大豆レシチンの泡の作り方

この記事の所要時間: 312

大豆レシチン

レシチンとは人体すべての細胞に含まれる重要な成分であり、大豆レシチンをとることで動脈硬化など様々な症状が予防または改善できます。また大豆レシチンを状に加工すれば、手軽に見た目も華やかな料理ができますのでその作り方をご紹介いたします。

 

大豆の健康成分

 

大豆必須アミノ酸イソフラボンといった健康成分が豊富に含まれている食品です。その中でも大豆レシチン不飽和脂肪酸の働きにより、コレステロールを押さえて血行を改善する効果があります。大豆を食べることで狭心症や脳梗塞などの生活習慣病を防ぐことができるのです。

 フレンチレストランに行くと、サラダや肉料理に泡状のソースを添えたものが出てくることがあります。あれに大豆レシチンが使われており、料理の彩だけでなく健康のためにも添えられているのです。

 レシチン

レシチンとは?

レシチンという名前は、ギリシャ語で「卵黄」を意味する「レシトース」に由来します。元々レシチンはリン脂質の一種を指していましたが、現在ではリン脂質を含む食品の総称をレシチンと言います。

レシチンは人体にとってとても重要な成分であり、全身の細胞すべてに存在する細胞膜を構成しています。脳や神経、心臓などの主要な器官すべてに含まれており、正常な動きをするよう働きかけています。生理機能を担い、神経伝達物質のアセチルコリンの材料にもなっており、脂質の代謝とも関係が深いです。

そして、レシチンは大豆レシチンと卵黄レシチンに大別されます。両方とも効果に大きな相違点はありませんが、使用する目的によって分類されています。

大豆レシチンは血液中の老廃物を排除する特徴から、動脈硬化の予防や健康の改善に使われています。一方、卵黄レシチンは神経系に作用するホスファチジルコリンが豊富であることから、脳機能の改善に用いられることが多いです。

 

大豆レシチンの健康効果

 

大豆レシチンは血液中の老廃物を洗い流す作用があります。レシチンには水溶性物質と脂溶性物質を溶け合わせる性質があり、その働きによって血管の壁に付着した脂であるコレステロールを血液の水分に溶かして血行を良くします。こうして血行不良や高脂血症などを予防するのです。

またダイエット効果も期待できます。血液内の余分なコレステロールが除去されることにより、適量なコレステロールが細胞膜や神経組織の正常な働きをサポートするようになりますので、身体全体に良い影響を与えます。コレステロールが少ない場合は肝臓で合成されて、血液によって全身に運ばれ、逆に多いと肝臓に戻される仕組みになっています。このコレステロールが肝臓と血液を行き来する際にはリボタンパクというたんぱく質にくっついていますが、この接着の役割をしているのが大豆レシチンなのです。

  健康

泡の作り方

 では健康成分である大豆レシチンを手軽に摂取できるよう、よく使われている泡状のソースの作り方についてご説明いたします。

まず大豆レシチンと泡にしたいジュース状の液体を用意します。原料となる大豆レシチンはサプリメントとして売られていることが多いですが、料理に用いる場合はパウダー状のものを使いましょう。また粘り気の強い液体は泡にするには不向きなので、シャバシャバしたものを選ぶかあるいは水で薄めて使いましょう。

試しに鰹だしのめんつゆで作ってみました。

作り方も実に簡単で、めんつゆと大豆レシチンを501で混ぜ合わせ、あまり力を入れずに泡立てます。そして上澄みのフワフワした部分をすくえば完成です。

サラダに添えると、カツオの風味が際立つ和洋折衷の創作料理になりました。見た目にもオシャレで新感覚の一品です。他にもフルーツジュースやソースに合わせても面白くなりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加