クランベリーの栄養価と効果・効能

この記事の所要時間: 39

クランベリー

肌のむくみの改善や美肌効果に良いとされている、そんな女性に嬉しい成分がたくさん含まれている「クランベリー」をご存知ですか?
まだ知らなかった、という方はクランベリーの栄養価と効果・効能をご紹介していきますので、ぜひご自身の健康に役立ててほしいと思います。

・クランベリーの基礎知識

どんな効果があるのか、気になるところですがせっかくなのでまずはクランベリーの基礎知識を知っておきましょう。
クランベリーはツツジ科ツルコケモモ属の植物で北アメリカ、ヨーロッパ、日本など広い範囲に自生しており、特に寒冷地でよくみられます。
特に原産地として有名な北アメリカではブルーベリー、コンコードグレープと並び、北米三大フルーツと呼ばれています。
果実は直径1センチほどで比較的小さく、熟すと赤くなりますが、酸味が強く強いためにそのまま食べるのには向かず、ジュースやジャムやお菓子の材料になることが多いようです。日本ではよくクランベリージュースとして見かけることも多いかと思います。

・クランベリーの栄養価

クランベリーには様々な栄養価が含まれています。

主な栄養価                                     ビタミンB1ビタミンCビタミンEカリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、タンニン、アミノ酸、キナ酸、アントシアニンβカロテン食物繊維など、栄養価の宝庫といっても良いほど豊富に含まれています。

・クランベリーの効果・効能

では本題、クランベリーにはどんな効果・効能があるのでしょうか。
むくみを解消する効果」として、クランベリーに含まれているプロアントシアニジンというポリフェノールが、高い抗酸化作用と抗炎症作用により腎臓への細菌による感染や酸化を防ぐ働きがあり、腎臓機能向上により利尿作用が良くなり、体内の老廃物や余分な水分を排出させ、むくみの解消に繋がります。
また、プロアントシアニジンの高い抗酸化力と同じくクランベリーに含まれる「キナ酸」の尿のpHを健康な状態に保つ働きにより、女性に多いぼうこう炎などの尿路感染症の予防にも効果があります。
さらにプロアントシアニジンの抗酸化力は人の口内にも有効に働いてくれます。口内の歯周病菌や歯垢に作用して増加を防ぐため、歯周病の予防にも効果があると言われています。

そしてクランベリーには「美肌効果」もあります。
抗酸化作用のあるプロアントシアニジンといったポリフェノールや豊富なビタミンCが、肌荒れやシミやたるみといった肌の老化の原因と言われている増えすぎた活性酸素を除去する働きがあるので、肌を作っている細胞を元気にし、さらにβカロテンの働きによりニキビや吹き出物が出にくい肌にする効果があり、美肌効果に繋がります。               「口内細菌抑制」これもプロアントシアニジンの働きによって歯周病の原因となる菌を口の中に残らないようにしてくれます。                           「ピロリ菌除去」さらに胃がんや、胃潰瘍の原因とされているピロリ菌にも有効的と言われています。
この他にも、コレステロール値を改善する働きにより生活習慣病の予防になったり、豊富な食物繊維により便秘解消効果などもあります。

まとめ

クランベリーには特に女性に嬉しい効果がたくさんあることが分かっていただけたでしょうか。特にクランベリーに含まれているアントシアニンの働きが素晴らしいですね。
近頃はクランベリーエキスを含有したサプリメントも多くの種類が出てきています。
規則正しい生活を心がけつつも、難しい場合はクランベリーサプリメントなどを活用することで体の中も外もキレイにしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加