飲んだことがない人もいるかと思います。青汁は今では健康食品の人気の商品でもあります。青汁は名前の通り、緑菜野菜(緑の野菜)を絞った汁です。絞る上で重要な点もあり野菜が生の状態であるのが重要です。なぜなら野菜に含まれている栄養素ビタミンミネラル類等)が熱によって壊れてしまうものあるからです。そのため本物の青汁は生野菜を絞った汁ってことになります。

現代人は特に若い人たちや外食が多い人は野菜の摂取量が少ないと言われています。野菜の1日の摂取量目安は350g以上と言われているので殆どの人が食事では取れていないかと思います。

野菜350gを例で表すと

  • ほうれん草…一束
  • トマト…3個
  • 大根…1/3本
  • ニンジン…1本半
  • 小松菜…一束
  • きゅうり…3本

と、一日の食事では取り切れていないと思います。野菜不足は生活習慣病の原因ともなりうりますので野菜不足は回避したいと誰もが思っている事だと思います。そこで今、人気の健康食品の青汁が簡単に野菜不足を解決してくれるのです。青汁を選ぶ注意点としては生の野菜から絞っているかを注意して選んでください。

青汁の原料となる野菜の種類

青汁の原料となる野菜の種類もいくつかあるので簡単に纏めてみました。基本的には食物繊維は豊富に含まれていますが、原料となる野菜の種類によって味や風味、また栄養価も違ってきたり野菜によっては特有の成分も含まれているので効果・効能も変わってきます。青汁の代表的な原料を纏めてみました。

  • 大麦若葉

イネ科の植物で、名前の通り大麦の若い葉のことで、ケールと並んで青汁の原料として人気があり、ケールよりクセがなく飲み易いので人気があります。カルシウム、亜鉛、鉄分、カリウム、マグネシウム等のミネラル類とビタミンB1、ビタミンC等のビタミン類、その他βカロテン、アミノ酸等も豊富に含まれています。今話題の活性酸素を除去するSOD酵素も含まれています。

大麦若葉の効果・効能

  • ケール

ケールはキャベツの原種でもあるアブラナ科アブラナ属の植物で、大麦若葉と並んで青汁の原料として人気があります。栄養価が高い事から野菜の王様と言われています。ケールは独特の苦味と青臭さで味にクセがあるのが特徴です。βカロテン、ルテイン、ビタミンC、ビタミンE、カルシウムなどが多く含まれております。また睡眠のホルモンと言われるメラトニンが含まれているのが特徴です。

ケールの効果効能

  • 明日葉(アシタバ)

明日葉は、日本を原産とするセリ科シシウド属の植物で房総半島から紀伊半島までの太平洋岸に自生しています。大麦若葉とケールに続いて青汁原料として人気があります。βカロテン、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、カリウム、鉄などのミネラル類を豊富に含んでおり、他にもカルコンと言うポリフェノールを含んでいるのが特徴で、カルコンには強い抗酸化力があるのが特徴です。

明日葉の栄養価と効果・効能

  • 長命草

長命草は沖縄県などの温暖な地域で、海岸沿いに自生するセリ科カワラボウフウ属の多年草の一種です。ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、カロテン、カルシウム、ポリフェノールを豊富に含んでおり、プテリキシンと言う成分が含まれておりこれが肥満を抑制する効果があります。独特の苦みと香りがあるのも特徴です。名前の由来は”1株食べると1日長生きする”というとこから来ています。

長命草(青汁)の栄養価と効果・効能

  • クマザサ

クマザサは、屋久島から北は北海道の原野まで日本全国に自生しているイネ科ササ属の植物で古くから薬草として利用されてきました。ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB₁、ビタミンB₂、葉緑素が豊富に含まれています。他にもバンフォリンという多糖類が含まれており、防腐効果があります。

隈笹(クマザサ)青汁の栄養価と効果・効能

  • ヨモギ

よもぎは菊の仲間で、キク科ヨモギ属の多年草植物です。繁殖力が強く日本中に自生しており、昔から万能薬草として用いられてきました。ヨモギの葉には、食物繊維、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、葉緑素、カルシウム、鉄、β‐カロテン、葉酸が含まれています。

  • 青じそ

しそはしそ科しそ属に属している一年草です。主に薬味として使われているので身近な物です。シソには紫のシソもあり、薬効が高いのは赤じそ、栄養価が高いのは青じそと言われております。青じその栄養価はビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ナイアシン、鉄、カリウム、マグネシウム、亜鉛等が含まれています。

  • クロレラ

クロレラはクロレラ科クロレラ属で緑藻の一種です。細胞の中にクロロフィル(葉緑素)が含まれています。葉緑素以外にも、たんぱく質やアミノ酸、ビタミン、鉄分、カルシウム、マグネシウム、カロテノイドなど多くの栄養素が含まれています。特にタンパク質は豊富に含まれています。

  • ゴーヤ(ニガウリ)

ゴーヤは、ウリ科ツルレイシ属に属する一年草の植物で特有の苦みが最大の特徴です。ビタミンCの含有量が非常に多く含まれており、ゴーヤに含まれるビタミンCは加熱に強いのも特徴です。他にもモモルデシンやチャランチン、ポリペプチド-P、ククルビタシン、β-カロテン、カリウム等が含まれています。

まとめ

青汁の原料によって栄養価が違うので、お好みの青汁を何州類かに分けて飲むのもお勧めできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)