便秘に効くマグネシウム豊富な食べ物

この記事の所要時間: 333

マグネシム豊富な食べ物

皆さんは便秘にはマグネシウムが効果的であることをご存知でしたか?先日アップしたセンナ

茎も便秘にとても効きますが重症向けですので、今回は軽めの便秘によく使われるマグネシウ

の使い方とそれを多く含む食べ物についてご紹介いたします。

マグネシウムとは?

マグネシウムとは体内で300種類以上もの酵素の働きを助けるミネラルであり、ホルモンの分

泌や神経の伝達などの反応に深く関係しています。近年では特に便秘に効く成分として知られ

ており、便秘薬だけでなくサプリメントや健康食品にも使われるようになっています。

 マグネシウムがどうして便秘に効くのか?

マグネシウムには水分の吸収を高める効果があります。便秘の主な原因は体内の水分不足であ

り、さらにはその原因自体が便秘を悪化させることになります。どういうことかというと、水

分が足りていないと便が硬くなって排出されづらくなり、腸内にそのまま残っておくと水分が

奪われてさらに硬くなるという連鎖が起きるというわけです。

マグネシウムを摂ると体内で水分が吸収されやすくなり、便がやわらかくなります。また食物

繊維と一緒に摂れば、便の質が改善されてぜん動運動にも効果があります。

 便秘

マグネシウムを含む食品(100g当たりの含有量)

マグネシウム豊富な食品をご紹介いたします。

ひじき:615mg

昆布:522mg

ココア:430mg

 さくらえび:320mg

いわし:109mg

あさり:98mg

 マグネシウムが一日に必要な量は、成人男子で340mg、女子で270mgです。ひじきや昆布など

を使ったマグネシウム豊富な食事であれば簡単にクリアーできます。しかし、マグネシウムを

欠かさないよう注意してください。マグネシウムはカルシウムと同じく骨に貯えられています

が、体内で足りなくなったときに取り出される働きがカルシウムより弱く、体内に蓄積できる

量も少ないため日頃から継続的に摂取していないとすぐに足りなくなってしまいます。

食事

アルコールを摂り過ぎたりストレスを溜めすぎたりすると、体内におけるマグネシウムの消費

量が増加します。また加齢によって吸収効率も落ちます。

体内でマグネシウムが足りない状態になると便秘になりやすいだけではなく体力の減少や集

中力の低迷、さらにはうつになってイライラしやすくなるなど精神にも影響を与えます。健康

に必須であるミネラルの一種ですので、日頃から欠かさないように気を付けましょう。手軽に

摂りたい方はサプリメントからでも摂取できます。 

マグネシウムを摂取する上での注意

 ただしサプリメントをただ飲んでおけばいいいというわけではありません。マグネシウムを

率的に摂取するには、他の栄養素とのバランスを考えなくてはいけないからです。マグネシウ

ム以外の栄養素を多くとり過ぎてしまうと、マグネシウムが体外に排出されやすくなります。

特にカルシウムリンは摂り過ぎてしまうと吸収量の減少を招きます。

また過剰摂取にも注意しなくてはなりません。通常の食事からマグネシウムを摂り過ぎてしま

うことはあまりありませんが、サプリメントからマグネシウムを過剰に摂取していると「高マ

グネシウム血症」という症状を起こしてしまいます。 

特に排出に関わる腎臓に持病を抱えている方には要注意です。通常マグネシウムを過剰に摂取

してしまっても余分な量は尿や汗として体外に排出されます。しかし、腎臓の機能が弱ってい

るとマグネシウムの排出がうまくいかず、下痢や吐き気、重症化すると筋肉の麻痺などの症状

が現れます。サプリメントからマグネシウムを摂取しようとする場合は、サプリメントに含ま

れる含有量をチェックして一日に必要な量だけ取るようにしてください。もし他のサプリメン

トや医薬品を使っている場合はそれらにマグネシウムが含まれていることもありますので、ラ

ベルを見て確認してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加