株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

霜焼けにも効果があるマヌカハニー

カテゴリー:

マヌカハニー

霜焼けというと、子供に多いと思われるかもしれませんが、実は寒い冬には大人でも意外と多いのが霜焼けです。冷え性や血流が悪い人、水仕事が多い人は特になりやすく、毎年この症状に苦しまれている方もいます。

そこで今回は、このような冬場に増える霜焼けの対策として、マヌカハニーを始めとする自然療法をご紹介します。

霜焼け対策の自然療法

霜焼けとは?

霜焼けは、凍瘡(とうそう)とも呼ばれ、寒さのために血行が悪くなることで生じる炎症です。主に手や足にできますが、頬や鼻、耳たぶにできることもあります。赤い発疹や腫れが生じ、かゆみや痛みを伴う肌トラブルです。むず痒い、痛い、熱いなどの感覚があり、患部が硬く膨れ上がる場合もあります。子供ころ、寒い季節になるとよくなったという方も多いかもしれません。霜焼けは冬の季節病と言われています。最近では、暖房器具が普及するようになったので、比較的少なくなりましたが、意外と大人でもわずらわれている方が多いです。

霜焼けの原因

霜焼けになる原因は、体質や遺伝がほとんどです。本来の要因は一日の気温差と皮膚表面の温度が関係していると言われています。気温が5℃程度で、昼夜の気温差が大きいと霜焼けになりやすくなります。また、濡れたまま放置すると、気化熱の影響でもなりやすくなります。子供のころ、冬場になると、”手を洗ったらしっかりと拭きなさい”と言われたのは、霜焼けの原因になるからだったのです。そのため、手足を洗ったらなるべくすぐに水分を拭き取り、濡れた靴下や手袋は早めに交換するのが良いでしょう。また、女性は血行不良も原因となりますので、冷え性で手足が冷たくなりやすい方や、もともと指が細い方も霜焼けになりやすいです。ヒールの高い靴を履いていると、足の指先が圧迫されて血行不良になるのも原因となります。

霜焼けは、痛み痒みなどの辛い症状があり、乾燥するとアカギレができたり、放置して水泡になることもあります。そのため、できるだけ早く対処することが大切です。

 

マヌカオイル

 

マヌカハニーを始めとする霜焼けに良い自然療法

これまでマヌカハニーには抗炎症作用があるので、傷跡の治療や火傷、ニキビに効果があることはお話してきました。実は、これが霜焼けにも効果があるのです。

これまで霜焼けの治療には、血管拡張薬が使用されてきました。そして、霜焼けが乾燥した状態のアカギレには、保湿効果がある成分が有効とされてきました。これらの治療薬としては、dl-カンフル、メントール、ベンジルアルコール、ユーカリ油などをが配合された治療薬(クリーム)などが使用されてきました。

そこで、自然療法としておススメなのがマヌカハニーです。世界のいろいろなナチュラルキュアーを紹介しているEARTHCLINICでも紹介されています。(参照:https://www.earthclinic.com/cures/chilblains.html)

霜焼けの症状を軽減し、完治されるのに有効なのは、マヌカハニーです。それ以外には、アロエベラ、プロポリスなども有効性があります。そして、かゆみには黒コショウオイル、痛みにはココナッツオイル、ラベンダー、ティー・ツリーオイルが有効です。

まとめ

マヌカハニーは、抗菌作用で霜焼けの炎症を和らげ、肌の痛みや痒みを防ぎます。お肌の保湿効果も高いので、霜焼けで乾燥したお肌をなめらかに整えます。まだまだ霜焼けのつらい季節が続きますので、ヌカハニーでしっかり対策していきましょう!

(文:宮本燈)

 

 

 

 


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。