アミノ酸の種類と効果⑧ 非必須アミノ酸(グルタミン)

この記事の所要時間: 225

150px-L-glutamine-skeletal

アミノ酸は約500種類近く存在します。その中で人間に必要な種類必須アミノ酸9種類と、非必須アミノ酸11種類に分けられ、非必須アミノ酸グルタミン効果効能をまとめてみまし

た。

必須アミノ酸(リジン・メチオニン・トリプトファン)

必須アミノ酸(バリン・ロイシン・イソロンイシ)

必須アミノ酸(フェニルアラニン・ヒスチジン・スレオニン)

非必須アミノ酸(アルギニン)

非必須アミノ酸(アラニン)

非必須アミノ酸(アスパラギン)

非必須アミノ酸(L‐システイン)

非必須アミノ酸(グルタミン酸)

非必須アミノ酸(グリシン)

非必須アミノ酸(セリン)

非必須アミノ酸(チロシン)

非必須アミノ酸(プロリン)

グルタミンとは

150px-L-glutamine-skeletal

グルタミンとは、トレーニングをしている方なら知っている人も多いと思います。グルタミンは非必須アミノ酸なので体内で合成できますが、人間の骨格筋に貯蔵される遊離アミノ酸の約6割を占めており身体で必要量が多いアミノ酸になりまして、代謝性ストレスなどで、体内での生合成量では不足する場合もあり、重要なアミノ酸とされ準必須アミノ酸としても扱われます。無酸素運土や長時間運動、トレーニングの後は、免疫力も下がっているためグルタミンを補給することが推奨されており、またグルタミンを摂取すると免疫細胞が増え、風邪をひきにくくなります。術後も体力が低下しているので、グルタミンの投与などがされています。他にも、認知症を予防し、潰瘍の回復を早めるといわれています。

主な効果として

jinbutu(48)

  • 免疫力向上…グルタミンを摂取すると免疫細胞が増え、ウイルスや細菌などの、異物から体を守ってくれる
  • 疲労回復…ハードなトレーニングや運動後の疲労回復に
  • 筋肉分解の防止…筋肉疲労や筋肉痛を軽減する物質の分泌を促進する効果。激しい運動などで肉体的なストレスがかかると、筋肉中のたんぱく質の分解が活発化し、筋肉中からグルタミンが放出されのでグルタミンを補給することで補えます。
  • 消化機能の補助…消化に影響するあらゆる症状の損傷を修復を修復効果
  • 手術後の回復補助…体の組織が傷ついた時の修復・回復期間を短縮する効果

グルタミンの摂取方法

056

グルタミンが多く含まれる主な食品は

  • 小麦粉
  • 海藻
  • 大豆
  • サトウキビ
  • チーズ
  • トマト

まとめ

グルタミンは、激しいスポーツや筋力トレーニングする方、免疫力などが落ちている方が積極的に摂取すると良いアミノ酸になりますので、冬場などは風邪の予防に摂取するのもいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)