ファイトケミカル:レスベラトロールの効果・効能

この記事の所要時間: 337

resize

最近、第7の栄養素と注目を浴びているファイトケミカルは、特に抗酸化力、免疫力アップの効果があります、そんなァイトケミカルは1万種類以上あると言われており、そのなかの、あまり聞きなれないレスベラトロール効果効能を纏めてみました。

レスベラトロール

レスベラトロールとは、サンタベリーやブドウの茎や皮、ピーナッツの薄皮やザクロ、イチゴなどから抽出されるエキスの中に微量に含まれる成分で、ポリフェノールの一種で若返りの成分とも呼ばれ美容成分として高い注目を集めています。レスベラトロールはトランス型とシス型の2種類に分けられ、トランス型は新鮮な原材料から摂れる安定した分子構造を持ち、シス型は太陽光や熱、酸化などによって不安定な状態の分子構造になっています。トランス型レスベラトロールは太陽光などの原因により、シス型に変化します。レスベラトロールは、強い抗酸化力を持ち、細胞の酸化を防ぎ、老化要因を抑制し、寿命を延ばすとされる長寿遺伝子(サーチュイン)を活性化する効果があると言われています。

レスベラトロールが注目されたのは、赤ワインをよく飲むフランス人から注目されたようです、フランス人は喫煙率が高く、バター・肉などの摂取量が多いのに、近隣諸国と比べ心疾患による死亡率が低い(フレンチパラドックス)という統計データーから、フランス人が赤ワインを多く飲むためと言われ、その赤ワインの成分のポリフェノール種のレスベラトロールに注目が浴び研究が進められたそうですが、”長寿とレスベラトロールは関係ない説”もあります。長寿遺伝子とよばれるサーチュイン遺伝子がポリフェノールの1種類であるレスベラトロールによって活性化されることはマウスを使った実験で証明済みですが、マウスの体重を人間に換算した場合、赤ワインで考えた場合毎日100本近く飲まなければならないことで…ほぼ不可能に近く…長寿遺伝子(サーチュイン)効果を得るには難しいですが、他にも嬉しい効果はあります。

効果・効能

  • 美肌効果

レスベラトロールは、ターンオーバーを促進し、理想的な周期に近づける効果があるといわれています。またチロシナーゼ、ヒアルロニダーゼ、コラゲナーゼ、エラスターゼは酵素の活性を抑制する働きがあり。これらの酵素は、シミやくすみの原因であるメラニンをつくり出す働きや、美肌成分であるヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンを壊す働きがあります。レスベラトロールはこれらの酵素活性を抑制する働きがあります。

  • 細胞を若々しく保つ

レスベラトロールには、細胞の生まれ変わりを助け、分裂を繰り返す細胞のテロメアDNAを活性化する酵素に作用し、細胞分裂の寿命を延ばす効果があると言われています。

  • メタボリックを予防

マウスの脂肪細胞にレスベラトロールを与えたところ、脂肪の蓄積を抑える働きが確認され、レスベラトロールによる脂肪代謝の改善効果があるとされています。

  • 脂肪肝予防

ある研究では、レスベラトロールが肝臓で脂肪の生産量を減らして、同時に、肝臓の中の脂肪の分解を増加させる効果があると報告されています。近年、レスベラトロールは、脂肪の生産の抑制と燃焼の促進の両面から、脂肪が肝臓に蓄積するのを防ぐ効果がわかり始めました。

  • ガン予防

もともと、レスベラトロールが注目を集めている効果が、癌を予防する効果です。
1997年にアメリカの科学誌”サイエンス”にレスベラトロールの抗がん作用について掲載され、レスベラトロールが、発がんプロセスの主な3つの段階であるがんの初発期、促進期(、悪性化の3段階の全てにおいて、抗がん作用があると発表されました。

  • 認知症予防

脳内には、海馬と呼ばれる記憶や学習に関わる重要な器官があり、レスベラトロールを摂る事で、海馬の神経細胞の再生や情報伝達速度が高まる効果に期待する事が出来ます。

まとめ

レスベラトロールで長寿遺伝子(サーチュイン)効果を得るには一日100本ワインを飲まないと効果が得られないので、長寿遺伝子(サーチュイン)効果は難しいですが、その他の効果に期待して摂取することはできます。またワインに頼らずサプリメント等で摂取すれば簡単に摂りいれることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加