アミノ酸の種類と効果⑦ 非必須アミノ酸(L‐システイン)編

この記事の所要時間: 221

150px-Cysteine

アミノ酸は約500種類近く存在します。その中で人間に必要な種類必須アミノ酸9種類と、非必須アミノ酸11種類に分けられ、非必須アミノ酸のL‐システイン効果効能をまとめてみました。

必須アミノ酸(リジン・メチオニン・トリプトファン)

必須アミノ酸(バリン・ロイシン・イソロンイシ)

必須アミノ酸(フェニルアラニン・ヒスチジン・スレオニン)

非必須アミノ酸(アルギニン)

非必須アミノ酸(アラニン)

非必須アミノ酸(アスパラギン)

非必須アミノ酸(グルタミン酸)

非必須アミノ酸(セリン)

L‐システインとは

150px-Cysteine

L‐システインは体内で合成できるアミノ酸になるので非必須アミノ酸に分類されます。成人では必須アミノ酸ではないが、乳幼児では不可欠な含硫アミノ酸になります。主に毛髪や体毛に多く含まれているアミノ酸で、体の内部から代謝を助けるアミノ酸の1つで、日常の食事からは多量に摂取する事が難しい為、欠乏状態になりやすいことから”準必須アミノ酸”とも言われています。

主な効果として

jinbutu(48)

  • 美白美肌効果

L-システインは女性には嬉しアミノ酸の1つと言えるでしょう、L-システインは、メラニンが作られる色素細胞であるメラノサイト中に共存しており、メラニンの生成を自ら抑制する役割を果たしています。 また、皮膚の代謝をスムーズにし、メラニンの排泄をうながし、表皮中のL-システインはビタミンCなどの還元物質とともに黒色メラニンを無色化します。(メラニンはシミやそばかすのもとになる物質です)

  • 二日酔い改善

お酒を飲む方には、二日酔いの改善に効果的です。二日酔いの主な原因は、アルコールが代謝されてできるアセトアルデヒドという毒性の高い物質で、体内に増加すると、吐き気や頭痛などの症状がでてきますが、L-システインは、アセトアルデヒドと直接反応して無毒化にしたり、アルコールを無害な物質に変える酵素のはたらきをたすけ、二日酔いにも効果的です。

  • 身体の倦怠感・疲労感を改善

L-システインは、肝臓において栄養素をエネルギー化するのに欠かせない酵素のはたらきを助け、体の代謝をスムーズにする効果があり、エネルギーを効率よく生産したらきかけることで、エネルギー不足による疲れ・だるさを改善する効果的です。

L-システインの摂取方法

1-1210579726rmaQ

  • 大豆
  • ニンニク
  • 玉ねぎ
  • ブロッコリー
  • 芽キャベツ
  • オーツ麦

まとめ

L-システインは食事から多量には摂取しにくいので、美白美肌や二日酔いの為に摂取をしたいのならサプリメントなどからの摂取をお勧めいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)