マヌカハニーのMGOとUMF、NPA、TA、MGSの違い??

この記事の所要時間: 434

ロゴ

マヌカハニーにはMGOUMFTAMGSなどのマークを見かけると思います。これらは抗菌力を表しています。MGOUMFTAMGS、それぞれの意味と違いや信憑性を紹介していきます。ヌカハニーMGO(メチルグリオキサール)に関しては⇒マヌカハニーのMGO(メ

チルグリオキサール)と効果、効能について

マヌカハニーの賢い選び方と食べ方、使い方

マヌカハニーのMGOとUMFについて

MGOとは?

P1020179

2008年、ドレスデン工科大学の食物科学研究所所長、トーマス・ヘンレ教授は、天然に生成するメチルグリオキザール(MGO)マヌカハニーの抗菌性物質を担う主要な成分である事を発見。研究チームが全世界から80以上のハチミツを試験したところ、食物メチルグリオキザールの濃度は7mg/kgを超えませんでしたが、一部のニュージーランド産マヌカハニー中のMG0濃度が、通常のハチミツより70倍以上も高い30mgから700mg/kgほどまであることが明らかになりました。研究によって、純粋なマヌカハニーは自然に生成するMGOを非常に高い濃度で含有していることが分かったのです。MGOマークは1kgのマヌカハニーに何mgの食品メチルグリオキサールが含まれているかを示す規格で。例えば、MGO100+のマヌカハニーには100mg/1kgの食品メチルグリオキサールを含んでいることで。MGO検査方法はUMFよりも正確性が高く、食品メチルグリオキサールをキノキサリンに変換し分析をする検査方法が採用され、より誤差の少ない食品メチルグリオキサールの含有量を測定することができます。MGOはマヌカハニーメーカーであるニュージーランドのManuka Health社の登録商標ですが、日本国内においては株式会社TCNの商標登録となっております。

マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)と効果、効能について

UMFとは?

マヌカハニー

UMFマヌカハニーの抗菌活性力を示すために生まれた最初のマークで、1998年にマヌカハニー研究の第一人者であるピーター・モラン博士によってUMF規格が誕生したことが発表されました。当時はマヌカハニーだけに含まれ、他のはちみつには含まれていない特別な抗菌成分が何であるかが分からなかったため、その成分を「マヌカハニー独自の要素」を意味するユニーク・マヌカ・ファクター(Unique Manuka Factor)と呼び、その頭文字を取ってUMFと名付けられました。UMFに記載されている数値は、マヌカハニー特有の抗菌活性成分が同じ濃度の消毒薬のフェノールと同じ抗菌作用があることを示しており。例えばUMF20+は20%の濃度のフェノールと同じ殺菌力があることを意味し、数値が高ければ高いほど抗菌力が高くなります。

NPAとは?

images (1)

NPAはNon-Peroxide Activityの略称で、食品メチルグリオキサールを意味する非過酸化水素のことです。こちらもNPA値が高いほど密度が濃いといえます。NPA規格はUMF規格と同一の検査を行うため、UMFマークと同等の効果があります。

TAとは?

マヌカハニー

トータルアクティビティー検査(TA)というはちみつの検査方法で、これはマヌカハニーだけでなく、その他のはちみつでもこのTA表記の商品もあります。このTAは過酸化水素と食品メチルグリオキサールを合わせた殺菌力の検査を行います。UMFと同じく比較等級法の検査を行い、黄色ブドウ球菌への殺菌力が同濃度の消毒薬のフェノールと同じ効果があるかを調べます。仮にあるマヌカハニーに含まれる抗菌力がMGO10+、過酸化水素(以下HP)を10+とすると、UMF規格はMGOのみを示すため10+と表記されますが、TAではMGO+HPの抗菌力を示すため20+と表記されます。                             マヌカハニー以外の食品メチルグリオキサールを含まないはちみつには良い検査方法ですが、マヌカハニー特有の抗菌活性力を期待して購入する消費者には非常に紛らわしいマークで、20+と表示しても実際食品メチルグリオキサールはわずかにしか含まれていないということもありますので、注意が必要です

★海外養蜂歴40年以上の日本人養蜂家の天然完熟マヌカ生はちみつはこちらから

マヌカ684x200

MGSとは?

MGS(Molan Gold Standard)は2010年に作られた比較的新しい基準です。この規格はは元々はUMFの規格を作ったピーター・モラン博士が新たに立ち上げた規格になります。MGSの規格を立ち上げたのは、UMF自体の測定方法に誤差が大きくある事と、ピーター・モラン博士が目指す運営方針とは違う方向へ進み始めた為、新たに新基準を立ち上げたわけです。MGS10なら10%フェノール溶液と同等の数値になります。

まとめ

現在のマヌカハニーにはいくつものマークがありますが、どのマークも検査を受けているマヌカーハニーであることは違いがありませんが、現在ポピューラーなのは、MGOとUMFではないでしょうか?共に数値が高いのが効果も高いのですが値段もします。数値が高いものに関しては効果を体験できるという話もたくさん聞いております。

マヌカハニーの賢い選び方と食べ方、使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)