抗酸化作用の食べ物でアンチエイジング

この記事の所要時間: 356

アンチエイジング

人は活性酸素によって身体がサビ(老化)ていきます、老化を防ぐには抗酸化作用のある食べ物を摂取して活性酸素から身体を守る必要がありあます。効果的に抗酸化作用の食べ物を摂取してサビにくい身体を作りアンチエイジングを。

活性酸素

活性酸素とは、悪いイメージが強いかと思いますが、もともとは体にとって必要な物質で、体内に侵入した細菌やウイルスを撃退するために、白血球から放出され殺菌・消毒としての役割をはたしています。その為、酸化力が強いと殺菌作用も強いので、体内に入り込んだ細菌類を駆除する役割を持っています。他にも酵素の働きを促進する効果あり。活性酸素があるからこそ、身体中の細胞は健康を維持が可能です。因みに、呼吸で取り入れた酸素のうち、約2%ほどが活性酸素になると言われてます。そんな身体を守っている活性酸素ですが、悪いイメージが強いのは、増えすぎてしまうと老化の原因ともされています。人間は約60兆の細胞で構成されおり、その細胞の外側にある細胞膜は不飽和脂肪酸で作られています。不飽和脂肪酸は活性酸素と結びつくことで酸化して過酸化脂質となり、細胞にダメージを与え細胞が老化してしまいます。細胞の老化が早まると体内のあらゆる組織が衰え、肌のトラブルや生活習慣病などが引き起こされることが多くなります。

活性酸素の発生原因

活性酸素の発生原因は、体内に取り込まれた酸素が、赤血球により細胞へと運ばれ、脂肪や糖分を燃やしてエネルギーを発生させるのに使われます。その時に消費された酸素の2%が活性酸素になります。

主な原因
  • 激しい運動をする
  • 強いストレス(ストレスホルモンの一種コルチゾルは、免疫機能の重要な役割をになうNK細胞の機能を停止させ、活性酸素も発生させてしまう)
  • 紫外線を浴びる
  • 喫煙(タバコは1本で100兆もの活性酸素を発生させると言われています)
  • 食生活の乱れ(脂の多い食生活は注意)

抗酸化にお勧めな食べ物

  • βカロテンを含む食品

β-カロテンはカロテノイド色素成分で、体内で必要に応じてビタミンAに代わります。強力な抗酸化作用があり、他にも高脂血症や動脈硬化を予防する働きがあります。

にんじん、かぼちゃ、トマト、ほうれん草、ブロッコリー、にら、ピーマン、モロヘイヤ 小松菜、みかん、すいか等

  • ビタミンCを含む食品

ビタミンCは酸化による過酸化脂質の生成を防ぎ、細胞の老化を防止するビタミンです。また、抗酸化作用があるだけではなく、皮膚のシミ、シワを防ぐ、免疫力を高める、ストレスへの抵抗力を強める働きを持つ栄養素です。

いちご、キウイ、アセロラ、バナナ、みかん、ゆず、レモン、パイナップル、柿、キャベツ、赤ピーマン、さつまいも、ほうれん草、ブロッコリー、じゃがいも等

  • ビタミンEを含む食品

ビタミンEは強力な抗酸化作用を持つビタミンで、”老化防止のビタミン”とも言われており、細胞膜を構成する脂質が、活性酸素によって酸化されることを防ぐ働きがあり、生活習慣病の予防にも効果があります。

ひまわり油、アーモンド、ヘーゼルナッツ、落花生、うなぎの蒲焼、にじます、モロヘイヤ、かぼちゃ等

  • ファイトケミカルを含む食品

ファイトケミカルとは、あまり聞きなれないと思いますが、植物に含まれる化学物質の事で、植物の色、香り、苦味などの成分に含まれており、抗酸化作用が強く。特にポリフェノールやカロテノイドには、抗酸化成分が豊富です。また、ファイトケミカルの抗酸化力は、ビタミンよりも強力です。例えば、トマトに含まれるリコピンにはビタミンEの約100倍の抗酸化力があります。

赤ワイン、ブルーベリー、カシス、紫イモ、緑茶、紅茶、トマト、スイカ、大豆、サケ、エビ、カニ等

上記以外にも、バナナもお勧めです。バナナには、β-カロテンをはじめ、ビタミンA、ケルセチン、β‐クリプトキサンチン、ミリセチン、ビタミンC、リコペン、ビタミンE、ポリフェノール類など、活性酸素の害を抑える抗酸化成分が豊富に含まれています。他にもバナナに含まれる抗酸化成分のβ-クリプトキサンチンやゼアキサンチン、β-カロテン、ポリフェノール類であるケンフェロールやシアニジン-3-グルコサイドなどには血液内に悪玉コレステロールが溜まるのを防ぎ、血流を改善する効果があります。

まとめ

活性酸素は人間にとって必要な物質ですが、多すぎても体に害があるので、日ごろの食事や喫煙等に注意して生活のリズムを組み立てれば若々しい肌や身体が手に入れることができると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加