免疫力を高める(免疫細胞の種類)

この記事の所要時間: 418

ill-douzo-w2-l

病気やウィルスから身体を守ってくれている免疫力。免疫力は何種類かの免疫細胞の働きによって成り立っています。免疫細胞は常に私たち体の中でウィルスやガン細胞等と戦っています。そんな免疫細胞の種類を纏めてみました。

免疫力についてはこちら

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)

NK細胞(ナチュラル・キラー細胞)は名前から殺しの細胞で、常に人間の身体全身をパトロールしながら、がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけ次第攻撃するリンパ球です。生まれながらに備わっているからだの防衛機構である自然免疫に重要な役割をしています。NK細胞は血液中に存在するリンパ球の10~30%を占め、標的細胞の細胞膜に孔を開けるタンパクや標的細胞に細胞死を誘導する一群のセリンプロテアーゼなどの細胞傷害因子を持っています。NK細胞は初期防衛機構として働き最前線で活躍する非常に重要な免疫細胞です。NK細胞が安定した状態であれば、ガン化した細胞やウイルスに感染した細胞を見つけ出し攻撃することで悪化を防ぎながら、常に体を守ってくれます。逆に免疫バランスが崩れてしまうと、NK細胞をはじめとする免疫細胞は、ウイルス等を攻撃することができず、結果的に病気の進行を防げずに悪化させてしまいます。NK細胞は比較的発見されたのが新しい事もありまだ研究途上の段階でもあります、今後更なるNK細胞の働きなどがわかってくるでしょう。

マクロファージ

マクロファージとは、免疫細胞の中心的な役割で、原始的なアメーバのような細胞です。血液中にある白血球の一種で5 %を占める単球(単核白血球)から分化し、血管内から血管外の組織や体腔内に遊走して存在します。マクロファージの”マクロ”は大きい、”ファージ”は食べるものの意味から、”貧食細胞”とも呼ばれています。私たちの体内のさまざまな場所に存在し、細菌感染があれば最初にそれを食べます。

主な役割として、体内に侵入した細菌やウイルスや体内で発生したがん細胞などの異物を発見し、自分の中に取り込んで食べてしまい細菌を貪食し、殺菌すると同時に、その構成成分や核酸などに応答して炎症性サイトカインやケモカインを産出し、好中球や単球が局所に移動し、病原体の除去をします。貪食した異物(抗原)の情報を細胞表面に出し、ヘルパーT細胞に知らせるための物質をつくり、その結果ヘルパーT細胞が活性化し、異物を攻撃するための物質を放出します。他にもウイルスの死骸や殺傷された感染細胞、がん細胞、寿命を迎えた顆粒球、赤血球、白血球などを掃除する役割も果たしています。

ヘルパーT細胞

ヘルパーT細胞とは、細胞膜表面にT細胞レセプタ-(T細胞受容体)とCD4分子を持つリンパ球です。マクロファージから受け取った外敵侵入の知らせと、外敵がどんなものであるのかという情報をもとに、ウィルス等の性質・特徴や弱点を知り、指令をだします。また、ヘルパーT細胞は自己の判断でガン細胞などを破壊することのできる即効性のあるナチュラルキラー細胞を活性化させることもできます。

好中球

好中球とは、白血球の中で一番多く約60%を占めてい、体のなかに侵入してきたウイルスや細菌などの異物が、急性の炎症を起こしたときに、中心的な役割を果たします。マクロファージが処理しきれないウイルスや細菌を処理する役割をしており、マクロファージと同じで、取り込んで消化します。増殖速度が速い(好中球が1日に作られる数は、1000億個程度)のですが寿命が短く(数時間~数日)、肺炎球菌やブドウ球菌といった細菌の処理に適しています。菌の感染を受けると化膿しますが、この膿は菌を処理した好中球なのです。

B細胞

B細胞とは、Bリンパ球ともいいます。骨髄(Bone marrow)内の造血幹細胞から派生、分化成熟してるのでB細胞と呼ばれています。B細胞は細菌やウイルス等の病原菌を狙い撃ちするのが得意で、飛び込んでくる病原菌を探し出して捕まえます。病原菌を捕まえたら細胞内に取り込んで分解し、病原菌の断片をクラスⅡMHC分子にくっつけてヘルパ-T細胞へ報告し、ヘルパ-T細胞は報告された情報が自己か非自己かを判断し、この病原菌をやっつける武器(抗体)をつくる命令をB細胞へ出す。B細胞受容体を抗体という武器につくりかえて病原菌をやっつけます。B細胞は増殖する過程で、抗体をつくり出すB細胞と、記憶細胞に分化していきます。記憶細胞は長く生き延び、同じ細菌やウイルスの再度の侵入に備える役割を果たしています。

キラーT細胞

キラーT細胞とは、名前の通り「殺し屋」で、キラーT細胞はウイルスそのものは殺せませんが、ヘルパーT細胞により指令を受けた細菌やウイルスや異常な状態におちいっている細胞(ガン細胞等)を発見して攻撃をしていきます。キラーT細胞にとっての相棒がヘルパーT細胞でキラーT細胞はヘルパーT細胞からの指令をまっています。

まとめ

これら免疫細胞は常に協力をしあってウィルスや体内で発生するガン細胞と日々戦っているのです。免疫力を高める事=健康につながるわけなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加