株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

レシチンが持つダイエット効果

カテゴリー:

卵や大豆といった身近な食品に多く含まれているレシチンには、健康的な身体を作るダイエット効果もあることをご存知でしたか?さらにサプリメントに頼らずとも加工食品からでも簡単に摂取できますので、今回はその方法についてお話いたします。

全ての細胞に含まれるレシチン

レシチンは人体の全ての細胞に存在するリン脂質であり、代謝の仕組みに大きく関わる成分です。乳化作用という本来相反する親水性と親油性を併せ持っています。この希少な性質は体内で大きく役立っており、細胞に栄養を送り届けたり代謝を促進させるなど重要な働きをしています。

どうダイエットに役立つのか?

レシチンの脂質代謝

レシチンは乳化作用という独自の働きによって、人体の代謝作用に大きく貢献しています。細胞膜に存在するレシチンは、水溶性と脂溶性のそれぞれの性質を持つ栄養素を混ぜ合わせてエネルギーを生成する役割を果たしており、脂質を燃焼する意味でダイエットに効果があります。

また細胞内に存在する老廃物を排出する作用もあります。一見ダイエットには無関係のように見えますが、無駄な老廃物が溜まった状態だと健全な代謝の流れが妨げられて、痩せにくい不健康な身体になってしまいます。

レシチンは脂質を燃やして、かつ細胞の老廃物を出すことでダイエット的役割を果たしているのです。 

コレステロール値を下げる

またレシチンは血管内に存在するコレステロールを除去する効果もあります。血液中のレシチンは乳化作用を活かして、脂質であるコレステロールを水に近い血液に溶かして血液の流れをスムーズにします。コレステロールが血管に付着した状態だと、代謝効率が落ちるだけでなく、血管の柔軟性を失わせて動脈硬化を起こすリスクやそこから脳卒中や心不全などを起こす可能性すらあります。

さらに悪玉コレステロールの量を減らす働きもあります。コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、善玉コレステロールには体内に溜まったに古いコレステロールを除去する身体に良い働きがあります。しかし、悪玉コレステロールは逆にコレステロールを身体中に運びます。適量なコレステロールであれば問題ないのですが、過剰な量になると、コレステロールが血管に付着していき健康に害を及ぼします。これを未然に防ぐ役割をレシチンは果たしているのです。

レシチンを摂るには?

レシチンは卵黄大豆といったオーガニックな食材に多く含まれています。大体卵には350mg、大豆には200mgほど含まれており、成人の一日の目安摂取量が1000mgですのでこれらを食べていけば容易に必要量が摂取できます。もっともどちらもそこそこカロリーがありますので、ダイエットで取りたいならば菜種やヘルシーな鶏もも肉といった食品をお勧めします。

またレシチンはこのような自然食品を食べなくても加工食品から摂ることも容易です。水溶性の物質と脂溶性の物質を混ぜ合わせる乳化作用は、食品を作るうえでも役立ちますのでスーパーの加工食品では2~3割のものは使われているイメージです。気になる方は一度商品のラベルを見て確認してください。「レシチン」とそのまま書かれているものもありますが、「乳化剤(大豆由来)」と表記されているものもレシチンです。

ダイエットに役立つ栄養素―レシチン―

ダイエットと言うと食事制限や激しい運動などをイメージされる方が多いですが、ダイエットの原義は「健康的な生活習慣を作ること」であり規則正しい生活を送って健全な身体を作ることを指します。そのためには、レシチンは非常に役立つ栄養素です。身体から無駄なコレステロールを取り除いて代謝を健康に促進する効果は、まさに『ダイエット』に最適なものだと言えるでしょう。

関連記事:『卵に含まれるレシチンの含有量について』

 

 

 


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

MENU