鉄分の効果・効能

この記事の所要時間: 319

鉄分

私たちの健康維持のために欠かせない鉄分補給。血液と関連が深いため、鉄分と言えば貧血予防というイメージが強いと思いますが、それ以外にも鉄分には多くの効果・効能(働き)があるのです!

○そもそも鉄分ってどんな成分なの?

「鉄」と聞くと思い浮かべるのが金属の鉄を思い浮かべるかもしれませんが、体内にも鉄は存在しており、鉄はミネラルを構成する成分の1つで、必須ミネラルとされています。体内には3~4gほど存在しています。そのうち70%ぐらいが血液中の赤血球の材料となるヘモグロビンに含まれており、残りの約30%は肝臓、骨髄、筋肉などに「貯蔵鉄」として保管されるのです。鉄分が不足したときはこの「貯蔵鉄」から血液に放出され使われます。微量ですが、酵素の構成物質でもあります。これら酵素は、カタラーゼ、チトクローム、ベルオキシダーゼで、エネルギー代謝や肝臓での解毒作用をしています。
そして鉄には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」という2つの種類があるのです。
ヘム鉄は、肉類(特にレバー)や魚介類に含まれている鉄のことで、食品からの吸収率が高いという特徴があります。反対に、非ヘム鉄は野菜や海藻類、大豆類に含まれており、吸収率はそれほど高くありません。元々、鉄分自体、吸収率が悪いため、動物性タンパク質やビタミンCと一緒に摂取すると吸収率がアップするので、肉や魚、果物と組み合わせて食べると良いでしょう。もちろん、効率良く鉄分を摂取するならヘム鉄の入った食品やサプリメントがおススメです!因みに鉄製の調理器具(南部鉄器を思い浮かべますが)これらで調理すると鉄分がにじみ出て料理などから摂取できます。

鉄分

○こんなにあった!鉄の効果・効能

それでは、ぜひ知っておきたい5つの鉄分の効果について、以下にまとめてみました。

  • 造血作用
    鉄によってヘモグロビンの濃度が適切に保たれるため、特に鉄分の不足が原因で起こる「鉄欠乏性貧血」の予防に効果的です。
  • 活性酸素の除去
    呼吸によって体内に吸収された酸素は、その一部が「活性酸素」という成分に変化します。この活性酸素にはウイルスや細菌を取り除く働きがあるのですが、逆に増え過ぎてしまうと健康な細胞まで酸化させてしまい老化現象を引き起こすとされています。鉄を含んだ酵素には、この余分な活性酸素を分解してくれる作用があるのです。
  • 免疫機能の維持
    白血球の1種である「好中球」には体内に入り込んだ細菌を退治してくれる働きがあります。しかしもし鉄が不足してしまうと、この好中球の殺菌能力が低下してしまうことがあるのです。しっかりと鉄分を摂取して免疫機能を高めましょう。
  • 疲労回復
    鉄はヘモグロビンの一部として全身に酸素を届ける大切な役割を担っています。もし酸素が不足すると代謝が上手く行われなくなり、免疫力の低下や疲れやすいといった悪影響が及ぶことがあります。
  • 美肌効果
    美肌のキープに重要なのがコラーゲン。このコラーゲンの生成には、たんぱく質やビタミンC、そして鉄分が必要なのです。

鉄分の不足

鉄分の不足は残念なことに世界的に多くみられます。不足の原因も多く、子供は成長期に不足、妊婦は、赤ちゃんがお腹にいる為、鉄分が更に必要となり不足、また生理の時にも女性は不足します。さらに潰瘍や胃癌など出血を伴う病気にかかるとこれも鉄分不足の原因になります。鉄分が欠乏したときの身近な症状としては貧血です。貧血は血液中に含まれるヘモグロビン量が減少して血液が酸素を十分に運ぶことができなく、酸素不足になることで、頭痛、めまい等の症状がみられます。貧血になった時点ですでに貯蔵鉄は不足しています。

まとめ

このように、鉄分にはさまざまな効能があることがお分かりになったと思います。鉄分不足による症状を予防するためには、鉄の多く含まれている食品とサプリメントなどの栄養補助食品を組み合わせつつ、上手に鉄分を摂っていくことが大切です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加