オリゴ糖の種類とその効果

この記事の所要時間: 413

47e64d1ee9e69458fa2ebff18fe92292-1

オリゴ糖と言っても、オリゴ糖(少糖類)には様々な種類があります。そんなオリゴ糖の種類と効果を纏めてみました。

糖質の種類とその特徴

オリゴ糖

オリゴ糖とは、世界共通の定義は無いのですが、一般的に単糖が数個結合したものをオリゴ糖(少糖類と呼ぶこともあります)と言います。糖が2個つながったものは二糖類、糖が3個つながったものを3糖類、4個つながったものを4糖類とあります。これら糖類をにオリゴ糖と呼んでいます。因みにオリゴの意味はギリシャ語のオリゴスの由来で、少ないを意味しています。単糖類は、糖類としてはこれ以上分けられない糖で、ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)、ガラクトース等があります。

オリゴ糖の働きや効果

人間の健康維持に欠かせない一つに腸内細菌があります。腸には300種類以上、100兆個ともいわれる細菌が住んでいますが、このれら腸内細菌は有益菌、病原性大腸菌等の有害菌、さらに中間菌に分けられます。オリゴ糖はこれら腸内の善玉菌のエサとなり、その増殖を促進します。腸は栄養を吸収する大切な部分です。腸内で悪玉菌が増殖してしまうと、体内に便などの老廃物が溜まり、便秘を招きます。便秘は肌荒れや食欲不振などを招いてしまうため、腸内の環境を整えることは、人間にとって非常に大切なことです。他にも、オリゴ糖は、虫歯の原因になりにくい糖質として注目されています。ミュータンスは、糖質を栄養分として酸を出しますが、オリゴ糖は、虫歯の原因菌ミュータンスが、栄養分としてほとんど利用することができない成分です。

  • 便秘を改善する効果

オリゴ糖は胃や小腸で消化・吸収されにくい栄養素のため、食物繊維と同様に腸内の不要物質を吸着し、体外に排出する効果があります。

  • 美肌効果

腸内の環境が悪くなると、老廃物が溜まり、悪玉菌が増殖し毒素を出し、これらが肌荒れの原因となります。オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサとなり、悪玉菌の増殖を抑える効果があるため肌荒れを防ぐ効果があります。

  • 動脈硬化を予防

オリゴ糖によって腸内の善玉菌が増えると、血中の善玉(HDL)コレステロールが増えるため、善玉コレステロールが増えることで、悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪を低下させるため、動脈硬化の予防にも効果があります。

オリゴ糖の種類

オリゴ糖の代表的な一部をあげてみました。

  • フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖は、ゴボウ、タマネギ、バナナ、ニンニクなどの野菜に含まれている糖で、虫歯にも成りにくく、くせがなく控えめな甘さで、味は砂糖に近く癖がありません。善玉菌を増殖させて腸内環境を整え、便秘の改善など、美容にも最適です。他にもミネラルの吸収促進、カルシウムの吸収も促進し骨密度の低下を抑制するなどの効能があります。

  • キシロオリゴ糖

キシロオリゴ糖は、天然にはタケノコやトウモロコシやキノコの一種に存在しており、食物繊維を特別な酵素で分解して作られた、低カロリーで虫歯の原因なりにくく、他にはビフィズス菌の増殖作用も高いようです。整腸作用が強く、便通の改善にも効果的なオリゴ糖です。

  • 大豆オリゴ糖

大豆オリゴ糖は、名前の通り大豆に含まれているオリゴ糖です。砂糖のように甘く、カロリーは砂糖の約70%です。ビフィズス菌の増殖作用が強く、整腸作用があり、整腸作用により便通を改善したり、免疫力を向上させる効果があります。

  • ガラクトオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖は、母乳に含まれているオリゴ糖で、さわやかな甘みを特徴とし、健康食品などではラクトースを原料に生産されています。腸内のビフィズス菌の増殖を促進させ他、たんぱく質の消化吸収を助ける効果があります。

  • イソマルトオリゴ糖

イソマルトオリゴ糖は、蜂蜜、醤油、味噌、酒などにやや含まれており、こくのある甘みがあり、熱や酸に対して極めて強い性質であり、虫歯になりにくいといった特徴があります。

  • 乳果オリゴ糖

乳果オリゴ糖は、ラクトスクロースとも呼ばれ、天然のサトウキビのしょ糖と牛乳の乳糖を原料に、酵素反応させて作られます。砂糖に近い甘みで、甘みも強いです。虫歯の原因にもなりません。難消化性で高いビフィズス菌増殖機能を持っています。他にも便通の改善、骨密度の改善などにも効果的です。

  • ラフィノース

ラフィノースは、キャベツ、アスパラガスなどに含まれている天然オリゴ糖です。全く吸湿性がないといった特徴があります。腸内菌叢改善・整腸作用があり、免疫力の向上やアレルギー症状の緩和、アトピー皮膚炎改善、肝機能改善など効果があります。

まとめ

腸内のバランスを整えると言った役割を果たしている、オリゴ糖です。ハチミツにもオリゴ糖が含まれています。特に熱の加えられていない非加熱の生ハチミツがお勧めです。

糖質の種類とその特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加