蜂蜜(ハチミツ)の乳児・赤ちゃんへと妊婦中の方への影響

この記事の所要時間: 331

sweet_21068457

蜂蜜ハチミツ)やマヌカハニー乳児赤ちゃん(1歳未満の子)には食べさせてはいけないと言われておりますが、なぜ食べさせてはいけないのでしょうか?もし食べてしまったらどの様な影響があるのか、また妊婦の方が食べても大丈夫なのかをまとめてみました。

ハチミツの栄養とその効果、効能!!

なぜ赤ちゃん(1歳未満)にハチミツを食べさせてはダメなのか?

ダウンロード

なぜ赤ちゃんにハチミツがダメなのかは、1987年に当時の厚生省が「乳幼児には蜂蜜を食べさせるべきではない」と発表したためで、そもそも何故この様な事が発表されたかと言うと、ハチミツには”ボツリヌス菌”が含まれている場合があり、”ボツリヌス菌”の作り出す”ボツリヌス毒素”は生物兵器としても研究されてきた猛毒なのです。ハチミツに含まれている程度の”ボツリヌス菌”は人間には平気なのですが、赤ちゃん(一歳未満)の子は免疫力が強くない為、”ボツリヌス菌”に感染してしまうことがあるのです。赤ちゃんが感染してしまった場合は”乳幼児ボツリヌス症と言われてます。

ボツリヌス菌とは

boturinu

ボツリヌス菌とは、土の中に芽胞(がほう)といって半結晶状態で存在しており。この状態では芽胞は発芽しません。芽胞のままで発芽をしないので「休眠型」といいます。耐久力が強いのが特徴で、耐久力の強さは、100度の熱湯で煮沸してもボツリヌス菌は消滅しません。毒素自体は100度の加熱を10分以上して、毒素は死滅しますが、芽胞は非常に耐久性が強いので、毒素が無くなっても死滅はしません。このことから除去の難しさがわかります。ボツリヌス菌は芽胞から発芽すると、増殖を始めます。発芽を始めると「休眠型」から「増殖型」に変わるので威力もこれまた強くなります。これが人間の体内で増殖が始まると食中毒と診断されます。ボツリヌス菌の作りだす毒素は、通常の病気の原因になるような最近とはレベルが違います。自然界の作りだす毒素の中ではトップクラスです。食中毒で死に至るのも、この毒素の強さが原因の1つなのです。

乳幼児ボツリヌ症とは

500x0_55505296-b294-4c78-911e-60010a0100b8.jpg

乳幼児ボツリヌス症とは、乳児の大腸で増殖した菌が産生する毒素によって起こる症状で、腸管内で産生された毒素による発症で潜伏期間が3~30日と長いのが特徴で、主な症状として、初期に便秘、活気がない、哺乳不良、泣き声が弱い、さらに筋緊張性低下、よだれが多い、首のすわりが悪くなった、眼球運動の麻痺、無呼吸などです。大半の患者は便秘状態が数日続き、全身の筋力が低下する脱力状態になり、ほ乳力が低下し泣き声が小さくなる。特に、顔面は無表情となり、頸部筋肉の弛緩により頭部を支えられなくなるので、このような症状が見られたらすぐに病院へ連れて行くようにしてください。

ハチミツの妊婦中胎児への影響

prevention04

赤ちゃん(1歳未満)への食中毒の危険性があるので胎児には大丈夫かと心配する方も多いと思いますが、妊娠中にハチミツを摂取してもハチミツの成分そのものが、有害物質として血液にのって胎盤から胎児に移行するわけじゃないのでボツリヌス菌が胎児に移行するということは無いので安心してください。また授乳中でも同じことでハチミツを摂取していたからと言って母乳を介して乳児にボツリヌス菌が移行するということはありませんので安心してください。

免疫力の低下している妊婦への影響としては、特に問題はありませんが、何らかの重大な病気で消化器官が著しく損傷しているなどの重篤な場合は気を付けてください。通常、大人の腸内ではボツリヌス菌は生きることができません。逆に妊娠中の方は栄養補給にハチミツが良いとも言われております。様々な栄養が含まれているて簡単に摂取できるので積極的に摂ってもいいと入れております。

まとめ

ハチミツは赤ちゃん(1歳未満)への摂取は絶対にしないでください。妊娠中や授乳時においてもお母さんが摂取する分には全く問題ありません。栄養補給の一つとして積極に摂取するのが望ましいと言われてますが、過度の摂取は控えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)