株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

子供にも増えるワキガは早めの対策が重要です

カテゴリー:

シャンピニオン

最近では、子供でもワキガに悩んでいる方が増えています。ワキガというとホルモン分泌が活発になる思春期から増えると思われるかもしれませんが、実は子供時代からワキガになってしまうこともあるのです。これまでに体臭対策(シャンピニオン等)についてはいくつかご紹介しましたが、今回は、子供のワキガの原因や対策方法についてご紹介します。

 子供でもワキガが増えている

ワキガの原因は、脇の下のアポクリン腺です。アポクリン汗腺は、ワキガの臭いのもととなるアポクリン汗を発生させる汗腺です。この汗腺は、生まれつきの体質で数が決まっているので、子供でもこの汗腺が発達しているとワキガ体質になります。ワキガ体質をチェックするには、次のような項目があります。

  • 耳垢の湿り具合や粘着度 耳垢がやや湿り気がある場合は軽度のワキガ体質で、もし粘着質でドロドロしていると雨耳とも言われる強度のワキガ体質です
  • 衣類や下着についた腋汗の黄ばみ 下着やシャツに黄色いシミができている
  • 汗の量 汗の量が極端に多い
  • 両親あるいはどちらか一方にワキガがある

ただ、ワキガ体質だからといって、全ての人がワキガになるというわけでもありません。もし生まれつきワキガ体質だったとしても、早めに対策しておけば、大人になってからワキガが酷くなりにくくなります。

子供がワキガになってしまう原因

子供は代謝が激しく、汗をよくものなので、普段から汗が多いこと自体はそれほど心配ありません。子供の汗は、大抵は臭いのないエクリン腺からの汗です。これは先ほどお話したアポクリン腺の汗ではなく、一般汗と呼ばれる良い汗です。99%は水分なので、臭いはなく、むしろ体温を一定に保つのに必要な汗です。心配なのはワキガを発生するアポクリン汗腺からの汗です。子供がワキガになる原因はいくつかありますが、ほとんどの理由は遺伝です。もし、あなたか配偶者の方がワキガ体質なら、お子様もワキガになる確率はかなり高いです。でもワキガ体質が遺伝したからといって必ずしもワキガが表れるとも限りません。もともとワキガ体質であっても、対策次第で抑えることは十分可能です。大切なのは早めの対策です。

子供のワキガの対策方法

そこで、もし子供のワキガに気がついたら、次のような対策方法があります。

一つ目は、食事対策です。ワキガの原因は食べ物の影響があります。脂肪の多い食事や糖分の多い食べ物はアポクリン腺からの汗を増やします。これらの食品には、タンパク質や脂質が多量に含まれていて、体内で分解しきれなかった成分は汗に混じって排出されます。そのためバランスの良い食事が大切です。そして臭いの原因となる食品としては、脂肪や糖分が多いもの以外にも、スパイス類や香辛料が多い食べ物も体臭を強くします。これらはなるべく控えましょう。

シャンピニオン

二つ目は、運動です。最近は、子供の室内遊びが増えて、外で遊んだり、体を動かす機会が減りました。そのため子供にも運動不足が増えています。体力低下、肥満や健康への影響もみられます。最近ではゲームなどで遊ぶ子供が増え、その習慣が慢性化すると、大人になってからの肥満体質を招いたり、新陳代謝が悪く脂肪が燃えにくい体質になってしまします。これがワキガを酷くすることに繋がります。

三つ目は、寝具や衣類をよくとりかえ清潔に保つことです。子供は24時間汗をかくものです。汗をかいたらなるべく早めにとりかえましょう。菌の増殖は、汗の臭いだけではなく、皮膚の病気などに繋がることもあります。いつも衣類や寝具を清潔に保つことが大切です。

四つ目は、最近では大人と同じようにデオドラント商品や消臭サプリメントが増えています。これらの商品の中には、子供でも使えるものがたくさんあります。商品によっては刺激が強い成分が含まれているものや、臭いがきつすぎるものがあるので、商品選びには十分注意が必要です。デオドラント商品のスプレータイプのものは、持続時間が短く、効果が低いものが多いです。そして学校へ持ち運びもできないので、そのような方には消臭サプリメントがおススメです。これならお家で飲むだけで簡単にケアができます。

これまでにご紹介しました体臭ケアに有効な成分(シャンピニオン等)などもありますので、これらが含まれるサプリメントなどが良い対策方法となります。

シャンピニオンの体臭効果http://tcnkenko.com/champignon-6664.html

まとめ

このように最近では、子供のワキガが原因でいじめなどに発展するケースが増えています。対策の五つ目として、どうしてもワキガが酷く、これが精神的なストレスやいじめの原因となっている場合は、医院での診療をお勧めします。ワキガのクリニック治療には、さまざまな方法があり、薬や外科治療を行うこともできます。ほとんどの方は、ご自身がワキガがあっても、まさか子供がワキガだとは思っていないことが多いです。そのため、できるだけ早くお子様のワキガに気づいて、早い段階で対策してあげることが大切です。最近では、防臭(消臭)サプリメントなどで簡単に体臭ケアが行えますので、是非積極的にお子様のワキガケアを行いましょう。

(文:宮本燈)


この記事に関連するキーワード

TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20

TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。