株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

コラーゲンを効率的にとるサプリとその効果

カテゴリー:

コラーゲンサプリメント

身体に健康的な効果をもたらすコラーゲン。ですが、実はコラーゲンを含む食事を摂るだけではなかなか取り入れることが難しいのです。そこで食事と併せてサプリをとることで効率的にコラーゲンを摂取する方法をご紹介いたします。 

 コラーゲンの効果

コラーゲンとは皮膚や骨、軟骨などに多く含まれるタンパク質の一つであり、体内に存在するタンパク質の約30%がコラーゲンだと言われています。コラーゲンは水分を保持する性質を持ち、これによって肌のツヤとハリを保つ働きがあります。美容と健康にとってコラーゲンは必要不可欠な要素なのです。

 美肌

なぜサプリが有効なのか?

通常コラーゲンは分子が大きいため、体内への吸収効率が低くなっています。しかし、サプリに含まれるコラーゲンはその分子を最小単位にまで細かくしているため、少量でも効果をあげることができます。

またコラーゲンは毎日継続して摂取しなくてはなかなか効果が見受けられません。継続してコラーゲンを摂らなければ、皮膚を構成する組織にまでコラーゲンが浸透しないからです。食事から必要なコラーゲンを摂取しようとすると、フカヒレや牛すじなどのコラーゲン豊富な食べ物を毎日食べなくてはなりませんが、サプリならばお手軽に摂ることができます。粒状のサプリであれば一日6粒、ドリンクならば50mlを一本、粉状のものは3gで十分な量を摂取することができ、無理なく続けることができます。

またコラーゲンをより効率的に吸収するには、ビタミンCと一緒に摂ることが有効です。コラーゲンの合成にはビタミンCが必要不可欠であり、体内で生成することはできないため食事やサプリからビタミンCを摂取することが効果的です。優れた保水力を持つヒアルロン酸やエラスチンを併せて摂れば、さらに肌の潤いやハリを高めてくれる効果があります。

 どんなサプリを選べばいいのか?

まずは吸収効率の高いサプリを選びましょう。サプリに使われているコラーゲンは低分子のものが多く、体内に効率よく吸収されるようにできています。コラーゲンには様々な種類があり、分子の大きな順からゼラチン、コラーゲンペプチド、低分子コラーゲン、トリペプチドコラ-ゲン、ジペプチドコラーゲンとなっています。低分子のものであるほど消化器官からの吸収が早く、体内に長時間とどまって効果を発揮いたします。商品のラベルからどんなコラーゲンが使われているのかチェックしましょう。また豚などの動物性由来のコラーゲンよりも魚由来のコラーゲンの方が吸収効率に優れているとされていますので、なるべく魚由来のコラーゲンが使われているサプリを使うことをお勧めいたします。

また安全性に配慮して、素材の生産地や製造工程を確認しましょう。「どこで捕れた」「どんな動物や魚の」「どんな部位を使用したか」という生産履歴が明記されているかを見るのがポイントです。メーカーで素材の収集から加工までがしっかり製造管理されているものを選びましょう。養殖の魚由来コラーゲンは添加物や抗生物質の混入や残留塩素などに注意する必要があります。そして検証実験のデータがあれば理想的です。科学的な根拠に基づいて検証や実験を行っているデータがあれば、より確実に健康の保持に役立つサプリと言えます。厚生労働省が認めている特定保健用食品であれば信用度が非常に高いです。

  

サプリをどう使うべきか?

 基本的には自分の飲みやすい時間帯に摂ることが長く続けるコツですが、できれば夜寝る前に摂ることをお勧めします。その時間帯に摂ることで、肌の代謝の高まる夜の10時~2時ごろに身体がコラーゲンを吸収して、肌の弾力とハリを保持してくれるからです。

また忘れてはいけないのは、サプリはあくまで栄養補助食品であり、栄養などは日ごろの食事から摂取するのが基本です。食事と併せてサプリを使い、健康的な肌を保ちましょう。


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

MENU