キトサンの効果・効能

この記事の所要時間: 255

キトサン

ダイエットに良い、便秘にも効果的、免疫機能も良くなる、と本当にそんなに様々な効果があるの?とにわかに信じがたい気持ちにもなってしまうほどのキトサン
今回は、様々な効果があることで知られているキトサンのそれぞれの効果・効能をもうちょっとだけ詳しくみていきたいと思います。

・キトサンって、なに?

まずキトサンとは何なのか?簡単に言えば動物性の食物繊維です。食物繊維と聞くと野菜のイメージが強いですが、キトサンは、主にエビやカニなどの甲殻類の甲羅や殻に多く含まれ、他には昆虫やキノコにも少ないながらも含まれていることが分かっています。
そうしたカニの甲羅やエビの殻からカルシウムたんぱく質を取り除いた状態のものが、「キチン」となり、さらに化学処理をして精製したものが「キトサン」なのです。
つまり「キトサン」の状態では自然界では存在しない、完全な人工物ということになります。キトサンは水に溶けず酸に溶ける性質ですがキチンのままですと、水にも酸にも溶けない性質です。

・なぜダイエットに良いのか?

キトサンの効果で最も知られているのがおそらく「ダイエットに良い」ということではないでしょうか。これはどういうことかというと、キトサンは食物繊維なのでほとんど吸収されずに体外に排出されます。
しかし体の中を通る際に様々な働きをするのです。
まずは、コレステロールの原料となる胆汁酸を吸着する働きがあるので、足りなくなった胆汁酸を新しく作るために体はコレステロールを使うことになるので、結果的にコレステロール値が下がる、という効果があります。
また、腸内にいる善玉菌を活性化させる働きもあるので、腸の動きが良くなり、便秘の改善にもなることが分かっています。
こうした効果から、現代人が気になるコレステロールの摂り過ぎや便秘の改善で結果的にダイエットに繋がる、ということなんですね。ダイエットに繋がるとはいえ、キトサンを飲んでいれば痩せるというわけでなく、ダイエットのサポートをしてくれる思ってください。

ダイエット

・免疫機能を高まる

キトサンは人体の免疫細胞のひとつ、マクロファージを活性化させる働きもあります。免疫機能が高まることで、風邪や病気になりにくい体になり、またがん細胞の発生や増殖を抑えることにも繋がります。

・他にも様々な効果がある。

その他にも、キトサンは摂り過ぎた塩分や、体に有害な重金属や食品添加物といったものも吸着して一緒に体外に出ていってくれる働きがあり、いわゆるデトックス効果もあり、体内からキレイにすることで様々な体の不調の改善や原因を取り除く効果も期待されています。

注意点として

キトサンは脂溶性ビタミン類であるビタミンE・ビタミンA・ビタミンD・ビタミンKの吸収の邪魔をしてしまうので普段より多めに脂溶性ビタミンも摂取することをお勧めします。また多くのキトサンのサプリメントは、エビやカニなどの甲殻類を原料にしているので、甲殻類アレルギーの人は原料に注意してください

まとめ

みていけばいくほど、人体にとって嬉しい効果ばかりのキトサン、ただし摂れば摂るほど良いというものではなく、食物繊維なので摂りすぎると逆に便秘や下痢といった症状が出る場合があります。サプリメントから摂取する際は決められた用量をしっかり守ってください。
またキトサンと他の薬と併用する場合や、体質的に合わない場合はいったん摂取を止めて、医師に相談するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加