DHA・EPAで血液サラサラ効果

この記事の所要時間: 312

DHA

DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの栄養素を積極的に摂ることで、血液サラサラになる効果が得られるといわれています。これは一体どのようにして、こんな効果が得られるのでしょうか?今回は、DHAやEPAの持つ血液に関する効果についてみていきたいと思います。

DHAとEPAとは?

DHAとは、Docosahexaenoic Acid(ドコサヘキサエン酸)の略です。体内ではEPA(エイコサペンタエン酸)から生成される不飽和脂肪酸です。主に脳や網膜などの神経系に豊富に含まれている栄養素という事から、DHAを摂取すると頭が良くなると言われている成分で一時話題になりました。

詳しくは→DHA(ドコサヘキサエン酸)効果・効能

EPAとは、Eicosapentaenoic acid(エイコサペンタエン酸)の略です。こちらは必須脂肪酸で体内では殆ど生成されない栄養素の為、食品やサプリメント等で摂取する必要があります。主に血液関係に対して効果があり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防等に良いと言われています。

詳しくは→EPA(エイコサペンタエン酸)の効果・効能

DHAには血液がドロドロになる原因を減らす効果が

血液がドロドロになってしまうのには、理由があります。主な原因となっているのは、血中にある中性脂肪や悪玉コレステロールといった脂肪です。中性脂肪の値やコレステロールの値が増えることによって、血液がドロドロになってしまうのです。DHA(ドコサヘキサエン酸)には、これらの原因物質となる中性脂肪やコレステロールの値を下げる働きがあるのです。DHAを摂取して血液をサラサラにした場合には、高血圧症などの改善にもつながりますので、このような症状のあるタイプの方は、意識してDHAを摂るようにするとよいでしょう。

EPAには血小板が固まるのを防ぐ働きがある

一方、EPA(エイコサペンタエン酸)には血小板を固まりにくくする働きがあります。小さな血栓もできにくくなるため、スムーズな血流へとつながり、血液がサラサラになるよう働きかけてくれるのです。血液中の赤血球自体を柔らかくしてくれる効果もあるため、血液がより流れやすくなるのです。

DHAとEPA両方の摂取が望ましい

血液をサラサラな状態に保つためには、DHAとEPAの両方をバランスよく摂取するのがベストです。血中のコレステロールや中性脂肪を抑えて、血小板が凝固するのを予防することによってさまざまな病気の予防にもつながります。血管もしなやかで健康的なものとなりますので、どちらの栄養素も大切になるのです。

DHAやEPAのような血液サラサラ効果が期待できる成分は、さまざまな生活習慣病の予防に役立ちます。しかし、どちらかといえば血液自体をサラサラにする効果はEPAの方が高いといえるでしょう。どちらの摂取も大切ですが、どちらか一方だけを摂取するという状況なのであれば、血液サラサラ効果を求めてEPAを摂取するようにすると効果的ですね。

血液がドロドロの状態は、動脈硬化などの原因にもなります。血液をサラサラにすると、心筋梗塞や脳梗塞などの予防にもつながります。また、高かった血圧も正常になることから日常生活のだるさなども解消するのです。DHAやEPAなどは、人間の体内で自然に合成できるものではないため、食品などから摂取する必要があります。DHAやEPAを多く含んでいる食材を適度に摂り、血液をサラサラにしていくような食生活を送ることも大切ですね。

血液・サラサラ

まとめ

DHAとEPAには共に血液をサラサラにする効果があるので、これら両方を上手に摂取するのが効果的と言われています。普段、青魚とか食べる機会や魚嫌いな人はDHA・EPAのサプリメントがお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加