蜂蜜(ハチミツ)保存に適した容器

この記事の所要時間: 245

honey-picture-material_38-4422

蜂蜜ハチミツ)は長期保存できる食品です、しかし長期保存する際にはどんな容器保存をしておくとハチミツの品質が劣化することなく保存できるのかをまとめてみました。

ハチミツの保存方法と賞味期限

ハチミツの保存について

images

ハチミツは長期保存できる食品で、基本的には腐りませんが、長期保存できて腐らないハチミツの条件は加工されていない純はちみつなどです。味のほしょうについてはハチミツの種類によって熟成する物もありますが、風味や美味しいままで食べるには2-3年以内と言われていますが、賞味期限を超えても若干の風味や味が落ちる程度なので安全に食べることはできます。

長期ハチミツを置いておくと。白く固まっていることもありますが、ハチミツ自体に問題はなく、ただ結晶化(約13-14度以下になると)しているだけなので問題なく食べれますが固くて食べにくいので、お湯で湯煎すればまた元のハチミツに戻りますが、この時に注意点があります。お湯が熱すぎるとハチミツの成分に影響が出てしまい効果効能が落ちてしまいます、あるサイトには65度以上、あるサイトには45度以上と書かれていて混同すると思いますが、こういう場合は安全を考えて少45度で湯煎すればまず問題ありません、少し時間がかかりますがハチミツ本来の成分は分解されずにすみます。

適した容器は

nj_org

ハチミツの容器は一般的にはプラスチック容器で売られている商品が殆どです、プラスチック容器のメリットとしては、割れない、重くない無い、使いやすい形の物までありますが、大きなデメリットとして遮光性が低いので保存しておく場所に置いては光を浴びてしまいせっかくのハチミツの成分に影響を与えてしまうことと、プラスチック容器の種類によっては長期保存していると臭いが移ることもあるので注意してください。ここ最近では遮光性の容器も出ておりますが陶器製の容器と比べると落ちます。

ガラス製容器、ガラス製容器のハチミツは売られていますが、昔と比べて量が減り、プラスチック容器に変わっていきました(輸送コストの絡みで軽い容器に移り変わっていたようです。)ガラス製容器のメリットは、匂いがうつらないという事です。品質とは関係ありませんが、物によってはお洒落なデザインや詰め替え用のガラスのボトル等があります。デメリットとしては、重い、割れやすい、遮光性が無いのがあげられます。

陶器製容器、ハチミツの保存に一番適しているのは(ハチミツに限らずですが)陶器製の容器が適しています、なぜなら遮光性があるからです!陶器製のハチミツはコスト的にも売られているのはまず見かけませんが、ハニーポットとして詰め替え容器で売られています、ハニーポットなら、ポット状になっているのでスプーンなどを使わずにハチミツを取り出すことも出来て便利な容器です。長期保存やハチミツ成分をそのまま生かしながら保存するには陶器製の容器に移し替えると良いでしょう。

まとめ

ハチミツを長期で保存するには、プラスチック製容器からガラス製のハニーポットか若しくは陶器製のハニーポットで保存すると、成分や品質も維持でき、気軽にハチミツを利用できることだと思います。

ハチミツの保存方法と賞味期限

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)