ダイエットにコーヒーが効果あり

この記事の所要時間: 338

コーヒー

好きなものを摂りながら痩せられたら最高ですよね?そんな横着な願いをかなえてくれそうな

ダイエット方法があるようです。なんと!コーヒーに含まれる成分にはダイエット効果がある

といわれているのです。コーヒー好きには嬉しすぎる夢のようなダイエット方法をさっそく見ていきましょう!

ダイエットに効果のある成分

コーヒーでのダイエットに関与する成分は、ずばり!カフェインとクロロゲン酸!

カフェインは、聞けば、誰もがコーヒーを思い浮かべるくらいにメジャーな成分ですよね。

カフェインの代表的な効果といえば、やはり眠気覚ましの覚醒効果ですが、他にも鎮痛効果、強心効果、利尿効果そして肝心のダイエットに繋がる脂肪燃焼効果などがあります。

でもっていまひとつピンとこないのが、このクロロゲン酸というもの……。

何って?感じですよね?クロロゲン酸とは実は、ポリフェノールの一種でフェノール酸系に分

類される色素成分になります。コーヒーポリフェノールといわれることもあるようです。

ポリフェノールで何となくお分かりになる方もいらっしゃると思います。効果としては、やは

りポリフェノール系なので抗酸化作用です。他にも食後血糖上昇抑制、発がん物質生成抑制、

グルコース吸収抑制作用、インスリン分泌作用抗菌性、抗ウイルス活性、抗肥満作用、脂肪代

謝調節作用、口臭抑制作用、抗疲労作用などがあります。

コーヒーのダイエットの仕組み

コーヒーには、食事で体に入ってくる脂肪と体にたまってしまった脂肪の両方を燃焼させる効

果があるそうです。その為に、食後のコーヒーが良いそうです。また、カフェインには、脂肪

を燃焼させる働きがあります。運動することにより、脂肪の燃焼を更に促進する働きがあるよ

うです。それを裏付ける実験結果も出ているとのことです。つまりは、運動と併用をすればダ

イエット効果が高まるというわけですね!その場合は、運動する30分ほど前にコーヒーを飲む

と良いそうです。

クロロゲン酸は、脂肪を分解する酵素の膵リパーゼに働きかけて脂肪が消化・吸収されるのを

抑えます。さらに皮下脂肪や内臓脂肪を蓄積させないようにする働きと、脂肪と糖質の吸収を

抑える働きがありダイエットへの効果が期待できます。

また、脂肪を燃焼させやすくする働きもあり、脂肪の燃焼は、肝臓や筋肉の細胞内にあるミト

コンドリアという燃焼器官が担当しています。このミトコンドリアにある酵素の働きにより脂

肪が燃焼してエネルギーに変換されます。クロロゲン酸は、ミトコンドリアに働きかけて脂肪

の取り込みを促進させます。そのため更に多くの脂質が燃焼されエネルギーに変換され体脂肪コーヒー

が減っていくのです。クロロゲン酸のこの働きは、食事によっ

て体内に入ってくる脂肪と、すでに体内にたまっている脂肪と

の両方の脂質を燃焼させやすくするため、高いダイエット効果

が期待できるのです。

効果的な飲み方のポイント

◉コーヒーは食後に飲む。

◉運動をするなら30分ぐらい前に飲む。

◉ブラックならば0kcalです。砂糖やミルクにはカロリーがあります。ブラックがお勧め!

◉クロロゲン酸は熱に弱いそうです。コーヒー豆は、深煎りのものではなく浅煎りのものを選んだ方がより多くのダイエット効果が得られるそうです。

◉インスタントコーヒーは、カフェインとクロロゲン酸の含有量が少ないそうです。出来ればドリップの方が良いそうです。

◉80℃ほどのお湯でホットコーヒーがお勧めです。熱湯は、クロロゲン酸の効果がなくなってしまうそうです。また、ホットコーヒーの方が内臓が温って体を内側から温めることができるため、代謝が上がるようです。

まとめ

コーヒーでのダイエットの方法はわかりました。でもブラックとか、夏でもホットで飲むと

か、それは、私には少し無理かもです……。運動との併用も間違いなく三日坊主決定ですね!

運動はパスですが…… 取りあえず食後のブラックは、頑張ってみますかね!

~関連リンク~

コーヒーの成分と効果

コーヒーカフェインの効果

コーヒー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加