コーヒーカフェインの効果

この記事の所要時間: 59

コーヒー

カフェインと聞くと大半の方は、コーヒーを連想するのではないでしょうか?今回は、そんな

ポピュラーな成分のコーヒーに含まれているカフェインの効果を調べていきたいと思います。

カフェインとは?

1819年にドイツのフリードリープ・フェルディナント・ルンゲによってコーヒーから世界で初

めてのカフェインが取り出されました。この化合物はコーヒーに含まれていることから、カフ

ェインと命名されたらしいです。カフェインは、アルカロイドと呼ばれる化合物の1つです。

アルカロイドとは窒素を含む天然由来の有機化合物の総称で、主に植物から採取することがで

きます。

カフェインは、風邪薬や鎮痛薬などの成分の一部としての医薬品利用や、各種コーヒー飲料、

緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココアなどの飲料やチョコレート類などの加工食品にも含有されて

います。また、人工的にカフェインを添加した食品も存在します。有名なコーラをはじめ栄養

ドリンクなどの飲料、眠気覚ましのガムなどにも添加されているものがあります。

コーヒー

どんな効果があるの?

カフェインの効果としては、やはり眠気覚ましが一般的ですよね!何故?カフェインには、眠

気覚ましの効果があるのでしょうか?

脳の中で働く睡眠物質のひとつにアデノシンというものがあります。アデノシンには、睡眠の

誘発、ノルアドレナリンの分泌を抑制、血管の平滑筋を緩めることで血管を広げる、心拍数を

減らす、腎臓への血流を少なくするという作用があります。カフェインには、このアデノシン

の作用をブロックする働きにより、次のような効果があるのです。

睡眠の誘発を阻止することで眠気が取れます。ノルアドレナリンという痛みを感じにくくする

働きのある物質の分泌を増やすことにより、痛みを和らげる鎮痛効果があります。心拍数を減

らすアデノシンをブロックすることで心臓の収縮力を高めて強心作用の効果をもたらします。

そして、腎臓への血流を増やすことにより利尿効果を促進させます。

これだけでも十分すぎる効果ですけど、カフェインには、まだまだ沢山の効果があるようなの

で以下にまとめてみました。

効果まとめ

覚醒作用……眠気や疲労を取り除く。考える力や集中力を高める。集中力アップの効果。

中枢神経に作用……呼吸機能や運動機能を高める。

交感神経刺激……基礎代謝促進

胃酸分泌促進作用……胃液の分泌を多くして消化促進作用

利尿作用……摂取後3~5時間は腎臓を刺激し尿の排泄を促す、むくみの予防

血管収縮作用……偏頭痛、二日酔いの頭痛、鎮痛効果

強心作用……心臓収縮率、機能を良くする。持久力向上

血圧上昇作用……低血圧を改善

血管拡張作用 ……末梢の血管を広げて、血流を良くするため冷え性を予防する

アルツハイマー病の予防……病気を引き起こすアミロイドベータの異常な蓄積を防ぐ

パーキンソン病の予防……アデノシンを分解する

筋肉の疲労回復……血流を良くする作用、疲労の原因となる乳酸を溜まりづらくする

脂肪燃焼の効果……リパーゼという酵素の活性を促進、脂肪燃焼、カフェインを50mg摂取で

摂取から30分程度で身体のエネルギー消費量が増える、運動前に摂取すると効果的、3~4時間

ほど継続する、カフェインダイエット

副作用は?

カフェインを短時間の間に大量に取り過ぎると、急性カフェイン中毒となり最悪の場合は、死

に至ることもあります。アメリカでカフェインが多く含まれているエナジードリンクを大量に

飲んだ14歳の女の子が死亡した事件が実際にありました。急性カフェイン中毒は、不眠症、頻

尿、頭痛、腹痛、嘔吐、ショック症状など、さまざまな症状が現れます。短時間で大量のカフ

ェインを摂取するのはとても危険なことなので絶対にしないで下さいね。

◉カフェインを多く含む飲料には、利尿作用があるために水分補給には向きません。カフェインの摂りすぎによる水分不足や脱水症状の予防には、水分補給が必要です。

◉カフェインには、頭痛を止める働きがありますが、常用すると逆に頭痛が起こりやすくなるそうです。これは、カフェインの脳血管収縮作用により頭痛が一時的に軽減されるためであり、時間の経過とともにこの作用が消えてしまうと反動血管拡張で頭痛が起きる可能性があるようです。

◉カフェインを常用していると怖いのが、軽い精神的依存が起きてしまうことです。カフェインの作用も、常用していると効果が減少していきます。これは、カフェインに対する薬物耐性(※)ができてしまうからだそうです。これがカフェイン中毒になる原因の一つと考えられます。を飲まないと、効かなくなってしまいます。(※薬物耐性…薬剤に対して抵抗力を持ち、これらの薬剤が効かない、あるいは効きにくくなること)

副作用のまとめ

循環器系の症状……過呼吸、心拍数の増加、不整脈、動悸、血流増大

消化器系症状……胸痛、胃痛、嘔吐、吐き気、便秘

精神症状……精神錯乱、幻覚、幻聴、妄想、睡眠障害、うつ病、パニック障害・自殺行為

神経系の症状……感覚過敏・神経過敏

=その他の身体症状=

歩行困難、足がつる、振戦(ふるえ)、筋肉痛、慢性疲労、瞳孔拡大、骨粗しょう症

貧血、頭痛(カフェインが切れるとその中毒症状で偏頭痛が起きる)、頻尿(利尿効果があるため)

薬との飲み合わせによる副作用(詳細はこちらへ)

コーヒー

まとめ

カフェインには、おどろくほど沢山の効果があったのですね!しかし、副作用の多さも気にな

るところです。でも正しい知識を持った上で上手にお付き合いしていけば、とても楽しいパー

トナーとなれるのも事実ですよね?摂りすぎだけには気をつけてこれからもカフェインのお世

話になりたいと思います。

~関連リンク~

コーヒーの成分と効果

ダイエットにコーヒーが効果あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加