ギムネマで血糖値を安定効果

この記事の所要時間: 246

ギムネマ

ダイエットに効果的として最近注目されている健康食品・サプリメントの「ギムネマ」ですが、実はその働きの中には「血糖値を安定にする効果」もあるのです。
糖の吸収を抑えることによる体重増加や肥満防止といったダイエット効果の影に隠れがちですが、実はこれもとても大切な効果なのです。
そこで今回はギムネマ血糖値安定にする効果についてご紹介したいと思います。

血糖値とは

血糖値とは血液中に含まれるブドウ糖の濃度をさします。ブドウ糖はエネルギーとして体内で利用されているため、血液中のブドウ糖は一定の濃度に保たれています。この濃度は、血液100cc中に何mgのブドウ糖が含まれているかで示します。この数値は、食前、食後とでは値が変わってきます。血糖値の調整にはインスリンが関わっておりインスリンが不足すると、血液中のブドウ糖が多くなり高血糖になり、逆にインスリンが過剰になると低血糖になります。

・どのように血糖値を安定にするのか?

私達が普段食事をすると、お菓子の糖分や、お米やパンや麺といった炭水化物(糖質)は小腸内で体内に吸収されて、血管の中に糖質が増えてきます。この血管の中に糖質が増えた状態が高血糖の状態です。
そこでギムネマを摂取すると、ギムネマの葉にあるギムネマ酸という成分が、小腸内で糖質を運ぶ成分に糖質より先に結合することで、糖質が体内に吸収されるのをブロックする働きがあるのです。
ギムネマ酸が糖質の吸収をブロックすることにより、結果的に血管中の糖質の増える量も限られ、急激な高血糖になりにくい、ということなんですね。

糖質

・なぜ高血糖は良くないのか?

通常であれば、血糖値が上がると膵臓という臓器からインスリンというホルモンが分泌されて、このインスリンが血液中の糖分を実際に臓器や筋肉のエネルギーとなるブドウ糖に変えて細胞に届けることで血糖値が自然に下がり、安定した値になります。
ただし、現代の糖質の多い食事によって、急激に上がった血糖値にインスリンの生成が追いつかなかったり、インスリンの力が低下してしまうことがあります。そして高血糖の状態が続いてしまうことで、糖尿病を発症してしまうことに繋がるのです。

このことから、糖質の吸収を抑え、結果的に血糖値が上がりすぎるのを防ぐギムネマは、糖尿病の予防にも良いとされているのです。
また、急激に上がった血糖値は下がるときにも急激に下がります。急激に血糖値が下がると、食べたばかりなのにすぐに空腹感を感じ、また何か食べてしまうことに繋がります。こういったことを防ぐためには血糖値を上昇をなるべく緩やかにする必要がありますが、これもギムネマの効果で急激な血糖値の上昇を防ぐことができます。

まとめ

日本人は他の世界の人種に比べて、血糖値を下げる役割のインスリンの分泌量が遺伝的に少ないという研究結果もあります、それに加えて現代では炭水化物や糖分の摂り過ぎによる高血糖で、糖尿病のリスクはどんどん上がっているといるといえるでしょう。
適度な運動や、バランスのとれた食事、疲れやストレスを溜めこまないといった生活習慣だけではなかなか難しい部分もあります。ギムネマのように健康食品・サプリメントで日頃から血糖値を安定させることも大事なことなのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加