キシリトールの効果・効能

この記事の所要時間: 43

キシリトール

ガムやタブレットのキャッチコピーには必ずといっていいほど「キシリトール配合」と書いて

ありますね。ではキシリトールについて詳しくご存じでしょうか?

なんとなく「歯にいい」「虫歯にならない」というイメージはもっているけれど、本当のとこ

ろはどうもよく分からない方も多いのではないでしょうか。

ここではキシリトールの効果・効能や、正しい摂り方について説明します。

■キシリトールとは一体何?

キシリトールとは、一度は聞いたことやキシリトール入りのガムを食べたことはあるかと思い

ますが、そもそも一体何って方は多いと思います。そんなキシリトールは、糖アルコールの一

種で甘味炭水化物のことです。

同じ仲間にはソルビトール、マンニトール、マルチトールなどがあります。

多くの食品に使われているのでご存じの方も多いのではないでしょうか。

キシリトールは糖アルコールの中で最も甘く、砂糖と同じくらいの甘味があるにも関わらず、

カロリーは砂糖の75%程度と言われています。

キシリトールは野菜(レタス・ほうれん草)や果物(イチゴ・ラズベリー)の中に含まれてい

ます。たとえばイチゴ100g当りには300mg程度あります。

甘味料として使われているキシリトールは、白樺(シラカバ)などを加工して作られていま

す。野菜などに含まれていますが、人間の肝臓においても1日5~15g程度生成されています。

低カロリーの甘味料な為、ガムなどの他にも、血糖値の上昇を抑制することから、糖尿病の治

療にも使用されています。

■キシリトールの虫歯予防効果とは?

キシリトールは虫歯予防に効果あると言われていますが、具体的には以下の2つがあります。

・虫歯の発生・進行を防ぐ

正確には虫歯は、ミュータンス菌などのむし歯が「酸」を作りだし、それによって歯が溶け出

すことを意味しています。

ミュータンス菌は、ショ糖を分解して「酸」を作り出しますが、キシリトールを分解しても

「酸」を作り出すことができないのです。

にも関わらずミュータンス菌はキシリトールを取り込もうとするので、次第に力が弱って菌の

数自体が減っていくことになります。

キシリトールを1日3回で3カ月摂り続けると、ミュータンス菌の増殖が抑えられると同時に、

歯垢(プラーク)の量が減り、サラサラになって歯面からはがれやすくなることも明らかにな

っています。キシリトールの虫歯予防効果は1970年代にフィンランドで発見され比較的新しい

ですが、その効果からあっという間に普及しました。

虫歯

・唾液を増やす

キシリトールの爽やかな甘みに刺激され、唾液の分泌が促進されます。

特にガムで摂取した場合は、咀嚼によっても刺激を受けます。

その結果、唾液の自浄作用が多く働いて口の中をキレイにしてくれるので、虫歯を予防できる

と考えられています。

■どんな摂り方が正解?

どんなに「キシリトール配合」と唄われていても、配合率が50%以下だと本来の効果は期待で

きません。

スーパーやドラッグストアコンビニで発売されているガムやタブレットのキシリトールの配合

量は全体の30%~70%程度。

100%のものは歯科医院で販売されています。

パッケージの裏面をよくチェックして、50%以上のものを選びましょう。

また、キシリトール以外の成分も要チェックです。

キシリトールの効果を十二分に発揮させるには、シュガーレスまたは糖類0gの商品を選びま

しょう。

キシリトールを継続してとることで虫歯を予防したり、進行を防いだりす効果は期待できま

す。ですが過信は禁物、正しい歯磨きが最も効果的な虫歯予防なので、毎日のケアをしっかり

行い、定期的に検診をうけましょう。

その上でキシリトールの入ったガムやタブレットを摂るのが理想的な方法です。

キシリトールの摂取量目安

食品からはわずかな量しか摂ることができませんので気にすることはありませんが、医薬品と

して使用する場合も、成人で1日約50gまでの量なら問題はありません。子供の場合だと1日

20gまでなら良いとされています。キシリトールは利用されるようになったのは比較的新し成

分でもあるので妊娠中や母乳授乳期は胎児に対する安全性については情報不足なので過剰な摂

取はやめた方が良いと思われます。

まとめ

キシリトールは、虫歯の抑制効果はありますが、歯磨きをしてこその抑制効果なので、歯磨き

を基本にそのサポート代わりにキシリトール入りのガムなどを食べると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加