マヌカハニーとは?賢い選び方と食べ方、使い方

この記事の所要時間: 1024

MGO1100

今話題のマヌカハニー。マヌカハニーを知らない人や食べ方を知らない人も多いと思います。色々な会社から発売されていますが偽物もたくさん出回っているので選び方も注意が必要。そこでマヌカハニーの賢い選び方と食べ方、使い方を説明したいと思います。

蜂蜜(はちみつ)のと栄養とその効果

マヌカハニーとは

マヌカ

マヌカハニーはフトモモ科の低木でニュージーランドに自生しているマヌカ(学名:ギョリュウバイ)の花から採れるはちみつです。木は5~8mの高さになり、春から夏にかけて白やピンクの花が咲きます。マヌカは古くから先住民であるマオリ族が薬木として怪我や病気の治療に利用され、マヌカハニーには、ビタミン類、ミネラル類、酵素などの天然成分が含まれており、特に有効的効果がある成分はメチルグリオキサール(MGO)です。

マヌカとはマオリ語で「復活の木」、「癒しの木」などを意味します。マヌカハニーはニュージーランドで年間1700トン生産されているのですが、何故か年間販売量は約10000トンが世界中で販売されているそうです…これは偽物が多く出回っていることを意味しますので、購入者としては本物のマヌカハニーを選びたいと思いますよね。普通の、はちみつと比べても値段が高いマヌカハニーですので本当に良い物を選びたいところです。またマヌカハニーは単なる甘味料として使用されるものから治療用まで、非常に多くの品質ランクが存在しているので用途に合ったものを選びたいかと思います。

マヌカハニーの選び方

マヌカハニー

マヌカハニーはピロリ菌の除菌、殺菌効果や免疫力アップなど様々な効果があります。目的に応じて選び方の基準は変わってきますが、マヌカハニーの選び方の基準としては殺菌効果の高い物(=活性強度が高い)を選ぶと効果も期待できますが、それなりの値段はします。またニュージーランドのスーパーなどで売られている通常の食卓用テーブルハニーとしてのマヌカハニーを薬用効果があるかのように販売している業者も多く、また、効果を表す活性度に関しましても信頼性が定かではありませんし、比較的安いマヌカハニーはブレンド物が多くて活性強度も低くい物が多いです。メチルグリオキサール(MGO)の含有量が600mg以上含まれるのは生産量の僅か1%程度と言われており、中でも驚異の高さを誇るのが活性強度の物は1186mg/kgの商品が存在します。

90%近いマヌカハニーは100mg/kg以下の商品ばかりだそうです。本物のマヌカハニーやハチミツはミツバチによって水分が取り除かれて糖分濃度が80%以上に高められた生ハチミツで、大量生産をするにはまず向いていない生産方法ですが、この生産方法こそが質の高いマヌカハニーやハチミツを生産することができるのです。中々、本物を選ぶのは難しいと思いますが、生産者の顔がはっきりわかる物を選んで、気軽に質問ができるようなメーカー直販等の業者が良いのではないでしょうか?

追記:マヌカハニーは普通のはちみつと比べて独特の味がする物が多いですが、マヌカハニーの中でも北島のマヌカ木インカナム種の花から採取したマヌカハニーは濃厚で美味しく食べやすいです。味にこだわる方でしたら、ニュージーランドのどこで採取されどのマヌカ木の種類かまで調べて選ぶのが良いでしょう。

★海外養蜂歴40年以上の日本人養蜂家の天然完熟マヌカ生はちみつはこちらから★

マヌカ684x200

☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝

気軽にお問い合わせもできますので質問がある方は遠慮なくご連絡いただければご対応いたします。

マヌカハニーの数値

women_ol_2

マヌカハニーの数値は選び方の中で一番重要な点でもあります。マヌカハニーには、MGOやUMF等の規格が付いている商品が殆どです。(数値が書いていないのは問題外と言っても良いでしょう)MGO、UMFについて詳しくはこちら 。これら規格の横に付いている数値が(MGO500)等の数値が高いほど殺気効果が高いのですが、UMF規格はマヌカハニーの特有の成分が見つかった時に作られた検査方法で、検査方法も古く誤差(±25から±40%)がある為、MGO規格の方が正確と言われております。その為、MGOでの検査をするマヌカハニーも多いです。またマヌカハニーによって数値が違うのは、マヌカの木の生息地や育つ環境、マヌカの木の種類によって数値が変わってきますし、木によっては全く数値が出ないマヌカハニーも存在しているようです。特に北島と南島では全然違います。北島で生産されたマヌカが数値が高いです。マヌカハニーで数値が書かれていないマヌカハニーには、メチルグリオキサールの数値がかなり低いか、無い物か、若しくは生産者側が、検査のお金を掛けたくなく検査に出していないケースもあります、その辺を踏まえて数値が書いていない物を購入するときは考えた方が良いでしょう。数値が書いてある商品でも偽物も多いので、しっかりしたメーカー、検査証明書(特有成分メチルグリオキサール(MGO)含有量測定試験分析書)が付いている商品を買うのをお勧めします。マヌカハニーは数値が高いほど効果が高いので、数値が低い物より高い数値をお勧めいたします。数値が低すぎると効果を感じることは厳しく量を多く摂らないといけないです。

例えばMGO1100の500g1本の効果を得るにはMGO500程度でしたら500g2本摂らないといけなくなります。お薬ではないので摂取量の制限はありませんが、カロリーが気になるところです、砂糖よりカロリーは低いですが(100g辺りのカロリーは砂糖が384カロリーに対してハチミツは294カロリー)ダイエットには向いているはちみつですが、量を摂ってしまえば逆にカロリーオーバーにもなってしまいますので注意したいところです。

*現在ニュージーランドでは、マヌカハニーの偽物等が多く出ていることから法律でマヌカハニーに対しての管理や基準について決められてきています。

マヌカハニーの規格

はち

今現在、主に使われているマヌカハニーの規格になります。

  • MGO
  • UMF
  • TA
  • NPA
  • MGS

マヌカハニーのMGOとUMF、NPA、TAの違い??

MGO1100

MGO

マヌカハニーを選ぶ際によく見かけるMGOはUMFが出た後の2008年ドイツのドレスデン大学のトーマス・ヘンレ教授の研究チームが発見しました。MGOとはメチルグリオキサールという成分の事を示しております。商品には、MGOの横に数値が書いてあるのですが、その数値はマヌカハニー1kgに対して何mgメチルグリオキサールが含まれているかを示しています。例えば上記写真の場合でしたら、”MGO1100”と書いてありますが、1kgあたり1100mgものメチルグリオキサールが含まれていることになります。

数値が高くなると、殺菌効果が高くなるのですが、価格も高くなってしまうのですが、数値が低い商品を何回か摂取するより、強い殺菌効果をの物を少ない回数を摂取して治した方がコストパフォーマンスは良いのが現実のようです。日本国内において”MGO”は株式会社TCNが商標登録しているのでマヌカハニーに表示できるのは日本国内で”MGO”を表記できるのは株式会社TCNのみです。

マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)と効果、効能について

UMF

ワイカト大学のピーター・モラン博士が発見したUMFはマヌカハニーを選ぶ際の基準の1つで、Unique Manuka Factorの略。日本語に訳すと、「マヌカ独自の要素」と曖昧な意味なのですが、曖昧な意味なのは、マヌカハニーが発見された当初、強い殺菌力はあるのはわかっていたのですが、それがどの成分なのか突き止めれれていなかったのでその成分をUMFと名付けたようです。マヌカハニーに含まれている殺菌成分を消毒液のフェノール溶液と比較して数値化したもので、UMF20+であればマヌカハニーの殺菌効果は濃度20%のフェノール溶液に匹敵するという意味なのですが、こちらの測定方法は誤差が±25から±40%ほどあるのが欠点です。より正確な数値が出てきたのは上記にあるMGOです。

*フェノール剤とは、一般的的に殺菌剤の事をさします。

マヌカハニーのMGOとUMFについて

マヌカハニー食べ方、使い方

Manuka honey

食べ方

基本的にハチミツと食べ方は変わりませんが、栄養価が高い事や、様々な効果がある為、スーパーフードとしても人気が出てきているマヌカハニーです。そんなマヌカハニーを一番効果的に食べるには空腹時に1回あたり5ml~15mlのマヌカハニーを1日3~4回、直接食べることです。胃の中に入ってもマヌカハニー特有のMGO(メチルグリオキサール)が胃酸の影響を受けることなく、胃の中や腸の中まで届き、胃の中ではピロリ菌の除菌や腸の中では悪玉菌の除菌をして善玉菌の餌となり腸内環境を整えてくれます。

食べるときに注意したいのがマヌカハニーをすくう際には、金属製のスプーンを使用しなでください、なぜなら金属製のスプーンはMGO(メチルグリオキサール)の活性力が弱まる可能性があるので、木製のスプーンや木製のハニースティック、陶器や竹等のスプーンを使用するのが良いでしょう。無ければプラスチックのスプーンでも大丈夫です。

また汚れたスプーンや濡れたスプーンもお勧めはいたしません。特に濡れたスプーンですくってハチミツ(特に生ハチミツ)の中に水が混ざりこんでしまうと、はちみつの酵母と混ざって発酵をし始める可能性があります。この発酵が進んでしまうとミード(ハチミツ酒)が出来上がってしまいますので注意してください。

冬や寒い時期に結晶ができてしまったら湯煎(45℃位がお勧め)をすれば結晶は溶けますが、60℃以上の高温の場合は酵素などハチミツの有用成分が失活しますがマヌカハニー特有成分メチルグリオキサール(MGO)は200℃でも変性しませんし、生ハチミツ自体は長期保存も可能です。特に純粋天然完熟生蜂蜜は賞味期限が無いと言っても大丈夫です。

使い方

使い方としては、就寝直前に上歯茎に塗って寝れば虫歯予防になります。不思議なことに活性強度が強い為、再度歯磨きは不要で翌朝、口内がさわやかに目覚めることもできるそうです。口内炎にも効果的です。他には、創傷、切り傷、火傷にも使うことができます。傷口の汚れを洗い流してから、マヌカハニーの特有の成分メチルグリオキサール(MGO)の効果を使って殺菌するため傷の治りを早くする効果があります。使い方としては傷口にマヌカハニーを塗り、バンドエイドやガーゼでラップすれば良いだけです。尚、1日1回は交換するようにしてください。要は湿潤療法の方式で殺菌もしてくれるわけです。ニキビにも効果的です。ニキビには直接マヌカハニーを塗ってアクネ菌を殺菌してくれます。またニキビ対策にはマヌカハニーと併用してマヌカオイルもお勧めです。他にも、はちみつパックと同様にマヌカハニーでパックも作れます。マヌカハニーでパックをすれば肌の保湿力があがります。乾燥して保湿力が下がる冬などにお勧めです。

★注意★

※1歳未満の乳幼児には蜂蜜を食べさせないでください。
一般的には蜂蜜は、ボツリヌス菌の芽胞が稀に混入している危険があり、 1987年から厚生労働省では1歳未満の乳児にハチミツを食べさせないようにと指導しています。
ボツリヌス菌の芽胞は土壌や空気中などに広く分布しており、酸性に保たれている大人の消化器官の中では発芽しませんが、 消化器官の発育や抵抗力が弱い新生児では発芽し、乳児ボツリヌス症を発症させることがあります。

引用

マヌカハニーの海外ニュース

マヌカハニーの海外ニュース

まとめ

マヌカハニーの効果を体験するにはブレンドが一切ない活性強度が強い物を摂取すると効果的です。特に生ハチミツのマヌカハニーですと、ハチミツの酵素も生きているのでお勧めです。マヌカハニーを売っている業者は沢山ありますが、生産者の顔が見れて気軽に質問が出来る業者がお勧めです。逆に生産者の顔が見ることや調べることができない商品は怪しいと思ったほうがよいかもしれません。

ハチミツの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)